スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

403. Coming Around Again カミング・アラウンド・アゲイン

Coming Around Again カミング・アラウンド・アゲイン : Carly Simon

カーリー・サイモン1986年久々のヒット曲で、イギリスのシングル・チャートで10位、アイルランドで5位、本国アメリカのビルボードでも18位になりました。


Album : Coming Around Again
  Reflections

Released: October 1986
Written by: Carly Simon
Produced by: Russ Kunkell, Bill Payne, George Massenburg, Paul Samwell-Smith
      カーリー・サイモンについて:
Carly Simon
 フリー百科事典『ウィキペディア』

この曲は1986年の映画 "Heartburn" (邦題:「心みだれて」)で使われたものです。 メリル・ストリープ&ジャック・ニコルソンという豪華な顔合わせの割にはあまりヒットしなかったようで、実は私も未だ観ていません・・・

1970年代には "You're So Vain"(邦題:「うつろな愛」:43回目)を始めとして数々のヒットを飛ばしていたカーリー・サイモンですが、この曲は80年代に入って初のビッグ・ヒットとなっています。
ドラムスとプロデュースには、旦那さんのラス・カンケルの名前もクレジットされていますね。

この曲は、"sneezes", "pleases", "breezes" と似たような発音の言葉を並べて韻(いん)を踏んでいるのでリズミカルですが、歌詞としてはかえって意味が分かりにくいものとなっています。
タイトルの "Coming Around Again" は、直訳すると「グルッと回って、また元に戻る」くらいの感じですが、"come around" には「(風向きや意見が)変わる」とか、「仲直りする」といった意味もあります。
これは上手く行かなくなった夫婦の話ですから、「また元に戻って、仲直りしましょう」くらいの感じで訳してみました。



Carly Simon: Vocals, Backing Vocals, Keyboards
Russ Kunkel: Drums
Bill Payne: Keyboards
Scott Martin: Keyboards, Backing Vocals
  Terri Homberg, Paul Samwell-Smith: Backing Vocals

Coming Around Again 『カミング・アラウンド・アゲイン』を聴く: (3:35)

  ●歌詞と対訳●

Baby sneezes  ベビー(幼児)は クシャミをし
Mommy pleases  マミー(母親)は (その子を)あやして 
Daddy breezes in  ダディー(父親)は その話に割り込んで  

So good on paper  (書類上の)見かけは とても良い(夫婦で)
So romantic  とてもロマンティックそうでも
But so bewildering  実は とても混乱してる

I know nothing stays the same  同じ状態のままなんて 何も無いけど
But if you're willing to play the game もし(恋の)ゲームをする気があるなら
It's coming around again  もう一度 やり直しましょう

So don't mind if I fall apart だから私が駄目になっても 気にしないで
There's more room in a broken heart 傷付いた心にだって まだ余裕はあるから

You pay the grocer  グローサー(食料品店)で 代金を支払い
You fix the toaster   トースターを 修理して
You kiss the host goodbye その家のホスト(主人)に お別れのキスをする

Then you break a window  でもその後 窓ガラスを割ってしまい
Burn the souffl   スフレを焼いたら 焦がしてしまい
Scream a lullaby   悲鳴をあげながら 子守唄を絶叫する

I know nothing stays the same  同じ状態のままなんて 何も無いけど
But if you're willing to play the game もし(恋の)ゲームをする気があるなら
It's coming around again  また 仲直りすることができるでしょう

So don't mind if I fall apart だから私が駄目になっても 気にしないで
There's more room in a broken heart 傷付いた心にだって まだ余裕はあるから

And I believe in love  私は 愛を信じてる
But what else can I do?  他に出来ることって あるかしら?
I'm so in love with you  だから私は あなたと恋をするの

I know nothing stays the same  同じ状態のままなんて 何も無いけど
But if you're willing to play the game もし(恋の)ゲームをする気があるなら
It will be coming around again  また やり直せるでしょう

(Love)
Baby sneezes  ベビー(幼児)は クシャミをし
(I believe in love)
Mommy pleases  マミー(母親)は それをあやしつけ
(I believe in love)
Daddy breezes in  ダディー(父親)は話に割り込んでくる
(I believe in love)

(Love)
I know nothing stays the same  同じ状態のままなんて 何も無いけど
(I believe in love)
But if you're willing to play the game もし(恋の)ゲームをする気があるなら
(I believe in love)
It will be coming around again また 仲直りできるでしょう
(I believe in love)

