82. Be My Baby ビー・マイ・ベイビー

Be My Baby ビー・マイ・ベイビー : The Ronettes ザ・ロネッツ


Be My Baby
Alubm : The Best of the Ronettes
Best of the Ronettes
  Dirty Dancing
Dirty Dancing

Released: 1963
Written by: Jeff Barry, Ellie Greenwich, Phil Spector
Produced by: Phil Spector (フィル・スペクター)

  ザ・ロネッツについて:
The Ronettes
 フリー百科事典『ウィキペディア』  

 ザ・ロネッツはリード・ヴォーカルのヴェロニカ・ベネットが、一つ上の姉エステルと、一つ下の従兄弟(いとこ)ネドラ・タリーを誘って結成されました。 一応レコード・デビューはするもののヒットはせず、そこで姉のエステルは駄目で元々と、当時クリスタルズのプロデュースをしていたフィル・スペクターの事務所に連絡をとり、オーディションでフィル・スペクターに認められて契約する運びとなります。

 そのフィルズ・レコードからのデビュー・シングルとなったこの曲は、これぞ フィル・スペクターといえるサウンドに仕上がっています。 当時としては革新的だった多重録音による"Wall of Sound" (音の壁)と呼ばれた緻密な音作りは、そのあとに続く多くの人たちに影響を与えました。 完璧を求めるフィル・スペクターらしく、この曲はレコーディングだけで42回もやり直したとか。
 
 この曲に感激したビーチ・ボーイズのブライアン・ウィルソンは「Don't Worry Baby」 (ドント・ウォーリー・ベイビー)を作りました。 日本でもこれと同じような音作りをしている人がいます。 もっとも70年代になると時代の流れと合わなくなり、音楽の仕事より奇行や裁判沙汰などの話題の方が多くなってしまうのですが・・・

 60年代は前出の シレルズ を始めとして様々なガールズ・グループが登場しますが、彼女たちの前には「マーヴェレッツ」(プリーズ・ミスター・ポストマン)や「クリスタルズ」がいましたし、この曲がヒットした'63年にはモータウン・レコードから 「マーサ・アンド・ザ・ヴァンデラス」 が登場し、その後モータウンからはダイアナ・ロスを擁する 「スプリームス」 が出てきて・・・と、にぎやかになってきます。

 リード・ヴォーカルのヴェロニカ(ロニー)・ベネットは、1968年にフィル・スペクターと結婚してロニー・スペクターとなりますが、色々な問題があって1973年に離婚して、その後著作権の問題などでフィル・スペクターとは裁判にまで発展したり・・・と、ゴタゴタがありました。 ロネッツがロックの殿堂入りをなかなか果たせずにいたのは、フィル・スペクターの妨害があったからという話もあるくらいです。

 ロネッツといえばこの曲ですが、1987年の映画 「Dirty Dancing」 にも使われていました。 これ以外の曲を聴きたくても現在ベスト版は日本では品切れ状態で、中古品に馬鹿げた高値が付いているようなので、他の曲も聴けるようにリンクを貼っておきました。 1964年の「Walking In the Rain」 (恋の雨音)のイントロに入る雷雨の音なんて、1963年の「悲しき雨音」(カスケーズ)と似たところがあって面白いです。


● Be My Baby 『ビー・マイ・ベイビー』を聴く:  (昔の邦題:「あたしのベイビー」・全米2位)
(※自動的に再生が始まらない時は、上にある「PLAY」をクリックして下さい)

  ●歌詞と訳詩●

The night we met   私たちが 出会った夜
I knew I needed you so   私にはあなたが とても必要なことが判っていたの
And if I had the chance   そしてもし 私にチャンスがあるなら
I'd never let you go   私は決して あなたを離さないでしょう
So won't you say you love me   だから 私を愛してると言って ※
I'll make you so proud of me   あなたが私を 自慢に思えるようにするから
We'll make 'em (them) turn their heads
   私たち(が一緒)なら みんなを振り向かせるでしょう
every place we go   私たちが どこに行っても

So won't you, please   だから、どうかお願い
(be my, be my baby)   (私の、私のベイビィになって)
Be my little baby   私のやさしい恋人になって
(my one and only baby)   (私の 唯一人のいい人に)
Say you'll be my darlin'   私のダーリンになると言って
(be my, be my baby)   (私の、私のベイビィになって)
Be my baby, now    今すぐ 私の恋人になって
(my one and only baby)   (私の 唯一人のいい人に)
Wha-oh-oh-oh

