422. Twin Cities ツイン・シティーズ

Twin Cities ツイン・シティーズ / Everything But The Girl 

エヴリシング・バット・ザ・ガール1991年のアルバムから、軽快なこの曲を選んでみました。


Album : Worldwide
  ワールドワイド
(紙ジャケット)
Released: October, 1991 (Album)
Written by: Ben Watt (ベン・ワット)
Produced by: Everything but the Girl
 エヴリシング・バット・ザ・ガール
Tracey Thorn & Ben Watt
 フリー百科事典『ウィキペディア』

この曲を含むアルバムからは、以前 "Old Friends"(「オールド・フレンズ」:307回目)を採り上げたことがありますが、この曲はその「オールド・フレンズ」とのカップリングでシングルになっています。 どちらもチャートでは100位以内にも入っていませんが、個人的にはどちらも好きな曲で「寂しさ」と「明るさ」といった好対照な組み合わせも気に入っています。 

この曲のタイトルの "Twin Cities" は、アメリカでは一般的に「ミネアポリス」と「セントポール」を合わせた「ミネアポリス・セントポール都市圏」を指します。
アメリカ最長のミシシッピ川が始まる「水の街」でもあり、その「双子の都市」とデュオである自分たちを重ね合わせているのでしょう。 アメリカに長いこと滞在しているうちに本国(イングランド)に戻ることを忘れてしまいそうになり、「そろそろ動き始めないと・・・」と思っているうちに、デトロイトでの暴動がキッカケで荷造りを始めた、という内容のようです。 

このアルバムが出る前年の1990年に、ベン・ワットが原因不明の難病にかかり一時活動を休止していたことがあるので、そうした病気からの復活の意味も込められているのでしょう。
ちょっと分かりにくい歌詞で何度かやりかけてそのままになっていたものを、今回はキチンと最後まで訳してみました。 「多分こんな感じだろう」という、あくまでも私個人の解釈ですが・・・


Tracey Thorn (トレイシー・ソーン) : Lead vocals
Ben Watt (ベン・ワット) : Acoustic Guitar, Drum Programming, Backing Vocals
  Geoff Gascoyne : Bass
  Martin Ditcham : Congas, Tambourine
  Ralph Salmins : Drums
  Peter Murray : Organ
  Damon "The Doctor" Butcher : Piano
  Pete Whyman : Tenor Saxophone
  James McMillan : Trumpet, Flugelhorn

Grooveshark で、Twin Cities 『ツイン・シティーズ』を聴く: (4:38)

  ●歌詞と対訳●
[1]
Now we're in twin cities
  私たちは今 ツイン・シティーズ(双子の都市)にいる

Where the Mississippi rises and then falls
  そこからミシシッピ(川)が始まり、すぐに(セント・アンソニー)滝となる

One is Minneapolis and the other no less famous is St. Paul’s
  一方はミネアポリス市、もう一方はそれと同じくらい有名なセントポール市

There are stray dogs on the highway
  そこでは野良犬たちが ハイウェイの上をたむろして  

And the local farmers moan about lack of rain
  地方の農家は 雨不足に喘(あえ)いでいる

When the winds blew last winter,
  去年の冬に 風が吹き荒れた時なんか、

I swear England had another hurricane, hurricane
  本当に、イングランドならハリケーンと同じくらいだった、 ハリケーンと

(Chorus 1)
And we are twin cities, and we are that river
  私たちは(たとえるなら)双子の都市で、 その川は私たち(みたいなもの)

From the standing still, we will be delivered
  この静止状態から、 私たちはまもなく動き始めるでしょう

[2]
Last time in New York was with Mandela and Madonna and The Mets
 この前ニューヨークにいた時は (ネルソン)マンデラとマドンナと(NY)メッツがいて

They're icons of an era where that's about as famous as it gets
  彼らはその時代の象徴として 同じくらい有名だから  

(That's what I call famous, babe)  (それが有名っていうものさ、ベイビィ)

I've seen cities full of ticker-tape,
  街中が(パレードで) テープや紙吹雪がいっぱい舞い散るのを見たものよ

and cotton-trains through Utah disappearing out of sight
  コットン(綿花)を積んだ列車は ユタ州を抜けて視界から消えて行くけど

But I'm standing in a city that's as pretty as an ocean in the night
  でも私は 夜の海のように美しいこの街で 立ち止まったまま

(Chorus 2)
And we are twin cities, and we are that ocean
  私たちは双子の都市で、 その海は私たち(みたいなもの)

From the standing still, we are set in motion
  この静止状態から、 私たちは動き始めるでしょう

(Bridge)
And no one calls me up to say   誰にも電話で こんなこと言わせない
“How long are you going to be away?”  「どのくらい そっちにいるつもり?」って
(Are you ever coming back?)  (ずっと戻って来ないつもり?)
Yeah yeah…
(Are you ever coming back?)  (ずっと帰って来ないのかい?)