(Love)
I do believe, I do believe 信じてる、私は信じてる
(I believe in love)
I believe in love  私は 愛を信じてる
(I believe in love)
I believe in love  私は 恋人を信じてる
(I believe in love)
Coming around again, もう一度 戻ってきて
Coming around again  また 仲直りしましょう 

(Love)
Nothing stays the same  同じ状態のままなんて 何も無いけど
(I believe in love)
But if you're willing to play the game もし(恋の)ゲームをする気があるなら
(I believe in love)
It will be coming around again   また やり直せるでしょう
(I believe in love)

I believe in love  私は 愛を信じてる
(Love, I believe in love)
I believe in love  私は 恋人を信じてる
(I believe in love)
And it's coming around again だから もう一度やり直しましょう
(I believe in love)

(Love, I believe in love)



※ sneeze: クシャミ(をする)。
※ please: (人を)喜ばせる、楽しませる、満足させる。
※ breeze in: (話に)割り込む。 不意にやってくる。 (米俗)楽勝。
 "breeze"(そよ風)は元々「口から風を吹く」といった感じで、"shoot the breeze" だと「おしゃべるする」とか「無駄口をたたく」。
このあたり、"sneezes", "pleases", "breezes" と似たような発音の言葉を並べて韻を踏んでいる。

※ on paper: 書類上は、名目上は。
※ bewilder: 混乱する、当惑する、戸惑う、途方にくれる。
※ stay the same: 同じ状態のまま、現状維持を続ける。
※ willing to..: ~する気がある、進んで~する、~するのを厭わない。
※ play the game: 1.ゲームをする。 2.(ルールを守って)正々堂々と戦う、公明正大に行動する。
※ come around: 1.ぐるっと回って来る。 2.(風向きや考えが)変わる。 3.機嫌をなおす。 4.(嫌いだったものが)好きになる。 5.仲直りする。

※ don't mind: ドンマイ。 気にしない。 構わない。
※ fall apart: バラバラになる。 ボロボロになる。 壊れる、崩れる、粉々になる。
※ more room: 余地、余裕。 ~できるスペース。
※ broken heart: 失意、失恋、傷ついた心。 ひびの入ったハートの形。

※ grocer: 食料品店。 "toaster" (トースター)と並べて韻を踏んでいる。
※ fix: 修理する。
※ host: (客を迎えて)もてなす人、その家の主人。 ホスト。
※ break a window: 窓ガラスを壊す、割る。
※ scream: 叫び声をあげる、 悲鳴をあげる、 絶叫する。
※ lullaby: 子守唄。 眠たくなるような歌。 気持ちを和らげる歌。(絶叫して歌うものではないはず) 
       

テーマ : 洋楽歌詞対訳
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

はじめまして。

眠れない夜に
思い出した calling you からこちらのブログに辿り着きました。
これからも続けてくださると嬉しいです。lou reedの歌詞なんかもやってらっしゃるのかな?あったらいいな〜

Re: はじめまして。

こんにちは。
新しく記事の更新をしても全然コメントの付かないブログではありますが、辞めない程度に週一回のペースでボチボチ続けています。

こうやってたまにコメントが付くと古い記事を開くことができるので、リンク切れの曲を修正することができました。

ルー・リードならずっと以前に「Walk on the Wild Side」(「ワイルド・サイドを歩け」:108回目)で採り上げたことがあります。
→ http://onemusic1.blog133.fc2.com/blog-entry-116.html

それからヴェルヴェット・アンダーグラウンド時代の曲で、「Sunday Morning」(「日曜の朝」:270回目)もやっています。
→ http://onemusic1.blog133.fc2.com/blog-entry-279.html

よかったら、聴いてみて下さい。 コメント、ありがとうございました。
プロフィール

Sumi Haruo

Author:Sumi Haruo
昨年まで老母の介護をしていました。 古い記事へのコメントも大歓迎です。
※記事へのリンクは自由ですが、対訳はあくまでも私個人の解釈なので、訳詞の転載はお断りいたします。
訳詞を掲載したい場合は、記事へのリンクを貼るという形にして下さい。

全記事タイトル表示リンク

全記事タイトルを表示

カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
FC2カウンター
フリーエリア


累計: 検索エンジン登録
本日: SEO対策
昨日: メール配信

アクセスアップ

Mail Form:メールフォーム

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
電子書籍
Amazonから電子書籍を出版しました
QRコード
QR
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。