スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

441. Rolling in the Deep ローリング・イン・ザ・ディープ

Rolling in the Deep ローリング・イン・ザ・ディープ : Adele アデル

アデル21歳のセカンド・アルバムから、先行シングルとなったこの曲を選んでみました。


Album : 21(UK盤) (Import)
  21
(試聴可)
Released: November 2010 (Album: January 2011)
Written by: Adele Adkins, Paul Epworth
Produced by: Paul Epworth
  アデルについて:
Adele
 フリー百科事典『ウィキペディア』

第54回グラミー賞にノミネートされた6部門の全てを受賞したメガ・ヒット・アルバム「21」からは、以前に "Set Fire To The Rain"(「セット・ファイア・トゥ・ザ・レイン」:387回目)を採り上げたことがありますが、この曲も別れた彼氏とのことを歌ったものです。

The song was reportedly inspired by a Nashville-schooled US tour bus driver, and composed by Epworth and Adele in a single afternoon, following Adele's breakup with her boyfriend.
この歌は伝えるところによると、ナッシュビルで教習を受けたアメリカン・ツアーのバス運転手からインスパイア(ヒントを得る)されたもので、作曲は(ポール)エプワースとアデルが午後に一気に仕上げ、アデルとその彼氏が破局した後に書かれたものということだ。

It was "her reaction to, 'being told that my life was going to be boring and lonely and rubbish, and that I was a weak person if I didn't stay in the relationship.
それは、『彼女が(別れた彼氏に)、「私の(これからの)人生が退屈で寂しくてつまらないものになるだろう」と言われ、更に「私が恋愛関係を続けて行くことが出来ない弱い人間だ」と言われたことに対するリアクション(返答)とのことである。

I was very insulted, and wrote that as a sort of "fuck you".'" ("Wikipedia")
私はひどく侮辱されて、それで言ってみれば「ファ●ク・ユー(クソ野郎)」みたいなことを書いたのね」』―ということだ。 (「ウィキペディア」より)

「セット・ファイア・トゥ・ザ・レイン」もそうですが、これも別れた彼氏に対する恨み節と言うか呪いみたいな歌で、男に捨てられて泣いている演歌の女性像とはかなり違います。
 「あなたに捨てられたら生きて行けない」みたいな歌詞を書くのは男の作詞家に限られていて、女性の本音はむしろこちらの方が近いのかもしれません。 

この曲の歌詞で分かりにくいのが、タイトルにもなっている "Rolling in the Deep" ですが、「ローリング・ストーン」誌のインタビューでアデル自身が答えている記事があったので、ちょっと訳してみました。
So what does the phrase "Rolling In The Deep" mean?
それで「ローリング・イン・ザ・ディープ」というフレーズ(表現)はどういう意味なのか?

She described it to Rolling Stone as an,
彼女が「ローリング・ストーン」誌で述べたところによると、

"adaptation of a kind of slang, slur phrase in the UK called 'roll deep,'
『それはスラング(俗語)の一種を応用したもので、イギリスで「ロール・ディープ(※)」と呼ばれる不明瞭な(発音の)フレーズとのことで、

which means to have someone, always have someone that has your back, and you're never on your own,
つまり、ある人がいたとして、その人はいつもあなたのことを守ってくれて、決してあなたを独りにしたりせず、

if you're ever in trouble you've always got someone who's going to come and help you fight it or whatever like that.
もしあなたがトラブルに巻き込まれたら、その人はいつも駆けつけてあなたを助けて、それと戦ったり、何であれそれと類似のことをしてくれる人、ということ。

And that's how I felt in the relationship that the record's about, especially 'Rolling in the Deep.'
そしてレコーディングされた二人の恋愛関係について(の歌詞)が、それについての私の考えだということ、特に「ローリング・イン・ザ・ディープ」はね。

That's how I felt, you know, I thought that's what I was always going to have, and um, it ended up not being the case."
それが私の考えなんだけど、そうね、私もずっとそうなるものだと思っていたけれど、ええ、そういう訳で結局そうはならなかった、ということね。』

※ "roll deep" で検索すると、"be closely associated with .." (~と深く結びついている)というフレーズが出てくるので、「深く結ばれている」としておきました。

―という訳で、相手が困っていたら助けてくれる「深く結ばれた」関係という意味のようですが、アデルの場合そうはならなかった、ということです。 英語を話すネイティブの人たちでさえ意味が分かりにくい言葉であれば、我々日本人が分からなくても仕方ないでしょう。

この歌詞ではもう一箇所、四行目の "lay your ship bare" というフレーズも分かりにくいのですが、これは放送用の "Clean version" (きれいなヴァージョン)で、実際の意味である "Explicit version" (露骨なヴァージョン)では、"lay your shit bare" となっていました。