No one calls me up to say   誰にも電話で こんなこと言わせない
“Don't let that life lead you astray” 「人生を踏み外すようなことをするな」って
(Don't forget to come back)  (帰って来るのを 忘れないで)
Yeah!
(Don't forget to come back)  (必ず 戻ってきてね)

(間奏)

[3]
They were rioting in Detroit on the night the Pistons won it back to back
 (NBAのデトロイト)ピストンズの勝利と連動し、デトロイトで夜に暴動が起きたので

I was out of there the next day,
  私は翌日に そこを出たの

and I only had just two bags to pack
  わずか二つのバッグをパック(荷造り)しただけで

(Chorus 1)
And we are twin cities, and we are one river
  私たちは二つの街、 そして私たちは一つの川

From the standing still, we will be delivered
  この静止状態から、 私たちはまもなく動き始めるでしょう

(Chorus 2)
And we are twin cities, and we are one ocean
  私たちは二つの街、 そして私たちは一つの海

From the standing still, we are set in motion
  この静止状態から、 私たちは始動するの

(以下、アドリブ)
Yeah
We are twin cities
We are one river
(We are twin cities)
One ocean

We are twin cities
(We are twin cities)
We are one river
Yeah
One ocean

We are twin cities
One ocean
We are ...



※ twin cities: アメリカではミネソタ州最大の都市ミネアポリス市と、ミネソタの州都で第二の都市セントポール市を合わせた「ミネアポリス・セントポール都市圏」を指すことが多い。 
※ Mississippi (River): ミシシッピ川。 アメリカで一番長い川で、ミネソタ州に始まり、南のメキシコ湾に注ぐ。
※ falls: この場合は「滝」のことで、ミシシッピ川唯一の滝が「セント・アンソニー滝」。その水力を利用して製材や製粉などが行われ、産業が発展した。 
※ no less: 同様に。 ~に劣らず。
※ stray dog: 野良犬。 "stray cat" なら「野良猫」。
※ moan: 1.うめく。 2.不満を言う。 3.嘆く。
※ lack of rain: 雨不足。
※ I swear: 本当に。 誓って。
※ another: 似たようなもの。
※ standing still: 静止状態。
※ be delivered: 配達される、発送される、届く。

※ last time: この前。 前回。 最後に。
※ icons of ..: ~の象徴。 アイコン。
※ era: 時代。 年代。
※ that's about it: そういったところだ。 まあ、そんなところだ。
※ as famous as: ~と同じくらい有名。
※ That's what ..: それが~というものだ。
※ ticker tape: (パレードで投げられる)紙テープや紙吹雪。
 "ticker tape parade" で「紙吹雪の舞うパレード」
※ out of sight: 見えないところに。
※ as pretty as: ~のように美しい。
※ set in motion: 運転する、発動する、動かす。 始動する。

※ call up: 電話する、電話で呼び出す。
※ How long are you going to .. ?: いつまで~しているつもり?
 "How long are we going to be away?" で「どれくらいそっちにいるつもり?」
※ lead someone astray: ~を道に迷わせる。 (人を)堕落させる。
※ Don't forget to ..: ~するのを忘れないで。
 "Don't forget to come back" だと、「必ず戻って来てね」

※ rioting: 1.暴動を起こす。 2.暴徒と化す。
※ back to back: 連動して、背中合わせに。 相次いで、連続して、次から次に。 

テーマ : 洋楽歌詞対訳
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Sumi Haruo

Author:Sumi Haruo
昨年まで老母の介護をしていました。 古い記事へのコメントも大歓迎です。
※記事へのリンクは自由ですが、対訳はあくまでも私個人の解釈なので、訳詞の転載はお断りいたします。
訳詞を掲載したい場合は、記事へのリンクを貼るという形にして下さい。

全記事タイトル表示リンク

全記事タイトルを表示

カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
FC2カウンター
フリーエリア


累計: 検索エンジン登録
本日: SEO対策
昨日: メール配信

アクセスアップ

Mail Form:メールフォーム

リンク
電子書籍
Amazonから電子書籍を出版しました
QRコード
QR
RSSリンクの表示