407. Heartbreaker ハートブレイカー

Heartbreaker ハートブレイカー : Dionne Warwick ディオンヌ・ワーウィック

ディオンヌ・ワーウィック1982年のヒット曲で、イギリスを始め、アイルランド、ノルウェー、オーストラリアのシングル・チャートで2位、スウェーデンでは1位となりました。 
本国アメリカのキャッシュボックスでは15位止まりですが、ビルボードのアダルト・コンテンポラリー部門では1位となっています。


Heartbreaker
Album : Heartbreaker
  Definitive Collection

Released: September 1982 (Alubm: October 1982)
Written by: Barry Gibb, Robin Gibb, Maurice Gibb
Produced by: Barry Gibb, K. Richardson, A. Galuten
 ディオンヌ・ワーウィックについて:
Dionne Warwick
 フリー百科事典『ウィキペディア』

ディオンヌ・ワーウィックは以前 "That's What Friends Are For" (「愛のハーモニー」:180回目)で採り上げたことがありますが、あの曲はエルトン・ジョン、グラディス・ナイト、スティーヴィー・ワンダーといった豪華メンバーがゲスト参加していたので、個人名義の曲としてはこれが最初になります。

1960年代にはバート・バカラックの曲を歌うことで数々のヒットを飛ばしていたディオンヌ・ワーウィックでしたが、70年代に入ると1974年に"Then Came You" (with The Spinners) がヒットしたくらいで、しばらくは低迷期が続きます。
1979年にアリスタに移籍して最初のシングル "I'll Never Love This Way Again"(「涙の別れ道」)がヒットして、グラミーも受賞しました。

この曲はビージーズの バリー・ギブ と組んで作られたもので、久々のヒットとなっただけでなく、それまでのバカラック・サウンドのイメージとは違う新鮮な感じを受けたものです。
いささか世界の違う両者がどうしてタッグを組むことになったのか不思議でしたが、話によるとアリスタの社長がパーティでバリー・ギブと同席した時、ディオンヌ・ワーウィックのプロデュースを持ちかけたことで話がまとまったようです。

それまでの彼女のイメージを変える作品として私は結構好きなのですが、ディオンヌ・ワーウィック自身はあまり好きではなかったようです。 でもレコーディングしてみたらヒットしたという曲は結構あるもので、それに関する記事があったのでちょっと訳してみしょう。

Warwick admitted in The Billboard Book of Number One Adult Contemporary Hits by Wesley Hyatt that she was not fond of "Heartbreaker"
(ディオンヌ)ワーウィックは、ウェズリー・ハイアットの著書「No.1 アダルト・コンテンポラリー・ヒット」というビルボード・ブックの中で、「ハートブレイカー」が好きではなかったことを認めた。

(regarding the song's international popularity, she quipped, "I cried all the way to the bank"),
その曲が世界的な人気を博したことには敬意を表しながらも、彼女は皮肉を込めて、「私は儲かり過ぎて涙が止まらなかった」と言った。
 (※ "laugh all the way to the bank" 「儲かり過ぎて笑いが止まらない」のもじりで、直訳すれば「大笑いしながら銀行まで出かけて行く」ということ)

but recorded it because she trusted the Bee Gees' judgment that it would be a hit.
それでもその曲をレコーディングしたのは、「それはヒットするだろう」というビージーズの判断を信頼したからであった。

It turned out to be Dionne's most successful solo hit of the 1980s.
その曲はディオンヌの最も成功した1980年代のソロ・ヒットの一つとなったのである。

その後1985年に上述の"That's What Friends Are For" (「愛のハーモニー」がアメリカで1位となりましたが、彼女のソロ名義の曲ではありません。


Dionne Warwick - vocals
Barry Gibb - vocals, guitar, strings and horns arrangement
Albhy Galuten - piano, synthesizer, strings and horns arrangement
George Terry - guitar on "Heartbreaker"
George "Chocolate" Perry - bass
Steve Gadd - drums
Tim Renwick - guitar
Richard Tee - piano
George Bitzer - piano, synthesizer
Joe Lala - percussion

Grooveshark で、Heartbreaker 『ハートブレイカー』を聴く: (4:17)

  ●歌詞と対訳●

I got to say it and it's hard for me
  あなたにこんなこと言うのは つらいのだけど

You got me crying like I thought I would never be
  あなたにこんなに泣かされるなんて 思ってもみなかった

Love is believing, but you let me down
  愛は信じることなのに、その信頼を裏切ったのはあなただから

How can I love you when you ain't around
  あなたがそばにいないのに どうやってあなたを愛するの?


And I get to the morning and you never call
  朝になっても あなたからの電話は無い

Love should be everything or not at all
  愛は「全て」か、それとも「全く無し」であるべきよ

And it don't matter whatever you do
  あなたが何をしようと かまわないけど

I made a life out of loving you
  私はあなたを愛すること無しで 生きて行かなければ


Only to find any dream that I follow is dying
  私が追いかけて やっとつかんだ夢は、どれも消えかけている

I'm crying in the rain
  私は 雨に打たれて泣いているの

I could be searching my world for a love everlasting
  私は永遠の愛のために 自分の世界を捜すこともできたけど

Feeling no pain
  もう、痛みさえ感じなくなってしまった

When will we meet again
  いつになったら また逢えるのかしら 

(Chorus1)
Why do you have to be a heartbreaker
  どうして 私の心を苦しめなければならないの  

Is it a lesson that I never knew ?
  私の知らなかったことを 教えようとでもいうの?