"lay bare" は(企みを)「暴(あば)く」という意味で、"shit" (クソ)だと放送禁止で「ピー」というNG音を入れられそうだから、一文字変えて "ship" 〈船)としたのでしょう。 YouTube にあるPV(プロモーション・ビデオ)のヴァージョンでは "ship" と歌っていますが、それを頭の中で "shit" に変換すれば、「アンタの酷(ひど)い企みを暴いてやる」くらいの意味になります。


Adele : Lead vocals
Paul Epworth : Bass, Acoustic guitar, Electric guitar
Neil Cowkey : Piano
Leo Taylor : Drums

蛇足ながら付け加えておくと、このミュージック・ビデオは2011年の「 MTV Video Music Awards」で、"Best Editing", "Best Cinematography", "Best Art Direction" の三賞を受賞し、翌2012年のグラミーでは "Best Short Form Music Video" を獲得しました。
ミステリアスな踊りと振り付けは、Jennifer White(ジェニファー・ホワイト)が演じています。

Grooveshark で、Rolling in the Deep 『ローリング・イン・ザ・ディープ』を聴く: (3:50)

  ●歌詞と対訳●

There's a fire starting in my heart
  私の心の中で 炎が燃え上がり
  
Reaching a fever pitch, it's bringing me out the dark
  それは最高度に達して、 私を暗がりから連れ出し

Finally I can see you crystal clear
  やっとあなたを 曇りの無い目で見られるようになった

Go 'head and sell me out and I'll lay your ship (shit) bare
  どうぞ私を裏切るといい、私はあなたの企みを暴いてみせるから


See how I leave with every piece of you
  あなたとの(思い出の)断片を全て胸に抱いて 去って行く私を見届けて

Don't underestimate the things that I will do
  私がこれからやろうとすることを 甘く見ない方がいいわよ

There's a fire starting in my heart
  心の中で 炎が燃え上がり

Reaching a fever pitch
  最高潮に達して

And it's bringing me out the dark
  それが私を 暗がりから連れ出す

The scars of your love remind me of us
  あなたの愛から受けた傷跡が 二人のことを思い出させる

They keep me thinking that we almost had it all
  それは私たちが あと少しで全てを手に入れられたのに、と思わせる

The scars of your love, they leave me breathless
  あなたの愛が残した傷跡、 私を息苦しさの中に置き去りにして

I can't help feeling  私は そう思わずにいられない


We could have had it all  私たちは 全てを手に入れることだって出来た
(You're gonna wish you never had met me) 私と逢わなければ良かったと思ってる

Rolling in the deep  深く結ばれ合っていた
(Tears are gonna fall, rolling in the deep) 涙が流れる、深くつながってたのに

You had my heart inside of your hand あなたはその腕の中で私の心を手に入れた
(You're gonna wish you never had met me) 私と逢わなければ良かったと思ってる

And you played it, to the beat  あなたはプレイ(演技)した、ビートに合わせて
(Tears are gonna fall, rolling in the deep) 涙が流れる、深くつながってたのに 


Baby, I have no story to be told
  ベイビィ、話すべきことなど何も無いけど

But I've heard one on you
  でも あなたについて 一つ聞いたことがある

And I'm gonna make your head burn
  そして私は あなたを怒らせてやろうとしてる

Think of me in the depths of your despair
  絶望のどん底で 私のことを思うがいい

Make a home down there
  そこに家でも建てるといいわ

As mine sure won't be shared
  地下牢同然の 一緒に居たくも無い場所に


(You're gonna wish you never had met me) 
The scars of your love remind me of us
  あなたの愛から受けた傷が二人のことを思い出させる

(Tears are gonna fall, rolling in the deep) 
They keep me thinking that we almost had it all
  もう少しで全てを手に入れられたのに、と思わせる

(You're gonna wish you never had met me) 
The scars of your love, they leave me breathless
  あなたの愛が付けた傷跡、息苦しさの中に置き去りにされて

(Tears are gonna fall, rolling in the deep) 
I can't help feeling  私には そう思えてならない

We could have had it all  私たちは全てを手に入れることだって出来た
(You're gonna wish you never had met me) 

Rolling in the deep  深く 結ばれていたのに
(Tears are gonna fall, rolling in the deep) 

You had my heart inside of your hand あなたはその腕の中で私の心を手に入れた
(You're gonna wish you never had met me) 

And you played it, to the beat  そしてあなたはプレイ(演技)した、ビートに合わせて
(Tears are gonna fall, rolling in the deep) 


We could have had it all
  私たちは 全てを手に入れることだって出来た

Rolling in the deep
  深く 結ばれていたのに

You had my heart inside of your hand
  あなたはその腕の中で 私の心を手に入れた

But you played it, with a beating
  そしてあなたはプレイ(演技)した、ビートに合わせて


Throw your soul through every open door (woah)
  魂を投げ捨て、全ての開かれた扉をくぐり抜けて

Count your blessings to find what you look for (woah)
  あなたが捜して見つけた 幸運を数えてみるといい 

Turn my sorrow into treasured gold (woah)
  黄金のように大切にしてきた 私の心の中にある悲しみに目を向けて

You'll pay me back in kind and reap just what you sow (woah)
  あなたは同じやり方で仕返しをされる、それも自分のしたことの報いというもの

