439. Speed of Love スピード・オブ・ラヴ

Speed of Love スピード・オブ・ラヴ : James Iha ジェームス・イハ

スマッシング・パンプキンズのギタリストだったジェームス・イハ14年ぶりのセカンド・アルバムから、この曲を選んでみました。

mp3 ダウンロードへ
Alubm : Look To The Sky
/ LOOK TO THE SKY(日本)

Released: March 2012 (Japan), September 2012 (US)
Written by: James Iha, Niclas Frisk
Produced by: James Iha & Nathan Larson
 ジェームス・イハ について:
James Iha 2012
 フリー百科事典『ウィキペディア』  

スマッシング・パンプキンズ在籍時に出したファースト・アルバムでは、パンプキンズの音から出来るだけ離れようとひたすらアコースティックなサウンドを奏でていたジェームス・イハでしたが、このセカンド・アルバムではエレクトリック・ギターやシンセサイザーなども取り入れて、かなりバラエティに富んだ内容となっています。
このセカンド・アルバムからはずっと以前に、"Till Next Tuesday"(「ティル・ネクスト・チューズデイ」:349回目)を取上げたことがありました。

このアルバムからは大ヒットした曲は無い代りに、全体に平均点以上の曲が並んでいるので、アルバムを通して聴くことができるし、どの曲を採り上げるかで結構悩みました。 
この曲の他に、"To Who Knows Where" も訳してみたのですが、PV(プロモーション・ビデオ)が曲の内容と関係がなく、あまり感心しなかったので僅差でこちらを撰びました。 朝の目覚し代りにタイマー・セットしてあるラジオから流れて来た、ということもありますが・・・(単純)

ジェームス・イハの書く歌詞は、"crashing" "flashing" "rushing" と似たような発音の言葉を並べて韻(いん)を踏んでいるので、とてもリズミカルで歌いやすいのですが、言葉の遊びみたいで意味の方は大したことありません。

このアルバムは日本版の出た半年後にアメリカ版が発売されていますが、曲の並び順が違っています。 国内版の方は "Waves" という曲の後に、そのノリのままこの曲のイントロが始まるという凝った作りになっていますが、アメリカ版の方はヒットしそうな曲が前半に並んでいるという感じです。 私は国内版の並びの方が好きですが・・・


James Iha – Vocals, Acoustic guitars, Electric guitars, Synthesizer
Niclas Frisk – Guitars on "Speed of Love"
Alexis Fleisig – Drums on "Speed of Love"
Adam Schlesinger – Bass on "Speed of Love"
 Neal Casal – Vocals on "Speed of Love"

Grooveshark で、Speed of Love 『スピード・オブ・ラヴ』を聴く: (3:34)

  ●歌詞と対訳●
[1]
In the night, there's danger in the air  夜は 危険な空気が漂っていて
Caution is in the wind  警告が 風の中にも感じられるけど
But me I don't care  でもぼくは 気にしてないさ
When you toll  きみが(警告を) 鳴らしてくれる時には
I'll be calling for you  きみに 電話しなくちゃ
Don't know what you are and what you could do
   きみの言いたいことや したいことは分からないけど

(Chorus)
But I'm traveling at the speed of love  でもぼくは 愛の速さで移動してるから
Sooner or later I'll be crashing  遅かれ早かれ クラッシュ(衝突)するだろう
But I don't know what I'm thinking of  自分の考えていることは 分からないけど
All the lights around me are flashing
  ぼくの周りの全ての明かりが フラッシュ(点滅)してる

[2]
In the night, don't know what I feel  夜は、 自分の気持ちが分からない
You say "Hold on",   「そのままで(電話を切らないで)」って、君は言うけど
 nothing is for real  本当のことなど 何も無いから
I feel a change and I'm calling for you 僕は変化を感じてるから君に電話するんだ
Don't know what you are and what you could do
   きみの言いたいことや したいことは分からないけど

(Chorus)
But I'm traveling at the speed of love  でもぼくは 愛の速さで移動してるから
Sooner or later I'll be crashing  遅かれ早かれ クラッシュ(衝突)するだろう
But I don't know what you're dreaming of  君が夢見てることは分からないけど
And all the lights around me are flashing  
   ぼくの周りの全ての明かりが フラッシュ(明滅)してる

And all the blood inside me is rushing
   ぼくの体内の血液が 体中をラッシュして(ほとばしって)る 
And all the cars outside are crashing
   外では あらゆる車が クラッシュ(衝突)してる

la la la la la la la la...

(Bridge)
Whatever you say is true  何と言われようと 本当のことさ
Well, I drifted in the shadows  そう、ぼくは暗がりの中を漂っているんだ
It gets so light with you  きみと一緒にいると とても明るくなるね

(間奏)

(Chorus)
But I'm traveling at the speed of love  でもぼくは 愛の速さで移動してるから
And all the lights around me are flashing  周りの全ての灯りが フラッシュしてる
Yes, we're traveling at the speed of love  そう、ぼくらは愛の速さで移動してるから
And sooner or later we'll be crashing  遅かれ早かれ ぼくらはクラッシュするだろう

Yes, we're traveling at the speed of love  そう、ぼくらは愛の速さで移動してるから
Sooner or later we'll be crashing  遅かれ早かれ ぼくらはクラッシュするだろう
Yes, we're traveling at the speed of love  そう、ぼくらは愛の速さで移動してるから

Traveling at the speed of love...   愛の速さで 旅をしているのさ・・・


in the night: 夜に、夜中に。
in the air: 1.空気の中に。 2.(気配、雰囲気が)漂っている。 3.宙に浮いている。
in the wind: 1.風の中に、風上に。 2.今にも起ころうとして。 3.(噂が)広まって。
I don't care: (私は)構わない。 気にしない。 どうでもいい。
toll: (鐘やベルを)繰り返し鳴らす。
call for you: きみに電話する。

(I) don't know what you are (doing, saying, talking..)
 : きみが(している、言ってる、話してる)ことが(ぼくには)分からない。
traveling: 旅をする、移動する、巡回する。
speed of love: 直訳すると「愛の速度」です。
sooner or later: 遅かれ早かれ、いつかは、いずれは。
crash: 衝突する、潰れる、砕ける、クラッシュする。
flash: 点滅する、閃(ひらめ)く、ピカッと光る、フラッシュする。

hold on: 1.(電話を切らずに)そのままで待つ。 2.持ちこたえる、踏ん張る、持続する。
nothing is..: ~など何も無い。
rush: 1.突進する、急ぐ。 2.殺到する。 "blood rushing" だと「血が駆け巡る」で、"crashing" 、 "rushing" と並べて韻を踏んでいる。
whatever you say: きみが何と言おうと、何と言われようと。

テーマ : 洋楽歌詞対訳
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Sumi Haruo

Author:Sumi Haruo
昨年まで老母の介護をしていました。 古い記事へのコメントも大歓迎です。
※記事へのリンクは自由ですが、対訳はあくまでも私個人の解釈なので、訳詞の転載はお断りいたします。
訳詞を掲載したい場合は、記事へのリンクを貼るという形にして下さい。

全記事タイトル表示リンク

全記事タイトルを表示

カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
FC2カウンター
フリーエリア


累計: 検索エンジン登録
本日: SEO対策
昨日: メール配信

アクセスアップ

Mail Form:メールフォーム

リンク
電子書籍
Amazonから電子書籍を出版しました
QRコード
QR
RSSリンクの表示