スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

434. Stick With Me Baby スティック・ウィズ・ミー・ベイビー

Stick With Me Baby スティック・ウィズ・ミー・ベイビー :
    Robert Plant (ロバート・プラント) & Alison Krauss (アリソン・クラウス)

元レッド・ツェッペリンのロバート・プラントと、カントリーのアリソン・クラウスという異色のデュエット・アルバムから、エヴァリー・ブラザースの歌をカヴァーしたこの曲を選んでみました。


Album : Raising Sand
  レイジング・サンド
(試聴可)
Released: October 23, 2007 (Album)
Written by: Melvin "Mel" Tillis
Produced by: T-Bone Burnett (Tボーン・バーネット)

Robert Plant (ロバート・プラント)
Robert Plant
 | Alison Krauss (アリソン・クラウス)
Alison Krauss

このアルバムからは以前、"Killing the Blues"(「キリング・ザ・ブルース」:331回目)を採り上げたことがありました。

アルバムの内容は古い曲のカヴァーが多く、第51回グラミー賞において "Album of the Year" (年間最優秀アルバム賞)を始め計5部門を受賞していますが、だからといって構えて聴く必要はなく、大人のアルバムとしてゆったりとした気分で楽しむことができます。


この曲は Mel Tillis の作曲で、1960年にエヴァリー・ブラザースが "A Date with the Everly Brothers" というアルバムの中で歌ったものですが、シングルにはなっていません。
年齢差が23歳と親子ほども離れた二人ですが、意外と息が合っているのですね。 もっとも今から50年以上も前の曲を選んでいるのは、ロバート・プラントの好みだと思いますが・・・


Robert Plant – vocals
Alison Krauss – vocals, fiddle

  Jay Bellerose – drums
  Dennis Crouch – acoustic bass
  Norman Blake – acoustic guitar
  T-Bone Burnett – acoustic and electric guitar, six-string bass guitar
  Greg Leisz – pedal steel guitar
  Marc Ribot – acoustic guitar, banjo, dobro, electric guitar
  Patrick Warren – Keyboards, pump organ, toy piano

Stick With Me Baby 『スティック・ウィズ・ミー・ベイビー』を聴く: (2:52)

  ●歌詞と対訳●


Everybody's been a-talkin'; they say our love wasn't real
  みんな その話で持ちきりさ; ぼくらの愛は本物じゃなかったって 

That it would soon be over; that's not the way that I feel
  だからすぐに終わってしまうだろうって; ぼくはそうは思わないけど

But I don't worry, honey; let them say what they may
  でも心配なんてしていない、ハニー; 言いたい奴らには言わせておけばいいんだ

Come on and stick with me, baby; we'll find a way
  おいで、ぼくのそばを離れないで、ベィビィ; ぼくらは何とか切り抜けられるさ

Yes, we'll find a way  そうさ、何とか手段を見つけ出せるさ

[Instrumental]

Everybody's been a-talkin'; yes, the news travels fast
  巷(ちまた)は その話で持ちきりさ;そう、うわさはすぐに広まるものだから

They said the fire would stop burnin', that the flame wouldn't last
  「火事はじきに治まるはず、炎はいつまでも続かないから」って、世間は言うけど

But I don't worry, honey; let them say what they may
  でもそんなこと気にしてないさ、ハニー; 言いたい奴らには言わせておけばいいんだ

Come on & stick with me, baby; we'll find a way
  おいで、ぼくにしっかり寄り添って、ベィビィ;ぼくらはなんとか切り抜けられるから

Yes, we'll find a way  そうさ、何か方法を見つけ出せるから

[Repeat & fade:]
Come on and stick with me, baby 
  そばにおいで、そして ぼくのそばを離れないで、ベィビィ

Come on and stick with me, baby ...
  そばにおいで、そして ぼくにピッタリと寄り添って、ベィビィ・・・



everybody's talking: みんな~の話で持ちきりだ。 世間では~が話題になってる。
would be over: 一巻の終わりだ。
that's the way I ..: 私は~と思います。 それが私のやり方です。
I don't worry: 私はそんなこと気にしてない、心配していない、問題にしてない。

let them say: (世間の)奴らには言わせておけ。
stick with: ~のそばを離れない、~とずっと一緒にいる。
find a way: 手段を見つける、切り抜ける、何とかする。
 "love will find a way" 愛が手段を見つけてくれる(愛に不可能はない)【ことわざ】

news travels fast: ニュース(うわさ)はすぐに広まる。
 "Bad news travels fast" 悪いうわさはすぐに広まる。
 "Good news travels fast" 良い知らせはすぐに伝わる。
 "Good news travels fast, but bad news travels faster"
良い知らせはすぐに伝わるが、悪い知らせはもっと速く伝わる。 【ことわざ】

テーマ : 洋楽歌詞対訳
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Sumi Haruo

Author:Sumi Haruo
昨年まで老母の介護をしていました。 古い記事へのコメントも大歓迎です。
※記事へのリンクは自由ですが、対訳はあくまでも私個人の解釈なので、訳詞の転載はお断りいたします。
訳詞を掲載したい場合は、記事へのリンクを貼るという形にして下さい。

全記事タイトル表示リンク

全記事タイトルを表示

カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
FC2カウンター
フリーエリア


累計: 検索エンジン登録
本日: SEO対策
昨日: メール配信

アクセスアップ

Mail Form:メールフォーム

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
電子書籍
Amazonから電子書籍を出版しました
QRコード
QR
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。