421. Farewell and Goodnight フェアウェル・アンド・グッドナイト

Farewell and Goodnight フェアウェル・アンド・グッドナイト : 
      The Smashing Pumpkins スマッシング・パンプキンズ

スマッシング・パンプキンズ1995年の二枚組アルバムから、アルバムの最後に収められていたこの曲を選んでみました。 メンバー4人それぞれの歌声を聴くことができます。


Album : Mellon Collie & the Infinite Sadness
  
メロンコリーそして終りのない悲しみ
(試聴可)
Released: October 1995 (Album)
Written by: Billy Corgan, James Iha
Produced by: A. Moulder, Flood, B. Corgan, J. Iha

  スマッシング・パンプキンズについて:
James, D'arcy, Billy & Jimmy
 フリー百科事典『ウィキペディア』

全米で一千万枚のセールスを記録したこのメガヒット・アルバムからは、以前に
"Tonight, Tonight"(「トゥナイト、トゥナイト」:380回目)、
"Thirty-Three"(「サーティ・スリー」:207回目)、
"1979"(「ナインティーン・セヴンティナイン」:22回目)を採り上げたことがありました。

この曲は二枚組アルバムを締めくくるものとして最後に収められていて、タイトルの"Farewell"(さようなら、ごきげんよう)からしてラストにふさわしい曲です。
ソング・ライティングにはギタリストのジェームス・イハも参加しており、彼らしい静かな曲調ですが、歌はメンバー4人が交互に歌っていて、普段は歌わないドラマーのジミーやベーシストのダーシーの声も聴くことができます。

ただ、歌詞が文章の途中で切り替わって訳しにくいので、歌う為の英文の歌詞と、意味を知るための対訳とを、今回は二つに分けておきました。
最初をいつものようにビリー・コーガンが歌い、次いでギタリストのジェームス・イハ、間奏の後でドラマーのジミー・チェンバレン、その後を紅一点のベーシストであるダーシー・レッキーが歌っています。 ちょっと地味な曲ですが、一日の終わりに聴くと良いかもしれません。


Billy Corgan (ビリー・コーガン) – lead vocals, lead guitar, piano
James Iha (ジェームス・イハ) – rhythm guitar; vocals
Jimmy Chamberlin (ジミー・チェンバレン) – drums, vocals
D'arcy Wretzky (ダーシー・レッキー) – bass guitar, vocals

Farewell and Goodnight 『フェアウェル・アンド・グッドナイト』を聴く: (4:23)

  ●歌詞と対訳●
 (※ 和訳は下にあります)
[Billy]
Goodnight, to every little hour that you
Sleep tight, may it hold you through the winter of a
Long night, and keep you from the loneliness of yourself

[James]
Heart strung, is your heart frayed and empty cause it's
Hard luck, when no one understands your love it's
Unsung, and I say

[Billy & James]
Goodnight, my love, to every hour in every day
Goodnight, always, to all that's pure that's in your heart

(間奏)

[Jimmy]
Goodnight, may your dreams be so happy and your
[D'arcy]
Head light, with the wishes of a sandman and a
[Jimmy]
Night light, be careful not to let the bedbugs
[D'arcy]
Sleep tight, nestled in your covers

[Jimmy & D'arcy]
The sun shines but I don't
A silver rain will wash away

[Pumpkins]
The sun shines but I don't
A silver rain will wash away

[Billy]
And you can tell, it's just as well
And you can tell, it's just as well

[Pumpkins]
Goodnight, my love, to every hour in every day
Goodnight, always to all that's pure that's in your heart


Goodnight, to every little hour that you sleep tight.
  おやすみ、ぐっすりと眠れる わずかな時間に

May it hold you through the winter of a long night,
  その眠りは長い冬の夜を 包み込んでくれるだろう

And keep you from the loneliness of yourself.
  そしてその寂しさから 守ってくれるだろう


Heart strung is your heart frayed and empty,
  張り詰めた心は その心が擦り切れたり 空しかったりするから   

Cause it's hard luck, when no one understands your love.
  それは不運だったり、誰もその愛情を分かってくれなかったりするから

It's unsung, and I say
  誰も称賛してくれないのなら、せめてこう言おう


Goodnight, my love, to every hour in every day.
  おやすみ、愛(いと)しい人、いつの時も、いつの日も

Goodnight, always, to all that's pure that's in your heart
  おやすみ、いつも、その心の中がピュア(純粋)であるように

(間奏)

