スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

442. Photograph フォトグラフ

Photograph フォトグラフ : Ed Sheeran エド・シーラン

エド・シーラン2014年のセカンド・アルバムから、離れて暮らす恋人のことを歌ったこの曲を採り上げてみました。


Photograph
Album : x (multiply)
  mp3 ストア (試聴可)

Released: 20 June 2014
Written by: Ed Sheeran, Johnny McDaid
Produced by: Jeff Bhasker, Emile Haynie
 エド・シーランについて:
Ed Sheeran
 フリー百科事典『ウィキペディア』

エド・シーランは半年ほど前にファースト・アルバムから "The A Team"(「Aチーム」:427回目)を採り上げたことがありました。
ファースト・アルバムではアコースティック・ギターを抱えて一人で歌うシンガー・ソング・ライターというイメージでしたが、このセカンド・アルバムでは電気楽器やドラム・プログラミングやストリングスを導入し、現代の若者らしくヒップ・ホップも取り入れています。

この曲には共作者としてジョニー・マクデイドの名前がクレジットされていますが、インタビュー記事にそのことが書かれているので、ちょっと訳してみました。

That was written on the Snow Patrol tour in May 2012, in a hotel room in Kansas.
それは2012年5月の「スノウ・パトロール」ツアーの頃、カンサスのホテルの一室で書かれたものだった。

My friend Johnny McDaid who plays guitar and keyboards with them was on his laptop, and he had a loop of this piano piece just going on and on.
ぼくの友達のジョニー・マクデイド(スノウ・パトロールのバック・ヴォーカルを担当)は彼のラップトップPCでギターとキーボードをプレイして、このピアノ曲のループを繰り返していたんだ。

I was sat on the floor making a Lego X-Wing Fighter to give to his sister for a charity auction and this piano loop keeps playing, and I start singing a line and the song kind of unravelled from there.
ぼくは床に座って、彼の妹のチャリティ・オークションのためにレゴ社製(スター・ウォーズの)「X-ウイング・ファイター」を作っていて、そのピアノ曲の演奏はずっとループを繰り返していたから、ぼくはそのもつれを解(ほど)くみたいにして歌詞の一節を歌い始めたのさ。

We sat for about four hours, me making Lego, and him on the laptop, just building stuff and then I picked up a guitar and we properly structured it.
ぼくらは4時間ほど座っていて、ぼくはレゴを作り、彼はラップトップPCで音を構築していてね、それからぼくはギターを取り上げ、二人してそれをキチンとしたものに作り上げて行ったんだ。

I think Photograph is the backbone of the whole record, when I first wrote it Photograph was my insurance - I knew I had at least one good song for the next record!
ぼくが思うに「フォトグラフ」はレコード全体のバックボーン(中心)となるもので、最初にそれを書いた時「フォトグラフ」はぼくにとっての備え(または保険)であり―、少なく見積もっても次のレコードで良い曲の一つになることは分かっていたよ。

And it was actually my insurance record for a very fucking long time to come.
でもそれは実際のところ、その「ぼくの備え」のレコーディングには、出来上がるまでにひどく長い時間がかかったんだ。

All the stand-out songs were the last ones to be written. 
たいてい優れた歌というものは、書かれたものの中で一番最後に出来るものだけどね。
 (by: Music-News.com )

この曲は、離れて暮らす恋人に向けた歌ですが、それが単なる遠距離恋愛なのか、それとも戦争などで無理やり引き裂かれたカップルなのかは語られていないので、歌詞を読みながら想像するしかありません。 まあ、「レゴを組み立てながら作った曲」ということだから、そんなに難しく考える必要は無いのかもしれませんが・・・


Ed Sheeran : Vocals, Acoustic Guitar
Jeff Bhasker : Piano, Keyboards, Electric Bass
Tyler Sam Johnson : Electric Guitar
 Drum Programming : Emile Haynie, Tyler Sam Johnson
 Strings Arranged : Davide Rossi

Grooveshark で、Photograph 『フォトグラフ』を聴く: (4:20)

  ●歌詞と対訳●
[Verse 1]
Loving can hurt  愛は 傷付ける
Loving can hurt sometimes  愛は時々 (人を)傷付けるけど
But it's the only thing that I know
  でもそれだけが ぼくが知っている 唯(ただ)一つのこと

When it gets hard,  それが 耐え難い時、
You know it can get hard sometimes  時々 それがつらく思えることがあるけど
It's the only thing that makes us feel alive
  でもそれだけが ぼくらに「生きている」と実感させる唯一のこと

[Pre-Chorus]
We keep this love in a photograph  ぼくらはこの愛を 一枚の写真に閉じ込めた
We made these memories for ourselves ぼくらのために数々の思い出を作り上げ
Where our eyes are never closing,  その中で ぼくらの目はまだ閉じていないし、 
(Our) hearts were never broken  ぼくらの心も まだ傷ついてはいなかった
And time's forever frozen, still  そして時の流れは永遠に止まらない、今まで通りに

[Chorus 1]
So you can keep me  だから ぼくのことを忘れないで
Inside the pocket of your ripped jeans  きみの破れたジーンズのポケットの中に
Holding me close   ぼくを しまっておいて
Till our eyes meet  ぼくらがまた 見つめ合える時まで
You won't ever be alone,  きみはどんな時でも 一人じゃないから
Wait for me to come home  ぼくが帰るまで 待っていて

