89. California Blue カリフォルニア・ブルー

California Blue カリフォルニア・ブルー : Roy Orbison ロイ・オービソン


California Blue
Alubm : Mystery Girl
Mystery Girl
  The Essential Roy Orbison
Essential Roy Orbison

Released: 1989
Written by: Jeff Lynne, Roy Orbison, Tom Petty
Produced by: Jeff Lynne

  ロイ・オービソンについて:
Roy Orbison
 フリー百科事典『ウィキペディア』  

 ロイ・オービソン というと1964年のヒット曲 "Oh, Pretty Woman"(オー・プリティ・ウーマン) が「プリティ・ウーマン」(1990年)という映画で使われたことで、現在では一番人気のある曲になってしまいました。 でも今回は最後のアルバムとなってしまった「Mystery Girl」(ミステリー・ガール)からの曲をお届けしたいと思います。

 今年の夏は天候が不順でいつまでも梅雨を引きずっている感じですが、この曲もカリフォルニアの青空が見られなくなってから久しいという嘆きの歌です。

 ロイ・オービソンは60年代に活躍した人で数多くのヒット曲がありますが、色々な不幸が重なってしばらくは不遇の時代が続きました。
 そして80年代も終りになってレコーディングしていたアルバムには、ジェフ・リン(ELOのリーダー)やトム・ペティらが参加していて、そこへジェフ・リンにプロデュースをしてもらったジョージ・ハリソンがあそびに来ます。 みんなで夕食を共にした後でジョージが「ボブの家へ行こう」―というので行ってみたら、そこは何とボブ・ディランの家で、結果的にその5人で「トラベリング・ウィルベリーズ」という即席のスーパー・バンドが結成されました。

 「トラベリング・ウィルベリーズ」のアルバムはロイ・オービソンのソロ・アルバムよりも先に発表されてヒットし(当たり前?)、ロイ・オービソンも久々に脚光を浴びました。 そしていよいよこれから―という時、1988年12月6日に心筋梗塞で亡くなってしまいます。 まだ52歳でした。

 この曲が収められているアルバム、「ミステリー・ガール
ミステリー・ガール
」 は死後に発売されて遺作となり、全米アルバム・チャートで久々の5位を記録しました。 ロイ・オービソンの歌声は独特でどこか寂しげですが、遺作ということでいっそう悲しそうに聴こえます。 この曲にはジェフ・リンとトム・ペティがギターとバック・ボーカルで参加している他に、マイク・キャンベル(トム・ペティ&ザ・ハートブレイカーズ)もアコースティック・ギターで参加しています。

● California Blue 『カリフォルニア・ブルー』を聴く:
(※自動的に再生が始まらない時は、上にある「PLAY」をクリックして下さい)

  ●歌詞と訳詩●

Working all day   丸一日 働いて
And the sun don't shine   それでも 太陽は輝かない
Trying to get by   何とか 切り抜けようと
And I'm just killin' time   ぼくはただ 時間をつぶしている
I feel the rain   雨を 感じながら
Fall the whole night through   それは一晩中 降り続いている
Far away from you   きみから 遠く離れて
California blue   カリフォルニア・ブルー

(Chorus)
California blue   カリフォルニア・ブルー
Dreaming all alone   独り離れて 夢を見る
Nothing else to do   他にすることもないし
California blue   カリフォルニア・ブルー
Everyday I pray   毎日 ぼくは祈る
I'll be on my way   ぼくは自分の道を 生きて行こう
Saving love for you   きみのためには 愛をセーブして(控えて)おこう
California blue   カリフォルニア・ブルー

One sunny day   『ある晴れた日に
I'll get back again   私はまた 戻ってくるでしょう
Somehow, someway   ともかく、何とかして ※
But I don't know when   でも いつになるかは判らないけど』 ※
California blue   カリフォルニア・ブルー
California blue   カリフォルニア・ブルー

Living my life   ぼくの生活を送る
With you on my mind   心にきみを 思い描きながら
Thinking of things   ものを考える
That I left far behind   ぼくが残してきた はるか遠くのことを
It's been so long   随分と 長いこと
Doing all I can do   ぼくにできることは 全てやってきた
To get back to you   きみの元へと 戻るために
California blue   カリフォルニア・ブルー

(Chorus)
California blue   カリフォルニア・ブルー
Dreaming all alone   独り離れて 夢を見る
Nothing else to do   他にすることもないし
California blue   カリフォルニア・ブルー
Everyday I pray   毎日 ぼくは祈る
I'll be on my way   ぼくは自分の道を 生きて行こう
Saving love for you   きみのためには 愛をセーブして(控えて)おこう
California blue   カリフォルニア・ブルー

One sunny day   『ある晴れた日に
I'll get back again   私はまた 戻ってくるでしょう
Somehow, someway   ともかく、何とかして
But I don't know when   でも いつになるかは判らないけど』
California blue   カリフォルニア・ブルー
California blue   カリフォルニア・ブルー

Still missing you   今でも きみが恋しい
California blue   カリフォルニア・ブルー

Still missing you   今も きみがいないと寂しい
California blue   カリフォルニア・ブルー

Still missing you   今でも きみが恋しいんだ
California blue   カリフォルニア・ブルー


※ Somehow, someway : someway (米語) = somehow とにもかくにも、どうにかして
※ この部分は、相手(カリフォルニア・ブルー)からの便りと考えて訳してみました。
記事編集

テーマ : 洋楽歌詞対訳
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Sumi Haruo

Author:Sumi Haruo
昨年まで老母の介護をしていました。 古い記事へのコメントも大歓迎です。
※記事へのリンクは自由ですが、対訳はあくまでも私個人の解釈なので、訳詞の転載はお断りいたします。
訳詞を掲載したい場合は、記事へのリンクを貼るという形にして下さい。

全記事タイトル表示リンク

全記事タイトルを表示

カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
FC2カウンター
フリーエリア


累計: 検索エンジン登録
本日: SEO対策
昨日: メール配信

アクセスアップ

Mail Form:メールフォーム

リンク
電子書籍
Amazonから電子書籍を出版しました
QRコード
QR
RSSリンクの表示