36. Hungry Heart ハングリー・ハート 

Hungry Heart ハングリー・ハート : Bruce Springsteen ブルース・スプリングスティーン 


Hungry Heart
Alubm : The River
The River
  ザ・リバー
ザ・リバー

Released: 1980
Written by: Bruce Springsteen
Produced by: Bruce Springsteen , Jon Landau , Steve Van Zandt

ブルース・スプリングスティーンについて:
Bruce Springsteen
 フリー百科事典『ウィキペディア』  

 1980年の二枚組みアルバム「ザ・リバー」からのシングル・カットで、この曲はブルース・スプリングスティーンにとって初の全米トップ10に入った曲です(最高5位)。 アルバムの方も二枚組みのヴォリュームにもかかわらず、全米アルバムチャートで初の1位となりました。 

 この曲はラモーンズのために作った曲だそうですが、マネージャー(ジョン・ランドゥ)に聞かせたら「自分のためにとっておけ!」―と言われたとか。 最初はアルバムにも入れるつもりはなかったらしいのですが、メンバーたち(Eストリートバンド)が入れることを強く勧めたようです。 欲が無いというか、相当なのん気者ですね。

 アルバムのタイトル曲である「ザ・リバー」やこの曲は、わずか数分の間に短いドラマを観ているような構成になっています。 そこに描かれているのは男女間の厳しい現実であり、だからこそ多くの人の心をつかんだのでしょう。
 ブルース・スプリングスティーンはこの後「ボーン・イン・ザ・U.S.A.」が大ヒットしてしまい、かえってそれが足枷ともなってしまうのですが、この曲を歌っていた頃のブルースは確かに輝いて見えました。 もう今から30年くらい前の曲になります。

● Hungry Heart 「ハングリー・ハート」を聴く:
(※開くまでに時間がかかりますが、のんびりお待ち下さい。 しばらくすると、自動的に再生が始まります)

  ●歌詞と訳詩●

(Verse 1)
Got a wife and kids in Baltimore, Jack   ボルティモアに妻と子供たちがいる(※)
I went out for a ride   (ある日)車で出かけて
and I never went back   そして二度と戻らなかった
Like a river   河の流れのように
that don't know where it's flowing   どこを流れているのかも判らず
I took a wrong turn   俺は方向を間違えながらも
and I just kept going   ただ進み続けたんだ

(CHORUS)
Everybody's got a hungry heart   みんな飢えた心を持っている
Everybody's got a hungry heart   誰もが満たされない心を持っている
Lay down your money   自分の金を貯めて
and you play your part   自分の役割を演じてはいても
Everybody's got a hungry heart   みんな満たされない心を持っている

(Verse 2)
I met her in a Kingstown bar   彼女とはキングスタウンのバーで会った
We fell in love   俺たちは恋に落ちたが
I knew it had to end   俺はそれが終わるものだと知っていた
We took what we had   俺たちは 互いに持っていた物を出すと
and we ripped it apart   そしてそれを分けてから 別れたんだ
Now here I am down in Kingstown again   でも俺は またキングスタウンに戻って来た ※

(CHORUS)
Everybody's got a hungry heart   みんな飢えた心を持っている
Everybody's got a hungry heart   誰もが満たされない心を持っている
Lay down your money    自分の金を貯めて
and you play your part   自分の役割を演じてはいても
Everybody's got a hungry heart   みんな満たされない心を持っている

(間奏)

(Verse 3)
Everybody needs a place to rest   みんな 休める場所を求めている
Everybody wants to have a home   誰もが 家庭を持ちたがっている
Don't make no difference   大した違いはないさ (同じことさ)
what nobody says   名も無い人たちの言うことは  
Ain't nobody like to be alone   誰も一人ぼっちじゃ いたくないんだ

(CHORUS some 3-4 times)
Everybody's got a hungry heart   みんな飢えた心を持っている
Everybody's got a hungry heart   誰もが満たされない心を持っている
Lay down your money    自分の金を貯めて
and you play your part   自分の役割を演じてはいても
Everybody's got a hungry heart   誰もが 満たされない心を持っているんだ


※ 「Jack」 は「man」などと同じ男への呼びかけで、次の「back」と並べて韻を踏んでいる
※ down in : 「~くんだり」といったような、都会の人が田舎をさげすんで使う言葉
記事編集

テーマ : 洋楽歌詞対訳
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

「Across The Borderline」からの繋がりですが、当時のロンサム・カーボーイのシリーズ広告写真が、「The River」のジャケットの雰囲気に似てるなぁと思いまして。心なしかモデルも、スプリングスティーンのイメージです。例のコピーにも「ニューヨークでザ・リバーといえば河ではない。絶え間なく続くクルマの流れのことだ」というのがありました。これも偶然か?
ところで、佐野元春の「SOMEDAY」って、絶対「Hungry Heart」にインスパイアされてますよね!

「ロンサム・カーボーイ」や「スライド・エリア」のジャケット写真は「Mera Masaru」(目羅 勝)という日本人カメラマンが撮影していますが、ブルースのアルバム・ジャケットは別の人だったと思います。 ブルースの方は、寝起きみたいにサエない顔をわざわざジャケットに選んだそうですが・・・

「SOMEDAY」がこの曲と似ているという話は良く耳にしますが、私はどちらも好きなのでその話はやめておきます。 そうした話はご本人が聞いたら多分気を悪くすると思いますので・・
プロフィール

Sumi Haruo

Author:Sumi Haruo
昨年まで老母の介護をしていました。 古い記事へのコメントも大歓迎です。
※記事へのリンクは自由ですが、対訳はあくまでも私個人の解釈なので、訳詞の転載はお断りいたします。
訳詞を掲載したい場合は、記事へのリンクを貼るという形にして下さい。

全記事タイトル表示リンク

全記事タイトルを表示

カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
FC2カウンター
フリーエリア


累計: 検索エンジン登録
本日: SEO対策
昨日: メール配信

アクセスアップ

Mail Form:メールフォーム

リンク
電子書籍
Amazonから電子書籍を出版しました
QRコード
QR
RSSリンクの表示