405. Perfect パーフェクト

Perfect パーフェクト : Fairground Attraction

フェアーグラウンド・アトラクション1988年のデビュー・アルバムに先がけてリリースされたファースト・シングルで、イギリスとオーストラリアのシングル・チャートで1位となりました。


Perfect
Album : First of a Million Kisses
  ファースト・キッス

Released: 31 March 1988, (Album: 1 May 1988)
Written by: Mark E. Nevin (マーク・E・ネヴィン)
Produced by: Fairground Attraction, Kevin Maloney
フェアーグラウンド・アトラクション
Fairground Attraction
 フリー百科事典『ウィキペディア』

テクノっぽい機械的な音の多かった80年代の終わり頃に、こうしたアコースティックなバンドが出てきたのはとても新鮮な気分でした。 もっとも翌年日本公演を行った後で、次のアルバムを作ることなく解散してしまいましたが・・・
この曲を含むアルバムからは、以前 "Find My Love" (「ファインド・マイ・ラヴ」:128回目)を採り上げたことがありました。

リード・ヴォーカルのエディ・リーダーは、下積み時代にアリソン・モイエのバック・ヴォーカルとして日本に来たことがあるそうです。 当時の日給15ポンド(約3,500円)ではホテルの食事は高くて食べられず、毎日マクドナルドのお世話になって、すっかり日本が嫌になってしまったとか・・・

そんなエディ・リーダーが、当時ニューオーリンズにいた友人のマーク・E・ネヴィンに電話して、「何か私に歌える曲を作って」―と言ったのがバンドの始まりだったそうで、やがてメンバーを集めて街頭などで歌い始めたようです。
グループ名の「フェアーグラウンド」は、英国では「移動式遊園地が開催される場所」、「アトラクション」はその「呼び物」ということで、アルバムの5曲目にそうしたタイトルの曲が収められていますから、そこから採られたのでしょう。



Eddi Reader (エディ・リーダー) - Lead vocals
Mark E. Nevin (マーク・E・ネヴィン) - Electric & acoustic guitars
Simon Edwards (サイモン・エドワーズ) - Guitarrón
Ray Dodds (ロイ・ドッズ) - Drums & percussion


Grooveshark で、Perfect 『パーフェクト』を聴く: (3:38)

  ●歌詞と対訳●

[1]
I don't want half hearted love affairs
  乗り気のしない恋なんて したくないの

I need someone who really cares
  私のことを 本気で思ってくれる人が必要なの

Life is too short to play silly games
  人生は、つまらないゲームをして過ごすには あまりに短かすぎるから

I've promised myself I won't do that again
  二度とそんなことはしないと 自分に誓ったの

(Chorus)
It's got to be perfect
  きっと(自分に)ふさわしい(恋をするの)

It's got to be worth it, (yeah)
  きっと、それだけの価値がある(恋を)

Too many people take second best
  多くの人たちは 二番目に良いものを手に入れて我慢してるけど

But I won't take anything less
  でも私は そんなものなら欲しくない 

It's got to be (yeah) perfect
  きっと自分にふさわしいものを 手に入れるの

[2]
Young hearts are foolish,
  若い人たちの心は 愚かで

they make such mistakes
  そうした過ちを 犯しがちなもの

They're much too eager to give their love away
  彼らは恋人に 絶えず多くのものを与えたがるし

Well, I have been foolish too many times
  そう、私だって何度も 愚かな真似をしてきたけど

Now I'm determined I'm gonna get it right
  今はそうしたことを正そうと 心に決めたの

(Chorus)
It's got to be perfect
  きっと 完璧にやってみせるわ

It's got to be worth it, (yeah)
  きっと それだけの値打ちがあることを

Too many people take second best
  大抵の人は 二番目のもので我慢してるけど

But I won't take anything less
  私は そんなものなら欲しくない

It's got to be (yeah) perfect
  きっと自分にふさわしいものを 手に入れてみせるから

(間奏)

Young hearts are foolish,
  若い人たちの心は 愚かで

they make such mistakes
  そうした過ちを 犯しがちだけど
They're much too eager to give their love away
  彼らは恋人に 絶えず多くのものを与えようとするし

Well I have been foolish too many times
  そう、私だって何度も 愚かな真似をしてきたけど

Now I'm determined I'm gonna get it right
  今はそうしたことを正そうと 決心したの

(Chorus)
It's got to be perfect
  きっと(自分に)ふさわしい(恋をするの)

It's got to be worth it, (yeah)
  きっと、それだけの価値がある(恋を)

Too many people take second best
  多くの人たちは二番目に良いもので我慢してるけど

But I won't take anything less
  でも私は そんなものなら欲しくない

It's got to be (yeah) perfect
  きっと自分にふさわしいものを 手に入れるの

It's got to be (yeah) worth it
  きっと それだけの値打ちがあることを

It's got to be perfect
  きっと 完璧にやってみせるわ



※ fairground: 1.(主に英国)移動式遊園地が開かれる場所。 2.(主に米国)催し物の開催場所。
※ attraction: (人を惹きつける)呼び物、魅力あるもの、アトラクション。

※ half-hearted: 気乗りしない、身が入らない、及び腰の。
※ love affair: 1.恋愛関係、情事。 2.夢中になる、熱中する、熱狂する。
※ really cares: 本当に好き、本当に気にかける、本気で気にする。
※ silly: 1.馬鹿げた、くだらない。 2.愚かな、分別がない。
※ promise: 約束する、誓う。

※ It's got to be ..: きっと~だ。
※ perfect: 1.完全な、非の打ち所がない。 2.ふさわしい、ぴったりの。
※ worth it: それだけの価値がある。
※ second best: 二番目に良いもの、二位の、次位の、次善の(策、人、物)
※ I won't take ..: ~なんてしたくない。
※ anything less: これくらい(のもの)、それくらい、こんなもの。 それ以外のもので(もっと~なもの)。

※ make mistake: 間違える、ミスをする、過ちを犯す。
※ much too: ~すぎる、 ~しすぎる。
※ eager: ~を切望する、 しきりに~したがる。
※ away: この場合は「絶え間なく」とか、「休みなく」
※ have been: ずっと(長いこと)~してきた。
※ many times: 何度も、何回も。
※ determine: 決心する。
※ get it right: 正しく理解する、キチンと決着をつける。
 

テーマ : 洋楽歌詞対訳
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Sumi Haruo

Author:Sumi Haruo
昨年まで老母の介護をしていました。 古い記事へのコメントも大歓迎です。
※記事へのリンクは自由ですが、対訳はあくまでも私個人の解釈なので、訳詞の転載はお断りいたします。
訳詞を掲載したい場合は、記事へのリンクを貼るという形にして下さい。

全記事タイトル表示リンク

全記事タイトルを表示

カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
FC2カウンター
フリーエリア


累計: 検索エンジン登録
本日: SEO対策
昨日: メール配信

アクセスアップ

Mail Form:メールフォーム

リンク
電子書籍
Amazonから電子書籍を出版しました
QRコード
QR
RSSリンクの表示