スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

428. Hymn to Her ヒム・トゥ・ハー (聖歌)

Hymn to Her ヒム・トゥ・ハー (聖歌)  : The Pretenders プリテンダーズ

プリテンダーズ1986年の4thアルバムから、セカンド・シングルとなったこの曲を選んでみました。 本国イギリスで8位、オーストラリアで7位のヒットとなっています。


Hymn to Her
Album : Get Close
/ ゲット・クロース
/ mp3ストア(試聴可)
Released: November 1986 (Album)
Written by: Meg Keene (メグ・キーン)
Produced by: Bob Clearmountain, Jimmy Iovine
 プリテンダーズについて:
The Pretenders (1986)
 フリー百科事典『ウィキペディア』

二人のメンバーの相次ぐ死によって、サード・アルバムでは大幅なメンバー・チェンジを余儀なくされたプリテンダーズでしたが、この4作目ではドラマーのマーティン・チェンバースも抜け、オリジナル・メンバーはクリッシー・ハインドただ一人になってしまいました。

前作から参加したギタリストのロビー・マッキントッシュはそのまま継続していますが、この曲をレコーディングした頃は未だドラムとベースが決まっていなかったようで、公式発表のメンバーとは別のセッション・ミュージシャンが演奏しています。
YouTube のプロモーション・ビデオで演奏しているのは公式メンバーとなったT.M.スティーヴンス(B)とブレア・カニンガム(Dr)で、サポートのキーボード奏者はバーニー・ウォレルのようですが、おそらく形だけのものでしょう。

この曲を含むアルバムからはファースト・シングルとなった"Don't Get Me Wrong"(
「ドント・ゲット・ミー・ロング」:175回目)を採り上げたことがありますが、ポップでノリの良い曲でアメリカとイギリスで10位のヒットとなっています。

プリテンダーズというとクリッシー・ハインドのオリジナル曲が多いのですが、この曲はクリッシーのハイスクール時代の友人だったメグ・キーンという人が作曲しています。
"Hymn to Her" (直訳すると「彼女への賛歌」)と題されたこの曲は、歌詞が抽象的で分かりにくいのですが、クリッシー・ハインドへの賛歌のようにも聞こえます。  若い頃から彼女のことを良く知っている友人によって書かれたこの歌は、「今では母親となったクリッシーが、やがて年老いることがあっても好きな音楽の道を歩み続け、苦境を乗り越えていつまでも歌い続けて欲しい」―と願っているように思えます。  私はそんな風に解釈して訳してみました。


The Pretenders (1986 公式メンバー):
  Chrissie Hynde (クリッシー・ハインド) – vocals, rhythm guitar
  Robbie McIntosh (ロビー・マッキントッシュ) – guitars
  T. M. Stevens (T.M.スティーヴンス) – bass guitar
  Blair Cunningham (ブレア・カニンガム) – drums
    (Keyboards – Bernie Worrell)

Grooveshark で、"Hymn to Her" 『ヒム・トゥ・ハー (聖歌) 』を聴く: (4:59)

"Hymn To Her" (レコーディング・サポート・メンバー)
Bass – Chucho Merchan
Drums – Simon Phillips
Organ – Bruce Brody
Synthesizer – Pat Seymour, Tommy Mandel

  ●歌詞と対訳●
[1]
Let me inside you  私をあなたの中に 引き入れて
Into your room   あなたの (心の)部屋の中へと
I've heard it's lined  私は聞いたことがある、 そこには
With the things you don't show あなたが未だ見せたことのないものが並んでいる、と

Lay me beside you  あなたのそばで 眠らせて
Down on the floor  その床の上で
I've been your lover  私はずっと あなたの熱心なファンであり続けるから
From the womb to the tomb  生まれた日から 死ぬ時まで (ずっと)

I dress as your daughter  私は あなたの娘のような格好をしよう
When the moon becomes round  やがて月が満ちて (その時節が)来る時まで
You'll be my mother  (だから)あなたは 私の母親(のような存在)であって
When everything's gone  あらゆるものが 消えてしまう時まで

(Chorus)
She will always carry on  彼女はいつも 進み続ける
Somethin' is lost, somethin' is found  何かを失くし、何かを見つけながら
They will keep on speaking her name  人々は彼女の名を 語り続けるでしょう
Some things changed, some stay the same
  何かは変わることがあっても、 変わらずにいるものもあるのだから

[2]
Keep beckoning to me  私をずっと 誘(いざな)い続けて
From behind that closed door  閉ざされた 扉の向こう側から
The maiden, the mother  若い娘だった頃から、 (今では)母親となり
And the crone that's grown old  やがては年老いたお婆さんに(なっても)

I hear your voice  私には あなたの声が聞こえる
Coming out of that hole  その窮地から(※) 流れてくる(歌声が)
I listen to you  私はあなたの声に 耳を傾ける 
And I want some more  もう少し その声を聞かせて
I listen to you  あなたの声に 耳を傾けているの
And I want some more  そしてもっと その声が聞きたいの