I'll make you happy, baby   私はあなたを幸せにするでしょう、ベイビィ
just wait and see   ただ しばらく様子を見守って
For every kiss you give me   あなたが私にくれる すべてのキスに
I'll give you three   私は三つ(のキス)を 返すから
Oh, since the day I saw you   あぁ、私があなたと出合った日から
I have been waiting for you   私はあなたを 待ち続けてきたの
You know I will adore you   私があなたを大好きなことは 知ってるでしょう
'til (Until) eternity   ずっと永遠に

So won't you, please   だから、どうかお願い
(be my, be my baby)   (私の、私のベイビィになって)
Be my little baby   私のやさしい恋人になって
(my one and only baby)   (私の 唯一人のいい人に)
Say you'll be my darlin'   私のダーリンになると言って
(be my, be my baby)   (私の、私のベイビィになって)
Be my baby, now    今すぐ 私の恋人になって
(my one and only baby)   (私の 唯一人のいい人に)
Wha-oh-oh-oh

(間奏)

So come on and, please   だから ここに来て そして、どうか
(be my, be my baby)   (私の、私のベイビィになって)
Be my little baby    私のやさしい恋人になって
(my one and only baby)   (私の 唯一人のいい人に)
Say you'll be my darlin'   私のダーリンになると言って
(be my, be my baby)   (私の、私のベイビィになって)
Be my baby, now    今すぐ 私の恋人になって
(my one and only baby)   (私の 唯一人のいい人に)
Wha-oh-oh-oh

(Be my, be my baby)   (私の、私のベイビィになって)
Be my little baby   私のやさしい恋人になって
(My one and only baby)   (私の 唯一人のいい人に)
oh
(Be my, be my baby)   (私の、私のベイビィになって)
oh
(My one and only baby)   (私の 唯一人のいい人に)
wha-oh-oh-oh-oh

[Repeat & fade]


※Won't you ~ ? : 「~してはいかがですか、~なさいませんか」と誘う丁寧な言い方。 
Why don't you ~? : 「~してはいかがですか?」という言い方もあります。

記事編集

テーマ : 洋楽歌詞対訳
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

「ビー・マイ・ベイビー」ですね。
イントロが印象的ですよねー。
弘田三枝子が歌った日本語版もありますね。
「恋の雨音」聞いたことありますよー。「悲しき・・・」と同様、雷の音入ってますね^^;

この曲は私が小学生だった頃、ラジオから日本人が日本語で歌った曲が流れていました。
でも誰が歌っていたかは覚えていません。 (みんな同じに聴こえたので・・・)

それにしても、よく弘田三枝子という昔の人の名前をご存知ですね。
その人のオリジナルで、「渚のうわさ」という曲は割と好きでした・・・

懐かしい曲

Be my Baby ロネッツ 懐かしい名前ですね d(^-^)b

ミコちゃん 歌っていましたね当時は日本語のカバーで

でも、1970年のアルバムで英語でシャウトしてます。

バックの演奏も一流のジャズバンドだからオリジナルより遥かにレベルが高い歌と演奏になっていましたが。

でも、歌詞の内容から云うとあまりうまく歌わなくてもいいのかもしれません。

日本語だったら恥ずかしくてカラオケ無理ですけど、英語だと音感だけでリズムが良いのでOKですね。

ミコちゃん は日本語の歌も滅茶苦茶上手いのに、「私、本当は歌謡曲苦手なのよね」と云っていましたけど、気持ちが歌の世界に入り込み過ぎてちょっと窮屈に感じているのかも?

Re: 懐かしい曲

私が小学生の頃は、洋楽を日本語で歌った曲がラジオから流れていました。
でも中学生の頃にラジオでオリジナルの曲に触れてからは、なるべくオリジナルの方を聴くようになりました。

弘田三枝子さんのバージョンも、「誰かが日本語で歌っていた」くらいにしか覚えていないので、そう言われても返事のしようがありません。
私も歌謡曲は苦手なのです・・・

古い曲へのコメント、ありがとうございました。
プロフィール

Sumi Haruo

Author:Sumi Haruo
昨年まで老母の介護をしていました。 古い記事へのコメントも大歓迎です。
※記事へのリンクは自由ですが、対訳はあくまでも私個人の解釈なので、訳詞の転載はお断りいたします。
訳詞を掲載したい場合は、記事へのリンクを貼るという形にして下さい。

全記事タイトル表示リンク

全記事タイトルを表示

カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
FC2カウンター
フリーエリア


累計: 検索エンジン登録
本日: SEO対策
昨日: メール配信

アクセスアップ

Mail Form:メールフォーム

リンク
電子書籍
Amazonから電子書籍を出版しました
QRコード
QR
RSSリンクの表示