426. Pretty Little Stranger プリティ・リトル・ストレンジャー

Pretty Little Stranger プリティ・リトル・ストレンジャー : Joan Osborne

ジョーン・オズボーン2006年のアルバムから、タイトル・トラックのこの曲を選んでみました。


Album : Pretty Little Stranger (Import)

Released: November 14, 2006 (Album)
Written by: Joan Osborne (ジョーン・オズボーン)
Produced by: Steve Buckingham
 ジョーン・オズボーン
Joan Osborne
 フリー百科事典『ウィキペディア』

1995年のファースト・アルバムでグラミー8部門にノミネートされ、注目のデビューを果たしたジョーン・オズボーンでしたが、その後は発表するアルバムごとに毎回レーベルを替え、これは4作目になります。 既にチャートを賑(にぎ)わすこともなくなり、このアルバムはアメリカのカントリー部門(?)で58位にランクされていますが、半分は彼女がかかわったオリジナル曲で構成されています。
カントリーやフォーク部門にジャンル分けされていますが、いかにもカントリーらしい曲といえば60年代の古い曲をカヴァーした7曲目の"Please Don't Tell Me How the Story Ends"くらいでしょうか。

この曲はアルバムのタイトル曲としてオープニングに収められています。 ジョーン・オズボーンというと自立した強い女性というイメージがありますが、この曲でも女性の方から目をつけた若い男にアタックするという内容となっています。いわゆる逆ナンパですね。
ヒット・チャートにはかすりもしませんでしたが、彼女の歌声が好きなので、時々こうして採り上げるようにしています。



Pretty Little Stranger 『プリティ・リトル・ストレンジャー』を聴く: (4:24)

  ●歌詞と対訳●

Think I'm getting over him
  (別れた)彼のことから もう立ち直れそう

The sap is risin' in the tree
  樹液が幹を かけ上がるように

The blood is runnin' in my heart
  私の心臓を 血が駆けめぐり

Brings desire back to me
  愛する欲求を また思い出させてくれる

I wonder who will the next fool be
  次に夢中になるのは 誰なのかしら


There is a Spanish boy who also rides the A train
 いつも同じA列車に乗ってる スペイン人の若者に

I want to tag him like a tiger
  虎(の尻尾)みたいな 目立つタグ(目印)を付けたいの

So I can track him as he moves around the city
  そうすれば街中どこにいても 彼を追跡できるから

So I can guard him like an angel
  そうすれば天使みたいに 彼を守ってあげられるから

I wonder who will the next fool be
  次に夢中になる人は 誰なのかしら

I wonder who will the next fool be
  この次夢中になるのは 誰なのかしら


I got no more tears to cry
  泣いて流す涙は もう嫌なの

I can see it in the sky
  見上げる空に その光景が見える

In a bedroom by and by
  ベッドルームまでは もう少し

I know it's comin'
  そうよ うまく行きそうなの

oh yeah,  ooh ooh  (間奏)

I wonder who will the next fool be
  次に夢中になる人は 誰なのかしら

I wonder who will the next fool be
  この次夢中になるのは 誰なのかしら


I go out to the bars where the hearts are full of scars
  傷だらけの心で バーへと出かけて行き

And I lay mine out in the neon light
  ネオンの灯りの中で 自分を疲れさせて

It's ragged and it's worn but it's about to be reborn
  ボロボロになるまで擦り切れるのは 生まれ変わろうとしているから

Honey, are you gonna take me home tonight?
  ねぇ、 私を家に連れて行きたくないの? こんな夜に


When I meet each man I know
  誰か 男の人と出会った時はいつも

I look him deeply in the eye
  私はその人の瞳の奥を じっと覗き込む

Will it be a sweet old friend
  その人が 親しい彼氏となる人なのか

Or a pretty little stranger passin' by?
  それとも見知らぬ好男子のまま すれ違うだけの人なのか、と

I wonder who will the next fool be
  次に夢中になる人は 誰なのかしら

I wonder who will the next fool be
  この次夢中になるのは 誰なのかしら

I wonder who will the next fool be
  次に夢中になる人は 誰なのかしら


I wonder who will the next fool be
  この次夢中になるのは 誰なのかしら

will the next fool be
  次に夢中になるのは

I wonder who will the next fool be
  この次夢中になるのは 誰なのかしら



※ get over: 乗り越える、克服する、打ち勝つ、立ち直る。
※ sap: 樹液。
※ bring back: 1.連れ戻す、呼び戻す。 2. 思い出させる。
※ tag: 1.タグ、付け札、値札。 2.(動物の尻尾の先端の)房。 毛の一房。

※ by and by: やがて、しばらくして、まもなく。
※ it's coming (along): 順調に行っている。 上手く行きつつある。
※ scar: 1.傷跡。 2.心の傷。

※ lay out:1.レイアウト(配置)する。 2.疲れさせる、ヘトヘトにする。
※ ragged: クタクタに疲れさせる。
※ warn: 擦り切れた、 疲れきった。
※ reborn: 生き返った、よみがえった、生まれ変わった。
※ look someone deeply in the eye: 人の目の奥をのぞき込む。  

テーマ : 洋楽歌詞対訳
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Sumi Haruo

Author:Sumi Haruo
昨年まで老母の介護をしていました。 古い記事へのコメントも大歓迎です。
※記事へのリンクは自由ですが、対訳はあくまでも私個人の解釈なので、訳詞の転載はお断りいたします。
訳詞を掲載したい場合は、記事へのリンクを貼るという形にして下さい。

全記事タイトル表示リンク

全記事タイトルを表示

カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
FC2カウンター
フリーエリア


累計: 検索エンジン登録
本日: SEO対策
昨日: メール配信

アクセスアップ

Mail Form:メールフォーム

リンク
電子書籍
Amazonから電子書籍を出版しました
QRコード
QR
RSSリンクの表示