(You're gonna wish you never had met me)
We could have had it all  私たちは 全てを手に入れることだって出来た

(Tears are gonna fall, rolling in the deep)
We could have had it all  私たちは 全てを手に入れることだって出来た

(You're gonna wish you never had met me)
It all, it all, it all  全てを、全てを、全てを

(Tears are gonna fall, rolling in the deep)
We could have had it all  私たちは 全てを手に入れることだって出来た

(You're gonna wish you never had met me)
Rolling in the deep   深く 結ばれていたのに

(Tears are gonna fall, rolling in the deep) 
You had my heart inside of your hand あなたはその腕の中で私の心を手に入れた

(You're gonna wish you never had met me)
And you played it to the beat そしてあなたはプレイした、ビートに合わせて
(Tears are gonna fall, rolling in the deep) 

We could have had it all  私たちは 全てを手に入れることだって出来た
(You're gonna wish you never had met me) 

Rolling in the deep  深く つながっていたのに
(Tears are gonna fall, rolling in the deep) 

You had my heart inside of your hand あなたはその腕の中で私の心を手に入れた
(You're gonna wish you never had met me)
   (あなたは私と逢わなければ良かったと思ってる)


But you played it  でも、あなたは演じただけだった
You played it  あそんでいるだけだった
You played it  振舞っているだけだった
You played it to the beat.  ビートに乗せて プレイしているだけだった


【単語と述語】
fire start: 火が起こる、出火する。
reach a fever pitch: 異様に盛り上がる、非常に興奮する、熱狂が頂点に達する。
bring out: 1.連れ出す、持ち出す、外に出す。 2.明らかにする、浮き彫りにする。
finally: やっと、ようやく、ついに、最終的に。
crystal clear: 水晶の様に澄み切った、明瞭な、はっきりしている。
go ahead: 1.さあ、どうぞ。 どうぞおやりなさい。 2.どうぞお先に。 3、ご自由に。
sell out: 1.(物を)売りに出す、手放す。 2.(人を)裏切る、寝返る。
lay bare: 1.暴露する。 2.(企みを)暴く。 3.~を露(あらわ)にする。
 ※ "ship"(船)は、「露骨なヴァージョン」では"shit"(クソ)になっています。
"lay one's heart bare" で、「~の心の内をさらけだす」

see how: ~(の様子)を見る、見届ける。
leave with: ~と共に(~を胸に)去る。
underestimate: 侮(あなど)る、見くびる、甘く見る。
scars of..: ~の傷跡(複数形)。苦労の跡。
breathless: 1.息苦しい、息を切らした。 2.息を殺す、固唾を呑む。 3.息をつかせない。
I can't help feeling: そう思わずにはいられない。 どうしてもそう思えてならない。

have it all: 全てを手に入れる、望みを全て叶える、全てが思い通りになる。
roll deep: "be closely associated with .." (~と深く結びついている)というスラング(俗語)らしいです。
play it: 演奏する、演技する、プレイする、あそぶ。"Let's play it" だと、「鬼ごっこしよう」
to the beat: ビート(拍子)に合わせて。 "to beat" には「~を叩く」とか「~に打ち勝つ」という意味もあります。
blessing: 天の恵み、神の賜(たまもの)、恩恵、幸運。

treasured (like) gold: 黄金(のように)大切なもの。
pay back in: 1.お金を返す。 2.お返しをする、仕返しをする。
you reap what you sow: (自分で蒔いた種を自分で刈り取る)自業自得、自分で蒔いた種だろ、身から出た錆。

make someone burn: ~を怒らせる、カッとさせる。
depth of..: ~の深さ。
despair: 絶望、落胆、失望。
mine: この場合は「鉱山」とか「地下道」といったむさ苦しい場所。

テーマ : 洋楽歌詞対訳
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Sumi Haruo

Author:Sumi Haruo
昨年まで老母の介護をしていました。 古い記事へのコメントも大歓迎です。
※記事へのリンクは自由ですが、対訳はあくまでも私個人の解釈なので、訳詞の転載はお断りいたします。
訳詞を掲載したい場合は、記事へのリンクを貼るという形にして下さい。

全記事タイトル表示リンク

全記事タイトルを表示

カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
FC2カウンター
フリーエリア


累計: 検索エンジン登録
本日: SEO対策
昨日: メール配信

アクセスアップ

Mail Form:メールフォーム

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
電子書籍
Amazonから電子書籍を出版しました
QRコード
QR
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。