44. Without You ウィザウト・ユー

Without You ウィザウト・ユー : Nilsson ニルソン


Without You
Alubm : Nilsson Schmilsson
Nilsson Schmilsson
  ベスト・オブ・ニルソン
ベスト・オブ・ニルソン
(試聴可)
Released: 1971
Written by: Peter Ham, Tom Evans
 (originally recorded by : Badfinger 1970)
Produced by: Richard Perry
  ハリー・ニルソンについて:
Harry Nilsson
 フリー百科事典『ウィキペディア』  

 ニルソンはハリー・ニルソンとも言いますが、ニルソン名義の方が一般的です。 最初は銀行員でしたが、仕事と平行して音楽活動も続け、少しづつ認められてからミュージシャンに転身しました。 優れたソング・ライターであると同時に優れたシンガーでもあり、この曲を含めてカヴァー曲のヒットが幾つかあります。

 ニルソンの歌声を早くから認めたのはジョン・レノンで、アップル・レコードにあったファースト・アルバムを聴いたジョン・レノンがわざわざ国際電話で「You are great!」と言ったとか。 その後もジョンとはニューヨークでの飲み友達だったり、リンゴ・スター(ビートルズ)やミッキー・ドレンツ(モンキーズ)などとも親交があったようです。

 この曲のオリジナルは1970年に出たバッドフィンガーのものでしたが、1972年にこの曲が全米No.1 となったことですっかりニルソンの曲みたいになってしまいました。 ニルソンは最初この曲をビートルズの曲と思い込んでいて、カヴァーのためにビートルズの全楽曲を調べたけれど見つからず、結局ビートルズの弟分的なバッドフィンガーの曲であったことが判ります。 バッドフィンガーのバージョンも悪くはありませんが、聴き比べてみるとやはりニルソンの方が優れています。 ピアノのイントロも秀逸ですし。

 ニルソンは1994年1月15日に心不全のため亡くなっています。 享年52歳。 翌年には彼と親交のあったリンゴ・スターやランディ・ニューマンやブライアン・ウィルソン(ビーチボーイズ)といった人たちが参加したトリビュート・アルバム For the Love of Harry: Everybody Sings Nilsson が発売されました。

● Without You 「ウィザウト・ユー」を聴く:
(※自動的に再生が始まらない時は、上にある「PLAY」をクリックして下さい)

Badfinger(バッドフィンガー)オリジナルのWithout You を聴いてみる:

 ↓歌詞と対訳は、下の「続きを読む」のリンクをクリックして下さい。  

  ●歌詞と訳詩●

No, I can't forget this evening   ぼくは この夕べのことを忘れない
Or your face as you were leaving   きみが去って行く時の顔も
But I guess that's just the way   でもぼくは そんなものだと思っている
the story goes   物語の終わりというものは   
You always smile   きみはいつも微笑んでいたけど
but in your eyes your sorrow shows   でもきみの瞳は悲しみをたたえていた
Yes, it shows   そう、それ(悲しみ)が見えていた

No, I can't forget tomorrow   ぼくは 明日のことは忘れない
When I think of all my sorrows   ぼくが全ての自分の悲しみについて考える時
When I had you there   ぼくは きみを手にしていたけど    
but then I let you go   でもぼくは きみを行かせてしまう
And now it's only fair    そして今 ただフェア(公正)なことは 
that I should let you know   ぼくが きみに知ってもらうべきことは
What you should know   きみが知っておくべきことは、

I can't live   ぼくは生きては行けないんだ
If living is without you   もし きみ無しで生きるというなら
I can't live,   ぼくは生きては行けない
I can't give any more   ぼくは何も与えられなくなる
Can't live   生きて行けない
If living is without you   もし きみ無しで生きるというなら
I can't give,   ぼくは与えられなくなる
I can't give any more   ぼくは何も与えることができなくなってしまう

Well, I can't forget this evening   ぼくは この夕べのことを忘れない
Or your face as you were leaving   きみが去って行く時の顔も
But I guess that's just the way   でもぼくは そんなものだと思っている
the story goes   物語の終わりというものは
You always smile   きみはいつも微笑んでいたけど
but in your eyes your sorrow shows   でもきみの瞳は悲しみをたたえていた
Yes, it shows   そう、それが見えていた

Can't live    生きて行けない
If living is without you   もし きみ無しで生きるというなら
I can't live,   ぼくは生きて行けない
I can't give anymore   ぼくは何も与えられない
I can't live   ぼくは生きて行けない
If living is without you   もし きみ無しで生きるというなら
Can't live,    生きて行けない
I can't give anymore   ぼくは何も与えられない
(Living is without you)   (きみ無しで生きるというなら)
記事編集

テーマ : 洋楽歌詞対訳
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

My favorite song です!
よく歌っています。
女声の方が歌いやすいのでマライア・キャリーのライヴをお手本に練習しました。
ですから、どうしても切ない女心を語っているように感じてしまいます。

もとの男心ヴァージョン、素敵な訳詞ですね。
こんな風に言われてみたいなぁ、なんて・・・。

Without You はニルソンを代表する曲で、ニルソンがカヴァーすることで大ヒットしました。

マライア・キャリーのヴァージョンは1994年1月にニルソンが亡くなったことを受けてカヴァーされたようですが、ピアノのイントロを始めとしてニルソンのヴァージョンがベースになっているようです。

若い人の中にはマライア・キャリーのオリジナル曲と思っている人もいるようですが、私にとってはいまだにニルソンのこのヴァージョンがベストです。 40年も前の曲なので、知っている人は少ないでしょうが・・・

プロフィール

Sumi Haruo

Author:Sumi Haruo
昨年まで老母の介護をしていました。 古い記事へのコメントも大歓迎です。
※記事へのリンクは自由ですが、対訳はあくまでも私個人の解釈なので、訳詞の転載はお断りいたします。
訳詞を掲載したい場合は、記事へのリンクを貼るという形にして下さい。

全記事タイトル表示リンク

全記事タイトルを表示

カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
FC2カウンター
フリーエリア


累計: 検索エンジン登録
本日: SEO対策
昨日: メール配信

アクセスアップ

Mail Form:メールフォーム

リンク
電子書籍
Amazonから電子書籍を出版しました
QRコード
QR
RSSリンクの表示