スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

60. Stand by Me スタンド・バイ・ミー

Stand by Me スタンド・バイ・ミー : Ben E. King ベン・E・キング


Stand by Me
Alubm : Best of Ben E. King
Best of Ben E. King
  ベン E.キング・コレクション
ベン E.キング・コレクション

Released: 1961
Written by: Ben E. King, Jerry Leiber and Mike Stoller


   ベン・E・キングについて:
Ben E. King
 フリー百科事典『ウィキペディア』  
 
 ベン・E・キングは20歳の頃から 「The Drifters」(ドリフターズ)のリード・シンガーとして二年ほど在籍し、その間に 「Save the Last Dance for Me」(ラストダンスは私に)などのヒット曲を出しています。
 1960年にドリフターズ(注:日本のドリフではない)を脱退してソロに転向し、その翌年にフィル・スペクターのプロデュースした 「Spanish Harlem」(スパニッシュ・ハーレム)がヒットしました。 (B面の「First Taste of Love」もヒット)

 この曲は 「スパニッシュ・ハーレム」の次のシングルとして発売され、アメリカのR&B部門で一位を記録するヒットとなりました。 25年後の1986年には同名映画の挿入歌として使われ、リバイバル・ヒットしています。 (私は映画のラストに流れたこの曲を聴いて、その良さを再認識しました)

 この曲もオールデイズの名曲として、これまでに色々な人がカヴァーしています。 
ジョン・レノンはアルバム 「ロックンロール」 の中でロックンロール風スタンド・バイ・ミーを歌っていますし、
ライ・クーダーはアルバム 「チキン・スキン・ミュージック」 の中でアコーデオンのフラーコ・ヒメネスをフィーチュアしてテックス・メックス風のアレンジで聴かせてくれます。 それぞれに違ったアレンジで楽しいのですが、でもやっぱりオリジナルが良いのですね・・・

● Stand by Me: 『スタンド・バイ・ミー』を聴く:
(※自動的に再生が始まらない時は、上にある「PLAY」をクリックして下さい)

  ●歌詞と訳詩●

When the night has come,   夜がやってきて
and the land is dark   大地は暗く
And the moon is the only -   そして月だけがたった一つ
light we will see   明るく見えるだけだとしても
No, I won't be afraid,   でも、ぼくは怖がったりしない
oh, I won't be afraid   怖くなんかない
Just as long as you stand, stand by me    だだ きみがそばに、 ぼくのそばにいてくれる限り
So darlin', darlin' -   だから、ダーリン、ダーリン
stand by me, oh, stand by me   そばにいて、ぼくのそばにいて
Oh stand, stand by me, stand by me   そばに、そばにいて、ぼくのことを支えて

If the sky that we look upon -   もしぼくらの上にある空が
should tumble and fall   崩れ落ちてきたとしたら
Or the mountain -   それとも山が
should crumble to the sea   バラバラになって 海に崩れ落ちたとしても
I won't cry, I won't cry,   ぼくは泣かない、ぼくは泣いたりしない
No, I won't shed a tear   いや、涙なんか 流すもんか
Just as long as you stand, stand by me    だだ きみがそばに、 ぼくのそばにいてくれる限り
And darlin', darlin' -   だから、ダーリン、ダーリン
stand by me, oh stand by me,    そばにいて、ぼくのことを支えて
whoa, stand now, stand by me, stand by me   そばに今、そばにいて、ぼくの支えになって

[ 間奏 ]

Darlin', darlin' stand by me   ダーリン、ダーリン、そばにいて
Oh, stand by me, oh stand now,    ぼくのそばにいて、そばに今、
stand by me, stand by me   そばにいて、ぼくのことを支えて

Whenever you're in trouble -   きみが困っている時はいつでも
won't you stand by me,    ぼくのそばにいてくれないか
oh, stand by me, whoa, stand now...   ぼくのそばにいて、そばに・・・

※stand by me :「stand by」(スタンバイ)は「用意する」ですが、「stand by me」だと「そばにいて」という意味の述語になります。 この場合は「ぼくを支えて」といった感じでしょうか。
※as long as :これも良く出てくる述語で、「~する限り」といった意味になります。
記事編集

テーマ : 洋楽歌詞対訳
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

スタンド・バイ・ミーいいですねー。
映画も見ました^^

この頃の曲はシンプルでストレートだし、安心して聴くことができます。
録音は古いけど、間奏に入るストリングスも良いですしね。

映画は80年代に作られたものですが、舞台は50年代のノスタルジックなものでした。
しかし若い方とは思えない、渋い好みですね・・・

うららかな小春日和に、ついと口につくメロディ (歌えませんが)
ジョンレノンも歌ってたんですね

関係ないかもしれませんが、甲斐バンドの「ヒーロー」という曲の途中の歌詞が、この曲の出だしの歌詞に似ている気がしました。
いい詩は情景が似てくるんですね。

この曲はシンプルだから、少し練習すれば歌えるようになると思います。 最初はコーラスの部分だけでも覚えると、段々と全体も歌えるようになるでしょう。

ジョン・レノンが歌う「スタンド・バイ・ミー」は、最近TVのコマーシャル(ノン・アルコール・ビール)で使われているから、聴いたことがあるかと思います。 Grooveshark には無いので紹介することができませんが。

甲斐バンド、というか甲斐よしひろの歌詞は、洋楽の良くあるフレーズが使われていることが多いので、大抵どこかで聴いたような歌詞やメロディーとなっています。
この曲に限らず、ローリング・ストーンズやキンクスやイーグルスの曲とも似ているものがありますが、そうしたことを言い始めるとキリが無いので、ここではやめておきます。

ちょっとうれしいので、ご報告。

英語の歌詞に中学生みたいにカタカナふって練習してみてましたら、ようやく歌えるようになりました!
(まだ1番だけですが・・・)

今までフフフ~と鼻歌でしかできなかったものが、歌ってしまえている!
うれし~ たのし~ おどろき~

こんなすてきなHP、
ほんとうにありがとうございます

最初は振り仮名を振って練習するのでも良いと思います。 1番だけでも歌えるようになると自信が付くし、真似して歌っている内に発音も上手になるものですから。

私も最初は簡単なものから始めて一緒に歌っている内に、今ではこんなブログをやるようになりました。 何でも楽しんでやるのが一番の上達方法だと思います。 
歌える曲のレパートリーが増えれば、更に楽しくなることでしょう。
プロフィール

Sumi Haruo

Author:Sumi Haruo
昨年まで老母の介護をしていました。 古い記事へのコメントも大歓迎です。
※記事へのリンクは自由ですが、対訳はあくまでも私個人の解釈なので、訳詞の転載はお断りいたします。
訳詞を掲載したい場合は、記事へのリンクを貼るという形にして下さい。

全記事タイトル表示リンク

全記事タイトルを表示

カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
FC2カウンター
フリーエリア


累計: 検索エンジン登録
本日: SEO対策
昨日: メール配信

アクセスアップ

Mail Form:メールフォーム

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
電子書籍
Amazonから電子書籍を出版しました
QRコード
QR
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。