42. Sailing セイリング

Sailing セイリング : Rod Stewart ロッド・スチュワート


Sailing
Alubm : Atlantic Crossing
Atlantic Crossing
  アトランティック・クロッシング
アトランティック・クロッシング

Released: 1975
Written by: Gavin Sutherland (1972)
Produced by: Tom Dowd

  ロッド・スチュワートについて:
Rod Stewart
 フリー百科事典『ウィキペディア』  

 アルバム「アトランティック・クロッシング」は、フェイセズ解散後のロッド・スチュワートがイギリスからアメリカに渡って制作されました。 文字通りアトランティック(大西洋)をクロッシング(渡る)したという訳です。 このアルバムは、レコードではロック色の強いA面とバラード中心のB面に分かれていて、私はB面ばかり聴いていました。 私の好きなギタリストのデヴィッド・リンドレーがフィドル(ヴァイオリン)とマンドリンで参加しています。 

 この「セイリング」という曲はアルバムのラストに収められていて、シングルもヒットしました。 オリジナルはギャヴィン・サザーランドという人が1972年に書いた曲のカヴァーですが、すっかりロッドの曲みたいになっていますね。 いかにも帆船で海を渡って行くイメージでアルバムのラストを飾るにふさわしいのですが、歌詞を読んでみるとかなり重い内容のようです。

 歌詞自体はとてもシンプルで一緒に歌うのも簡単なのですが、これは死に瀕している人の歌であり、終りの方にあるLord(主)に対する呼びかけからしても、これは単純に家に帰るのではなく、主(しゅ)の御許(みもと)へ旅立とうとする人の歌ということでしょう。
 ロッド・スチュワートというとどうも「アホで軽い」(失礼)というイメージがあって、こうした曲を歌っても重さや暗さを感じさせないのですが、かえってそれが良いのかもしれません。 一応対訳を付けておきますので、あとは聴く人がそれぞれ自分なりの解釈していただければ良いと思います。 

● Sailing 「セイリング」を聴く:
(※自動的に再生が始まらない時は、上にある「PLAY」をクリックして下さい)

  ●歌詞と訳詩●

I am sailing,   私は出帆する
I am sailing,   私は帆走して行く
home again   家へと帰るため
'cross (across) the sea.   海を渡る
I am sailing,   私は航行して行く
stormy waters,   嵐の海の中を
to be near you,   あなたの元へと
to be free.   自由になるために

I am flying,   私は飛んで行く
I am flying,   私は空を翔けて行く
like a bird   鳥のように
'cross the sky.   空を渡る
I am flying,   私は飛んで行く
passing high clouds,   高い雲の間を抜けて
to be with you,   あなたのそばへと
to be free.   自由になるために

Can you hear me,   私の声が聞こえますか
can you hear me   あなたに私の声が聞こえていますか
thro' (through) the dark night,   夜の闇を抜けて
far away,   はるか遠くまで
I am dying,   私は死に瀕しています
forever trying,   いつも努めて ※
to be with you,    あなたの元へ行こうとしています
who can say.   そうなるかは 誰にも判りませんが ※

Can you hear me,   私の声が聞こえますか
can you hear me,   あなたに私の声が聞こえていますか
thro' (through) the dark night,   夜の闇を抜けて
far away.   はるか遠くまで
I am dying,   私は死に瀕しています
forever trying,   いつも努力して
to be with you,    あなたのおそばに近づこうとしています
who can say.   そうなるかは 誰にも判りませんが

(間奏)

We are sailing,   私たちは出帆する
we are sailing,   私たちは帆走して行く
home again    家へと帰るために
'cross the sea.   海を渡る
We are sailing    私たちは航行して行く
stormy waters,   嵐の海の中を
to be near you,    あなたの御許(みもと)へと
to be free.   自由になるために

Oh Lord,    おぉ、主(しゅ)よ、
to be near you,    あなたのおそばへまいります
to be free.   自由になるために   
Oh Lord,    おぉ、主よ
to be near you,    あなたのおそばへまいります
to be free,   自由になるために
Oh Lord.   おぉ、主よ
to be near you,    あなたの御許へとまいります
to be free,   自由になるために
Oh Lord.   おぉ、主よ


※ forever trying は歌詞によって forever crying となっているものもあるが、それだと意味が判らなくなるので trying の方を選んでおいた。 ロッドのカヴァー曲にはそうしたものが他にもある。
※ who can は「誰が~できるものか」とか「誰にも~できない」といったところで、who can say は Nobody can say という感じだろうか。
記事編集

テーマ : 洋楽歌詞対訳
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

シンプルで歌いやすい曲なので、よく口ずさむのですが、カヴァー曲だったんですねー。
私からは、ロッド・スチュワートは大分年上で人物像などはあまり思い浮かばないのですが、、、
そういうイメージの方なのですね。(^^)
でも、ハスキーで、聴いてると遠くへ連れていかれそうな気持ちになる素敵な声の持ち主だと思います。

内容を知ると、歌うのも少し神妙な感じになります。
曲のイメージが変わりました。

ロッド・スチュワートのヒット曲にはカヴァーが多く、人の曲を自分のものにするのが上手な人でもあります。 オリジナルを書くのがあまり得意でないからかもしれませんが・・・

ロッド・スチュワートの声やキャラクターは割りと好きで、若い頃は結構よく聴いていました。
この曲も以前は単なる航海の歌だと思っていたのですが、訳してみるとかなり重い内容になっています。
まあ、あまり難しく考えずに口ずさんでいれば良いかと思いますが・・・
プロフィール

Sumi Haruo

Author:Sumi Haruo
昨年まで老母の介護をしていました。 古い記事へのコメントも大歓迎です。
※記事へのリンクは自由ですが、対訳はあくまでも私個人の解釈なので、訳詞の転載はお断りいたします。
訳詞を掲載したい場合は、記事へのリンクを貼るという形にして下さい。

全記事タイトル表示リンク

全記事タイトルを表示

カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
FC2カウンター
フリーエリア


累計: 検索エンジン登録
本日: SEO対策
昨日: メール配信

アクセスアップ

Mail Form:メールフォーム

リンク
電子書籍
Amazonから電子書籍を出版しました
QRコード
QR
RSSリンクの表示