Goodnight, may your dreams be so happy and your head light
  おやすみ、その夢が楽しいものであるように、そしてその目まいが

with the wishes of a sandman and a night light,
  睡魔と常夜灯の仕業(しわざ)でありますように、

Be careful not to let the bedbugs sleep tight, nestled in your covers.
  ぐっすりと眠りなさい、 毛布に優しく くるまれて

The sun shines but I don't,
  天気が好くても、自分には関係ないこと

A silver rain will wash away.
  銀色の雨が 洗い流してしまうだろう

The sun shines but I don't,
  良いことなんて、自分とは関係の無いこと

A silver rain will wash away.
  銀色の雨が 洗い流してしまうだろう


And you can tell, it's just as well.
  分かっているなら、 かえって好都合さ

And you can tell, it's just as well.
  それが分かっているなら、 むしろ好都合ってものさ


Goodnight, my love, to every hour in every day.
  おやすみ、愛しい人、いつの時も、いつの日も

Goodnight, always, to all that's pure that's in your heart.
    おやすみ、いつも、その心の中がピュア(純粋)でありますように



※ Farewell: さようなら、ごきげんよう。 比較的長い別れ際に交わす言葉。
※ Good night: おやすみ、お休みなさい。

※ sleep tight: 熟睡する、ぐっすり眠る。
※ strung: 1.string(弦、糸)の過去形。 2.糸(弦)を張った。
※ fray: 擦り切れる、ぼろぼろになる。 (神経を)すり減らす。
※ hard luck: 不運、不幸。
※ unsung: (詩歌に)うたわれていない。 (英雄として)称賛されない。

※ one's head (go) light: めまいがする、ふらつく。 
※ sandman: 睡魔、眠りの精。(おとぎ話で、子供の目に砂をかけて眠らせるという)
※ night light: 常夜灯。 前列の "head light" と掛けている。
※ bedbugs bite: 直訳すると「虱(シラミ)に喰われる」だが、
 "Sleep tight. Don't let the bedbugs bite." で、「ぐっすりお休み。(シラミや南京虫に噛まれませんように)」という決まり文句。

※ nestle in ..: ~にくるまって眠る。
※ the sun shines: 「日が照る」だが、「好機」や「良いこと」、「うまく行く」といった比喩(ひゆ)的な意味で使われる。
※ but I don't: 「だけど自分はそうじゃない」とか「自分とは関係ない」といった感じでしょうか。
※ wash away: 洗い流す、洗い落とす。
※ (as) you can tell: お分かりのように、お察しの通り。 見ての通り。
※ just as well: かえって好都合な。 丁度いい。 

テーマ : 洋楽歌詞対訳
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

No title

Ry CooderのMoney Honeyの和訳でこのブログを知ることができました。
メロンコリーは高校の頃によく聴いていました。現在大学生なのですが、レンタルビデオ店でバイトを始めてから洋楽を聴き漁る生活を送っていて、このブログで取り上げられている楽曲は知らないものばかりで、参考にしています。これからも愛読させて頂きます。

Re: No title

Ry Cooderの "Money Honey" はエルヴィス・プレスリーの古いカヴァー曲ですが、今時の若い方にはめずらしく渋い曲を聴かれているのですね。
高校生の時にパンプキンズを聴いていたということですが、それでは周りの人たちとの会話がかなりズレたものになっていたことでしょう。

このブログでは流行(はや)りのヒット曲は滅多にやらず、どちらかというと一昔前から二昔前くらいの古い曲、それも地味めの曲を採り上げることが多いので、若い方からコメントをいただくとは思っていませんでした。
でも、若い方たちにも少しは参考になっているのかと思うとやり甲斐もありますし、とてもうれしく思います。

コメント、どうもありがとうございました。
プロフィール

Sumi Haruo

Author:Sumi Haruo
昨年まで老母の介護をしていました。 古い記事へのコメントも大歓迎です。
※記事へのリンクは自由ですが、対訳はあくまでも私個人の解釈なので、訳詞の転載はお断りいたします。
訳詞を掲載したい場合は、記事へのリンクを貼るという形にして下さい。

全記事タイトル表示リンク

全記事タイトルを表示

カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
FC2カウンター
フリーエリア


累計: 検索エンジン登録
本日: SEO対策
昨日: メール配信

アクセスアップ

Mail Form:メールフォーム

リンク
電子書籍
Amazonから電子書籍を出版しました
QRコード
QR
RSSリンクの表示