[Verse 2]
Loving can heal   愛は 癒(いや)し
Loving can mend your soul  愛は人の心を 回復させるとこもできる
And it's the only thing that I know, (know)
  そしてそれだけが ぼくの知っている唯一のこと

I swear it will get easier,  誓ってもいい それは少しずつ容易になっている、と
Remember that with every piece of you  きみとの思い出は小さな事まで覚えてる
Hm, it's the only thing we take with us when we die
  そしてそれだけが ぼくらが死ぬ時にも一緒に持って行ける ただ一つのもの

[Pre-Chorus]
We keep this love in a photograph  ぼくらはこの愛を 一枚の写真に閉じ込めた
We made these memories for ourselves ぼくらのために数々の思い出を作り上げ
Where our eyes are never closing,  その中で ぼくらの目はまだ閉じていないし、
Our hearts were never broken  ぼくらの心も まだ傷ついてはいなかった
And time's forever frozen, still  そして時の流れは永遠に止まらない、今まで通りに

[Chorus 2]
So you can keep me  だから ぼくのことを忘れないで
Inside the pocket of your ripped jeans  きみの破れたジーンズのポケットの中に
Holding me close    ぼくを しまっておいて
Till our eyes meet  ぼくらがまた 見つめ合える時まで
You won't ever be alone  きみはどんな時でも 一人じゃないから

And if you hurt me,   もしきみが ぼくを傷付けたとしても
that's okay, baby, only words bleed  構わないさ、ベイビィ、言葉の上での心痛なら
Inside these pages you just hold me  (心の)中のページで ぼくを抱きしめていて
And I won't ever let you go  ぼくは決して きみを手離したりしないから

Wait for me to come home  ぼくが戻るまで 待っていて
Wait for me to come home   ぼくの帰りを 待っていて
Wait for me to come home  ぼくが戻るまで 待っていて
Wait for me to come home   ぼくの帰りを 待っていて

[Bridge]
Oh, you can fit me  きみは ぼくにピッタリだから
Inside the necklace you bought when you were 16  きみが身に付けている 16歳の時に買ったネックレスの様に
Next to your heartbeat  きみの心臓の鼓動の(聞こえる) すぐそばに(居させて)
Where I should be   そこが ぼくの居るべきところだから
Keep it deep within your soul  きみの心の奥底に しまっておいて


And if you hurt me,   もしきみが ぼくを傷付けたとしても
that's okay, baby, only words bleed  構わないさ、ベイビィ、言葉の上での痛みなら
Inside these pages you just hold me  (心の)中のページで ぼくを抱きしめていて
And I won't ever let you go  ぼくは決して きみを手離したりしないから

[Outro]
When I'm away,   ぼくが離れている時にも
I will remember how you kissed me  きみがキスしてくれた時ことを忘れはしない
Under the lamppost back on Sixth street  六番通りにある 街路灯の下で
Hearing you whisper through the phone  電話越しにきみのささやく声を聞いてる
Wait for me to come home   ぼくが帰るのを 待っていておくれ


【単語と述語】
hurt: 傷つける、~を損なう、害を与える。
get hard: 困難になる、つらくなる、難しくなる。
make someone feel alive: ~を元気にさせる、~に生きていると感じさせる。
keep in: 閉じ込める、外に出さない。 状態を保つ。
make memory for: ~のために思い出を作る。
heart (be) broken: 心が引き裂かれる、失恋する。
frozen: "freeze" の過去形。1.凍った。2.機能が停止した。 "broken" と並べて韻を踏んでいます。
ripped jeans: 破れたジーンズ。
hold .. close: ~をしまって(隠して)おく。 "hold someone close" だと「~をきつく抱きしめる」という意味にもなります。
eyes meet: 目が合う、見詰め合う。
won't be ..: ~にはならない。

heal: 癒(いや)す。 (傷などを)治す、治療する。
mend: 1.(健康が)回復する。 2.(事態が)良くなる。 3.修理する、修復する。
I swear: 本当に、誓って、絶対に。
get easier: 楽になる、軽減される。 簡単になる。
every piece of..: ~の一つ一つを、~のあらゆるものを。
only words: ただの言葉、 言葉の上での。
bleed: 1.血を流す。傷を負う。 2.心を痛める。心痛する。
let go: (つかんでいるものを)放す。開放する。自由にする。 手離す。
next to.. : ~の隣に。
through the phone: 受話器を通して、 電話越しに。

テーマ : 洋楽歌詞対訳
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Sumi Haruo

Author:Sumi Haruo
昨年まで老母の介護をしていました。 古い記事へのコメントも大歓迎です。
※記事へのリンクは自由ですが、対訳はあくまでも私個人の解釈なので、訳詞の転載はお断りいたします。
訳詞を掲載したい場合は、記事へのリンクを貼るという形にして下さい。

全記事タイトル表示リンク

全記事タイトルを表示

カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
FC2カウンター
フリーエリア


累計: 検索エンジン登録
本日: SEO対策
昨日: メール配信

アクセスアップ

Mail Form:メールフォーム

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
電子書籍
Amazonから電子書籍を出版しました
QRコード
QR
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。