スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

85. Smoke Gets in Your Eyes 煙が目にしみる 

Smoke Gets in Your Eyes 煙が目にしみる : The Platters プラターズ


Smoke Gets in Your Eyes
Alubm : Best of the Platters
Best of the Platters
 
                 プラターズ・ベスト・セレクション
プラターズ・ベスト
(試聴可)
Released: 1958
Written by: Jerome Kern (作曲)、Otto Harbach (作詞) 1933

  プラターズについて:
The Platters
 フリー百科事典『ウィキペディア』  

 プラターズを知らない方でも1955年のヒット曲、"Only You"(オンリー・ユー) は聴いたことがあるでしょう。 同じ年に "The Great Pretender" が全米1位になっているし、'56年には"My Prayer"が1位、'58年には"Twilight Time"が1位と、多くのヒット曲があります。

 この曲は1933年のオペレッタ(伊:ミュージカル)「Roberta」のために書かれ、色々な人が歌っていますが、おそらく一番有名なのがプラターズの歌ったこのヴァージョンで、’58年の全米チャートで1位になっています。
 最初は1934年に Paul Whiteman(ポール・ホワイトマン)と彼のオーケストラに Bob Lawrence(ボブ・ローレンス)のヴォーカルで歌われたものがチャートのトップになっており、1946年にはナット・”キング”・コールがカヴァーしていますから、プラターズはそれらに比べると割と新しい(?)方でしょうか・・・

 「煙が目にしみる」という邦題も秀逸ですが、これはタバコの煙などではなく、愛の炎が燃え上がる時に恋する者の目を盲目にする煙であり、愛の炎が消えた時には恋する者の目に入って涙を流させる煙という訳です。
 歌詞の対訳は女性が歌うヴァージョンで一人称の "I" が「ぼく」や「俺」ではおかしいので、ちょっと固い表現になりますが「私」と訳しておきました。

● Smoke Gets in Your Eyes 『煙が目にしみる』を聴く:
(※自動的に再生が始まらない時は、上にある「PLAY」をクリックして下さい)

  ●歌詞と訳詩●

They asked me how I knew   みんなが私に、「どうして判るの?」ってたずねた
My true love was true   私の真実の愛が 本物かどうかと
(Oh) I of course replied   もちろん私は 答えて言った
Something here inside   「この胸の中にあるものを
Can not be denied   否定することなど できないから」と

They, said some day you'll find   みんなは、「いつか きみも気付くだろう」って言う
All who love are blind   「愛する者はすべて 盲目なのだ」―と
(Oh) When you heart's on fire   「きみの心が (愛で)燃え上がっている時、
You must realize   きみは 気付くべきなんだ
Smoke gets in your eyes   煙がきみの目に入って (見えなくなって)いる」―ということを

So I chaffed them,   それで私は 彼らをからかって
and I gaily laughed   そして 陽気に笑いとばしてみせた
To think they would doubt my love   彼らが私の恋人を 疑っていることを
(And) Yet today,   それにもかかわらず 今日、
my love has gone away   私の恋人は 消え去ってしまった
I am without my love   私には 恋人がいなくなってしまった

Now, laughing friends deride   今、笑っているのは あざ笑う友人たちの方
Tears I cannot hide   (こぼれる)涙を 私は隠せずにいる
(Oh) So I smile and say   それで私は(無理に)微笑んで こう言ってやった
When a lovely flame dies   「素晴らしい(愛の)炎が 消える時は
Smoke gets in your eyes   煙が きみの目にも入るよ」、って

Smoke gets in your eyes   「煙が(きっと) きみの目にしみるよ」って

記事編集

テーマ : 洋楽歌詞対訳
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

この曲は「オールウェイズ」という映画で知りました。
恋人が飛行機事故で亡くなる前に部屋で二人寄り添ってダンスをするシーンなのですが、
まるで一枚の絵のような美しい映像で、かつこの曲が甘く切なく盛り上げる・・・。

Something here inside 「 この胸の中にあるものを 」
素敵な訳ですね。
また感動してしまいました。

「煙が目にしみる」は50年代の古い曲なので、私もリアル・タイムで聴いた訳ではありません。
ブライアン・フェリーや山下達郎など色々な人がカヴァーしていますし、 「禁煙音頭」なんて曲でも部分的に使われていました。

日本語のタイトルは見当違いのものが多いのですが、この邦題は割と気に入っています。
もっとも大抵の人はタバコの煙だと思っているみたいですが・・・
プロフィール

Sumi Haruo

Author:Sumi Haruo
昨年まで老母の介護をしていました。 古い記事へのコメントも大歓迎です。
※記事へのリンクは自由ですが、対訳はあくまでも私個人の解釈なので、訳詞の転載はお断りいたします。
訳詞を掲載したい場合は、記事へのリンクを貼るという形にして下さい。

全記事タイトル表示リンク

全記事タイトルを表示

カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
FC2カウンター
フリーエリア


累計: 検索エンジン登録
本日: SEO対策
昨日: メール配信

アクセスアップ

Mail Form:メールフォーム

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
電子書籍
Amazonから電子書籍を出版しました
QRコード
QR
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。