(Chorus x2)
She will always carry on  彼女は常に 歩み続ける
Somethin' is lost, somethin' is found  何かを失くし、何かを見つけながら
They will keep on speaking her name  人々は彼女の名を 語り続けるでしょう
Some things changed, some stay the same
  変わるものもあれば、 ずっと変わらずにいるものもあるのだから

She will always carry on  彼女はいつも 進み続ける
Somethin' is lost, somethin' is found  何かを失くし、何かを見つけながら
They will keep on speaking her name  人々は彼女の名を 語り続けるでしょう
Some things changed, some stay the same
  あるものは変わることがあっても、 変わらずにいるものもあるのだから

(間奏)

[1] (繰り返し)
Let me inside you  私をあなたの中に 引き入れて
Into your room   あなたの (心の)部屋の中へと
I've heard it's lined  私は聞いたことがある、 そこには
With the things you don't show あなたが人に見せたことのないものが並んでいる、と

Lay me beside you  あなたのそばで 眠らせて
Down on the floor  その床の上で
I've been your lover  私はずっと あなたの熱烈なファンであり続けるから
From the womb to the tomb  生まれてから 死に至るまで (ずっと)

I dress as your daughter  私は あなたの娘のような格好をしよう
When the moon becomes round  やがて月が満ちて その時期が来るまで
You'll be my mother  (だから)あなたは 私の母親(のような存在)であって
When everything's gone  あらゆるものが 消えてしまう時まで

(Chorus x3)
She will always carry on  彼女は常に 歩み続ける
Somethin' is lost, somethin' is found  何かを失くし、何かを見つけながら
They will keep on speaking her name  人々は彼女の名を 語り続けるでしょう
Some things changed, some stay the same
  変わるものもあれば、 変わらずにいるものもあるのだから

She will always carry on  彼女はいつも 進み続ける
Somethin' is lost, somethin' is found  何かを失くし、何かを見つけながら
They will keep on speaking her name  人々は彼女の名を 語り続けるでしょう
Some things changed, some stay the same
  あるものは変わることがあっても、 変わらずにいるものもあるのだから

And she will always carry on  彼女は絶えず 歩み続ける
Somethin' is lost, somethin' is found  何かを失くし、何かを見つけながら
They will keep on speaking her name  人々は彼女の名を 語り続けるでしょう
Some things changed, some stay the same
  変わって行くものもあれば、ずっと変わらずにいるものもあるのだから



※ I have heard ..: ~について聞いたことがある。 
※ (be) lined with ..: 1.~がずらりと並ぶ。 2.~で裏打ちされている。
※ lay down on the floor: 床の上に横になる。
※ I have been..: 私はずっと~している、~し続けている。
※ lover: 1.恋人。 2.愛好家(者)。 "lover of music" で、「音楽愛好家」
※ womb: 1.子宮。 2.(生まれ育てる)成長の場。 3.安全な内部。
※ tomb: 1.墓(はか)。 2."the tomb" 【文】死。 ("womb" と並べて韻を踏んでいる)
 "from the womb to the tomb" で、「胎内から墓場まで」、「生まれてから死ぬまで」。

※ dress as ..: ~のような格好(服装)をする。 
※ carry on: 1.進み続ける。 2.続ける、継続する、続行する。
※ keep on: ~し続ける。 これも "carry on" と並べて韻を踏んでいます。
※ stay the same: 同じ状態のままでいる、現状維持を続ける。
 "The more things change, the more they stay the same." 「物事は変われば変わるほど、実は変わらないものだ」(ことわざ)
 
※ beckon(ing): 招く、誘う、手招きする。
※ maiden: 娘、少女、乙女、処女。
※ crone: (侮蔑的)シワだらけの醜い老婆。
※ coming out of ..: ~から出てくる。
 最近よく使われる "coming out" は、(同性愛者など)心の秘密を「公言する」こと。
※ hole: 1.穴。 2.(俗)穴ぐら(みたいな場所)。 3.窮地、苦境。
※ some more: もう少し、もうちょっと。

テーマ : 洋楽歌詞対訳
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Sumi Haruo

Author:Sumi Haruo
昨年まで老母の介護をしていました。 古い記事へのコメントも大歓迎です。
※記事へのリンクは自由ですが、対訳はあくまでも私個人の解釈なので、訳詞の転載はお断りいたします。
訳詞を掲載したい場合は、記事へのリンクを貼るという形にして下さい。

全記事タイトル表示リンク

全記事タイトルを表示

カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
FC2カウンター
フリーエリア


累計: 検索エンジン登録
本日: SEO対策
昨日: メール配信

アクセスアップ

Mail Form:メールフォーム

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
電子書籍
Amazonから電子書籍を出版しました
QRコード
QR
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。