スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

433. Trip Around the Sun トリップ・アラウンド・ザ・サン

Trip Around the Sun トリップ・アラウンド・ザ・サン :
   Jimmy Buffett ジミー・バフェット feat. Martina Mcbride

ジミー・バフェット2004年のアルバムから、デュエットの相手にマルティナ・マクブライドを迎えたセカンド・シングルを採り上げてみました。 アメリカのカントリー部門で20位となっています。


Album : License to Chill
(Import) 
Released:July, 2004 (Album)
Written by: Al Anderson, S. Vaughn, S. Bruton
Produced by: Mac McAnally, Michael Utley
 Jimmy Buffettについて:
Jimmy Buffett
 /  Martina McBrideについて:
Martina McBride
 

この曲を含むアルバムは、アメリカのカントリー・チャートで1位となっただけでなく、一般のビルボード200でも1位となったヒット・アルバムですが、日本ではカントリーは人気が無いので国内版は販売されていません。
ジミー・バフェット自身もカントリー・シンガーとしてだけでなく、流行作家として、またレストラン・チェーンのオーナーとして長者番付にも載るくらい有名な人なのですが、日本ではほとんど知られていないと言っても良いでしょう。

アルバム・タイトルの "License to Chill" は、もちろん007 "License to Kill" (「消されたライセンス」)のもじりで、アメリカ版おやじギャグといったところでしょうか。
"Chill" には「冷える/冷やす」という意味の他に、米俗語として "Kill" と同じように「殺す」とか、「(頭を)冷やす」、「落ち着く/くつろぐ」、「(友達と)たむろする」など、色々な使い方があるようです。 このギャグは、ちょっと「さむい」ですけどね・・・

このアルバムは多くのシンガーを迎えたデュエット・アルバムのような形になっていて、この曲ではマルティナ・マクブライドがゲスト参加しています。
このブログでは、以前に『"Sea of Heartbreak" : 邦題「失恋の海」 (カヴァー):340回目』を採り上げたことがあり、ジョン・ハイアットの "Window On The World"(「ウィンドゥ・オン・ザ・ワールド」:304回目)でもカヴァー曲としてちょっと触れています(ギターはどちらもサニー・ランドレス)。

歌詞の方は、『誕生日に「ハッピー・バースディ」を歌って祝うより、これからの一年のことを考えよう』―という、ちょっと説教臭い内容になっていますが、マルティナ・マクブライドの美声を含め、明るめの曲調で演奏も良いので、割とスンナリ聴けてしまいます。


Bass Guitar – Glenn Worf
Drums – Roger Guth
Steel Drums – Robert Greenidge
Keyboards – Bill Payne, Michael Utley, Tony Brown
Guitar – Al Anderson, Jimmy Buffett, Mac McAnally, Sonny Landreth, Will Kimbrough

Trip Around the Sun 『トリップ・アラウンド・ザ・サン』を聴く: (3:19)

  ●歌詞と対訳●
[Jimmy:]
Hear 'em singing happy birthday
  みんなが「ハッピー・バースディ」を歌ってくれるのを聞くよりも

Better think about the wish I make
  自分がしたいと願うことを 考える方がずっといい

This year gone by
  これからの一年を過ごすのは

Ain't been a piece of cake.
  そんなに容易なことじゃないから

[Martina:]
Every day's a revolution
  毎日が 革命なの

Pull it together and it comes undone
  何かをまとめたり それを元に戻したりしながら

Just one more candle and a trip around the sun.
  もう一本多く蝋燭を立て 太陽の回りをもう一周りする

[Jimmy and Martina:]
I'm just hanging on while this old world keeps spinning
  この古い世界が回る間 私はしがみついてるだけ

And it's good to know it's out of my control.
  そして知るといい 世界は自分の思い通りにはならないことを

If there's one thing that I've learned from all this living
  私がこの人生から学んだことを 一つ挙げるとすれば