Got to get out of the spell that I'm under
  あなたの魔力から抜け出そうと もがいている 

My love for you
  私の愛は あなたのものなのに

(Chorus2)
Why do you have to be a heartbreaker
  なぜ心を苦しめるようなことをするの

When I was being what you want me to be
  あなたが望むものに なろうとしていた時に

Suddenly, everything I ever wanted
  突然、 私の望んでいた全てのものが

Has passed me by ...
  目の前を すり抜けていった・・・

This world may end, not you and I
  たとえこの世界が終わろうと、 あなたと私は終わりはしない



My love is stronger than the universe
  私の愛は この全世界よりも強いけど

My soul is crying for you and that cannot be reversed
  あなたのために泣いている私の心が 元に戻ることはないでしょう

You made the rules and you could not see
  あなたは自分でルールを決めておきながら それに従おうともせず  

You made a life out of hurting me
  傷付いた私から逃れて 生活を築こうとした

Out of my mind,
  私は頭が おかしくなりそう ※  

I am held by the power of you love
  私はあなたの 愛の力に従ったのに ※

Tell me when do we try ?
  二人が共に力を合わせられるのは 一体いつになるの?

Or should we say goodbye
  それとも 「サヨナラ」を言うべきなのかしら

(Chorus2)
Why do you have to be a heartbreaker
  なぜ心を苦しめるようなことをするの

When I was being what you want me to be
  あなたが望むものに なろうとしていた時に

Suddenly, everything I ever wanted
  突然、 私の望んでいた全てのものが

Has passed me by ...
  目の前を すり抜けていった・・・

(間奏)

Ohhh...  (Chorus1)
Why do you have to be a heartbreaker
  どうして私の心を苦しめなければならないの  

Is it a lesson that I never knew ?
  私の知らなかったことを 教えようとでもいうの?

Suddenly, everything I ever wanted ...
  突然、 私の望んでいた全てのものが・・・ 

My love for you
  私の愛は あなたのものなのに

Ohhh...  (Chorus2)
Why do you have to be a heartbreaker
  なぜ心を苦しめるようなことをするの

When I was being what you want me to be
  あなたが望むものに なろうとしていた時に

Suddenly, everything I ever wanted
  突然、 私の望んでいた全てのものが

Has passed me by ...
  目の前を すり抜けてしまった・・・

Tell me,   ねえ、

Why do you have to be a heartbreaker ...
  どうして私の心を傷つけるようなことをするの・・・



※ got to: "have got to" を省略した形で、「~しなければならない」 
※ hard for me: ~するのはつらい、 ~するのが難しい。 
※ I thought I would: ~するだろうと思った。 
※ let down: 失望させる、期待を裏切る。 見捨てる、信頼に背く。
※ how can: どうして、どうすれば、どうやって。

※ get to: ~に達する。 ~の状態になる。
※ not at all: 全然、少しも~でない。
※ it do(es)n't matter: どうでもいい、~でも構わない。
※ whatever you do: (あなたが)何をしようとも。

※ make a life: 人生(生活)を築く。
※ out of: ~から離れて。 ~を失って。 ~から外へ。
※ only to find: ~したところで~に気付く。
※ dying: 死にかけている。 終わろうとしている。 消えかけている。
 (次の "crying" と並べて韻を踏んでいます)

※ heartbreaker: 胸が張り裂けるほど悲しい思いをさせる人。
※ get out of..: ~から抜け出す、 ~から逃げ出す、脱出する。
※ under the spell: ~の虜(とりこ)になる、~に魅せられる、~の魅力にとりつかれる。

※ the universe: 1.(人間を中心とした)全世界、全人類。 2.宇宙、万物。  
※ reverse: 1.反転、逆転。 2.(病気などが)回復する、~を脱却する、~に転じる。
※ make rule: ルール(規則)を作る。
※ out of one's mind: 頭がおかしい、気が狂って、正気でない。
※ hold by: 1.(人の意見に)従う。 2.(規則を)守る。 3、(考えなどに)固執する。

テーマ : 洋楽歌詞対訳
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Sumi Haruo

Author:Sumi Haruo
昨年まで老母の介護をしていました。 古い記事へのコメントも大歓迎です。
※記事へのリンクは自由ですが、対訳はあくまでも私個人の解釈なので、訳詞の転載はお断りいたします。
訳詞を掲載したい場合は、記事へのリンクを貼るという形にして下さい。

全記事タイトル表示リンク

全記事タイトルを表示

カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
FC2カウンター
フリーエリア


累計: 検索エンジン登録
本日: SEO対策
昨日: メール配信

アクセスアップ

Mail Form:メールフォーム

リンク
電子書籍
Amazonから電子書籍を出版しました
QRコード
QR
RSSリンクの表示