83. Unchained Melody  アンチェインド・メロディ

Unchained Melody  アンチェインド・メロディ : The Righteous Brothers ライチャス・ブラザーズ


Unchained Melody
Alubm : Very Best Of The Righteous Brothers
Best Of The Righteous Brothers
  
                 ベスト・オブ・ライチャス・ブラザーズ
ベスト・オブ・ライチャス・ブラザーズ
(試聴可)
Released: 1965
Written by: Alex North, Hy Zaret (1955)
Produced by: Phil Spector (フィル・スペクター)
  ライチャス・ブラザーズについて:
Bill Medley (L) & Bobby Hatfield (R)
 フリー百科事典『ウィキペディア』  

 ライチャス・ブラザーズは Bill Medley (ビル・メドレー:大きい方・低音) と Bobby Hatfield (ボビー・ハットフィールド:小さい方・高音)のデュオですが、実際の兄弟ではありません。 白人が黒人のソウル・ミュージックを歌うということから、彼らのスタイルは"blue-eyed soul"(青い目のソウル)と名付けられました。

 1963年にレコード・デビューするもあまり売れず、フィル・スペクターの「フィルズ・レコード」に移籍して1964年にリリースしたYou've Lost That Lovin' Feelin'」(ふられた気持)がいきなり全米と全英でNo.1 ヒットとなります。 この曲は「トップガン」という映画で、トム・クルーズが女を口説く時に歌っていたのでご存知の方も多いでしょう。
 「ふられた気持」はビル・メドレーが最初のヴァースをずっと歌っているので、相棒のボビー・ハットフィールドは困惑してしまい、プロデューサーのフィル・スペクターに「このデカイのが歌っている間、俺は何をしていたらいいんだ?」―とたずねたところ、フィル・スペクターは「きみはその間に、自分で銀行まで行ってくることだってできるよ」―と答えたとか・・・

 この曲は翌1965年にリリースされ、今度はボビー・ハットフィールドのテノールで歌われていますが、最初は「Hung on You」というシングルのB面に収録されていました。 元歌は1955年の映画 「Unchained」 (アンチェインド)の挿入歌として Todd Duncan ( トッド・ダンカン)という人が歌った曲のようです。
 この曲も全米4位のヒットを記録しますが、1990年の映画 GHOST」(ゴースト ニューヨークの幻)
GHOST
で使われたことでリバイバル・ヒットし、シングルも再発されました。 last fm で調べてみるとこの曲が一番人気なので、やはり映画の影響は大きいみたいです。

●追記: パトリック・スウェイジ (Patrick Wayne Swayze)氏・死去:
 TVのニュースで知りましたが、「ゴースト ニューヨークの幻」でゴースト役を演じていたパトリック・スウェイジ氏が、2009年9月14日にすい臓癌のため亡くなりました。
 この人「ダーティ・ダンシング」でも主演していたのですね。 享年57歳、ご冥福をお祈りいたします。

● Unchained Melody 『アンチェインド・メロディ』を聴く:
(※自動的に再生が始まらない時は、上にある「PLAY」をクリックして下さい)

  ●歌詞と訳詩●

Whoooa, my love, my darlin'   あぁ、ぼくの恋人、ぼくの愛しい人
I've hungered for your touch   ぼくは きみとの触れ合いに飢えている
A long, lonely time   長く、さびしい時に

And time goes by so slowly   そして時は とてもゆっくりと過ぎて行く
And time can do so much   そして時は とても多くのことができる 
Are you still mine ?   きみはまだ ぼくのものだろうか?

I need your love   ぼくは きみの愛が必要だ
I need your love   ぼくには きみの愛情が必要なんだ
God speed your love to me   きみの愛が ぼくのものとなりますように ※

Lonely rivers flow to the sea   寂しげな川の流れが 海へと流れ出る
to the sea   海へと
To the open arms of the sea   海原の 開かれた腕の中へと
yeah   そう
Lonely rivers sigh   寂しげな川の流れが ため息を吐(つ)いて
Wait for me, wait for me   ぼくを待ってる、ぼくのことを待っている
I'll be comin' home   家へと帰ろうとしている
wait for me   ぼくを待っている

Whoooa, my love, my darlin'   あぁ、ぼくの恋人、ぼくの愛しい人
I've hungered,   ぼくは飢えている
hungered for your touch   きみとの触れ合いに飢えているんだ
A long, lonely time   長く、さびしい時に

And time goes by so slowly   そして時は とてもゆっくりと過ぎて行く
And time can do so much   そして時は とても多くのことができる
Are you still mine ?   きみはまだ ぼくのものだろうか?

I need your love   ぼくは きみの愛が必要だ
I, I need your love   ぼくには、   ぼくには きみの愛情が必要なんだ
God speed your love to me   きみの愛が ぼくのものとなりますように


※ God speed: Godspeed と続けることもあり、「成功」、「幸運」、「 道中無事」などを祈る時に使う
記事編集

テーマ : 洋楽歌詞対訳
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

この曲は、大学のサークルの先輩から教わって知りました。
同時に映画の主題歌であることも教えてもらいました。
後で調べてみたら、「ゴースト~ニューヨークの幻」の主題歌だったんですねー。
堂々とした歌い方がいいですよね。

古い曲が映画で使われてリバイバル・ヒットすることは結構ありますが、それでそうした曲が見直されるのであれば良いことだと思っています。
映画でもTVのコマーシャルでも、キッカケがないと若い人の耳には入りませんからね。

「ゴースト」という映画が好きで、この曲が好きになったという人も多いみたいですよ。
プロフィール

Sumi Haruo

Author:Sumi Haruo
昨年まで老母の介護をしていました。 古い記事へのコメントも大歓迎です。
※記事へのリンクは自由ですが、対訳はあくまでも私個人の解釈なので、訳詞の転載はお断りいたします。
訳詞を掲載したい場合は、記事へのリンクを貼るという形にして下さい。

全記事タイトル表示リンク

全記事タイトルを表示

カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
FC2カウンター
フリーエリア


累計: 検索エンジン登録
本日: SEO対策
昨日: メール配信

アクセスアップ

Mail Form:メールフォーム

リンク
電子書籍
Amazonから電子書籍を出版しました
QRコード
QR
RSSリンクの表示