Is that it wouldn't change a thing if I let go
  もし諦めてしまったら 物事は何も変わらない、ってこと 


[Martina:]
No, you never see it coming,
  あなたは 願いが叶(かな)うのを見ることは決してなく、

Always wind up wondering where it went.
  いつもそれが去って行く理由を ずっと分からずにいるでしょう

[Jimmy:]
Only time will tell
  ただ 時間だけが教えてくれる

If it was time well spent.
  もし 上手に時間を使ったならば

It's another revelation,
  それは もう一つの革命なのだと

[Martina:]
Celebrating what I should have done
  自分がこれまでしてきたことを お祝いしよう

With these souvenirs of my trip around the sun.
  私が太陽の周りをめぐった間の 思い出の数々と共に

[Martina and Jimmy:]
I'm just hanging on while this old world keeps spinning
  この古い世界が回る間 私はしがみついてるだけ

And it's good to know it's out of my control.
  そして知るといい 世界は自分の思い通りにはならないことを

If there's one thing that I've learned from all this living
  私がこの人生から学んだことを 一つ挙げるなら

Is that it wouldn't change a thing if I let go.
  もし諦めてしまったら 物事は何も変わらない、ってこと

(間奏)

[Jimmy:]
Yes, I'll make a resolution
  そう、ぼくは決心したんだ

[Martina:]
That I'll never make another one.
  二度と同じ過ちは繰り返さない、と

[Jimmy and Martina:]
Just enjoy this ride on my trip around the sun.
  ただ楽しもう この太陽の周りをめぐる旅を

Just enjoy this ride
  ただ楽しめばいい この(星の)旅行を

On my trip around the sun...
  太陽の周りを めぐる(年を経る)ことを・・・

Trip around the sun.
  太陽の周りを 周回する(年を重ねる)ことを



※ 'em: them を略した形。
※ gone by: (時が)経つ。経過する。 
※ piece of cake: (ケーキ一切れを食べるように)簡単なこと。 容易(たやす)いこと。 朝飯前。
※ pull ~ together: 計画する、準備する。 用意する。 (考えなどを)まとめる。 片付ける。
※ come undone: ほどける、失敗する、破滅する。

※ one more candle: 「もう一本のキャンドル」。誕生日のケーキに立てる蝋燭を、もう一本増やすということ。
※ around the sun: (地球が)「太陽の周りを回る」。 一周すれば一年ということ。
※ (be) good to know: (知識として)知っておくと良い。
※ out of one's control: (人には)制御できない。 手に余る。 (人の)力の及ばない。
※ let go: 1.(つかんでいるものを)放す、自由にする。 2.捨てる、あきらめる。

※ wind up: 普通は「(ねじなどを)巻く」だが、「結局(最終的に)~になる」という使い方も。
※ souvenir: (フランス語の「思い出す」から) (思い出となるような)記念品。 みやげ。 忘れ形見。
※ make a resolution: 決心する。 約束事を決める。
※ never make another one: 直訳すると「決して(同じものを)もう一つ作らない」ですが、こんな風に訳してみました。
※ ride on: 「~に乗る」。この場合は『地球に「乗っかって」太陽の周りをめぐる』ということで、「年を経る」ということでしょう。

テーマ : 洋楽歌詞対訳
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Sumi Haruo

Author:Sumi Haruo
昨年まで老母の介護をしていました。 古い記事へのコメントも大歓迎です。
※記事へのリンクは自由ですが、対訳はあくまでも私個人の解釈なので、訳詞の転載はお断りいたします。
訳詞を掲載したい場合は、記事へのリンクを貼るという形にして下さい。

全記事タイトル表示リンク

全記事タイトルを表示

カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
FC2カウンター
フリーエリア


累計: 検索エンジン登録
本日: SEO対策
昨日: メール配信

アクセスアップ

Mail Form:メールフォーム

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
電子書籍
Amazonから電子書籍を出版しました
QRコード
QR
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。