398. Sweethearts Together スウィートハーツ・トゥゲザー

Sweethearts Together スウィートハーツ・トゥゲザー : The Rolling Stones

ローリング・ストーンズ1994年のアルバムから、フラーコ・ヒメネスのアコーディオンがいい味を出しているこの曲を選んでみました。


Album : Voodoo Lounge
  ヴードゥー・ラウンジ

Released: 11 July 1994 (Album)
Written by: Mick Jagger, Keith Richards.
Produced by:Don Was, Glimmer Twins (Mick & Keith)
 ローリング・ストーンズ について:
(L to R) Charlie, Keith, Mick, Ronnie
 フリー百科事典『ウィキペディア』

1993年にベーシストのビル・ワイマンが脱退し、ストーンズのオリジナル・メンバーは3人になってしまいました。 新たにヴァージン・レコードと契約を交わしてリリースされたのがこのアルバムで、ベースは以後ダリル・ジョーンズが担当していますが、正式メンバーにはなっていません。

このアルバムが出たのは20年前で、ミック、キース、チャーリーの3人は既に50歳を超えていました。 往年のパワーは望むべくも無く、ファースト・シングルとなったオープニングの "Love Is Strong" (ラヴ・イズ・ストロング)は本国イギリスでこそ14位でしたが、ドイツで40位、アメリカでは91位までしか上がらず、ヒットしなかった最初のシングルとなっています。

もっとも評論家からの評価は良かったようで、翌年のグラミー賞では「ベスト・ロックアルバム」を受賞しているようです。 15曲も入っているアルバムは通して聴くにはちょっとつらいところがありますが、好きな曲が何曲か入っているので当時はCDから編集したテープで聴いていました。

昔のストーンズには凝(こ)ったアルバム・ジャケットが多かったものですが、売る気の無さそうな変なジャケットに風変わりなアルバム・タイトルでは、ファンでなければ手にする気にはならないでしょう。
「ヴードゥー」というのはてっきりヴードゥー教のことかと思ったら野良猫の名前から採ったそうで、キースが付けたタイトルのようです。 記事があったのでちょっと訳してみると、
During the recording of the album, Richards adopted a stray cat in Barbados which he named Voodoo,
そのアルバムをレコーディングしていた間、(キース)リチャーズはバルバドスにいて彼が「ヴードゥー」と名づけた野良猫から(タイトルを)採ったそうだ、

because they were in Barbados, and the kitten had survived the odds.
というのも彼らはバルバドスにいて、その子猫はとても見込みの無さそうな状態を生き延びたからだという。

He dubbed the terrace of the house, Voodoo's Lounge.
彼はその家のテラスでダビングをした、ヴードゥーのラウンジ(居間、リビング)で。

この曲はシングルにはなっていませんが、割と好きな曲なので採り上げてみました。 アコーディオンで参加しているフラーコ・ヒメネスは、ライ・クーダーのアルバムではおなじみのミュージシャンです。
ライ・クーダーといえば1969年の「レット・イット・ブリード」の頃にストーンズのレコーディングに参加して、ギターのフレーズをパクられたという因縁があるのですが(キースは否定)、それから25年後にフラーコが参加するというのも不思議な感じがします。 
せっかく間奏のアコーディオンでいい感じに盛り上がっても、その後に入るキースの調子っ外れなギターには思わず笑ってしまいます。 例によって酒でも飲みながらプレイしていたのでしょうか?
 
このレコーディングにはジェリー・リー・ルイスも参加して数曲を録音したそうですが、アルバムには採用されなかったみたいでルイスが怒ったとか。 ストーンズの周辺には、そんな裏話が色々と転がっています。 何しろ問題児の元祖みたいな人たちですから・・・


Mick Jagger - Lead Vocals, Acoustic Guitar
Keith Richards - Backing Vocals, Electric Guitar, Acoustic Guitar
Charlie Watts - Drums
Ronnie Wood - Steel Guitar [Pedal & Lap]

Accordion – Flaco Jimenez
Bajo Sexto – Max Baca
Organ – Chuck Leavell
Percussion – Luis Jardim
Backing Vocals – Bernard Fowler, Ivan Neville, Keith, Mick

Sweethearts Together 『スウィートハーツ・トゥゲザー』を聴く: (4:46)

  ●歌詞と対訳●

Sweethearts together  恋人同士が 一緒になる
We've only just begun  俺たちは まだ始まったばかり
Sweethearts together  恋人同士 一緒にいよう
We'll take life as it comes  俺たちの人生は 成り行きにまかせて
Sweathearts forever  ずっと 恋人同士でいよう
Two hearts together as one  二つの心が解け合って 一つになる

Everybody needs someone  (人間)誰でも 他の誰かが必要なのさ
To tell their troubles to  悩みを打ち明けられる (相手が)
To share the pain and laughter  悩みや笑いを 分け合える(人が)  
In a world beset with fools  この世界は 馬鹿な奴らに悩まされるから
To help you with your ups and downs  浮き沈みの激しい時は 手助けが要る
Someone to heal your wounds  傷を癒してくれる 誰かが
So we're  だから 俺たち・・・

(Chorus)
Sweethearts together  恋人同士 一緒にいよう
When two hearts beat as one  二人の鼓動が 一つに重なる時
Sweethearts together  恋人同士 一緒にいよう
We've only just begun  俺たちは まだ始まったばかり
Sweethearts forever  ずっと 恋人同士でいよう
Two hearts together as one  二つの心が解け合って 一つになる
As one    一つになるのさ

Everyone so cynical   誰もが かなりひねくれた見かたをして
And says that love won't last  「愛なんて長続きしない」って言うけど
Think about your future  未来のことを 考えるようにして
Stop living in the past  過去に生きるのは やめにしなよ
Time's not standing still   時間は立ち止まっては くれないのだから
So stop looking through those tinted glasses 
  そんな色眼鏡を通してものを見るのは やめにしたらどうだい

(Chorus)
Sweathearts together  恋人同士 一緒にいよう
We've only just begun  俺たちは まだ始まったばかり
Sweathearts together  一緒にいられる 恋人同士
So glad I've found someone  そんな相手を見つけて すごくうれしいのさ
Sweethearts forever  ずっと 恋人同士でいよう
Two hearts together as one  二つの心が解け合って 一つになる
As one    一つになるのさ

(間奏) Flaco Jimenez (フラーコ・ヒメネス) – accordion 

But love is never easy  だけど 愛は一筋縄では行かないし
It's never silky smooth  シルク(絹)のように スムース(滑らか)でもない
There's always something tempting  そこにはいつも 心をそそる何かがあって
In the wilderness of youth  (まるで)若さという 荒野の中にいるみたいだけど
But I will stay right by your side  俺はお前の すぐそばにいるから
The truth will out, you'll realize 「真実はやがて明らかになる」って、分かるだろう
We're   俺たちは・・・

(Chorus)
Sweathearts together  恋人同士 一緒にいよう
We've only just begun  俺たちは まだ始まったばかり
Sweathearts together  一緒にいられる 恋人同士
So glad I've found someone  そんな相手を見つけて すごくうれしいのさ
Sweethearts forever  ずっと 恋人同士でいよう
Two hearts together as one  二つの心が解け合って 一つになる
As one    一つになるのさ

As one
As one ...



※ sweetheart: (やや古い表現)恋人、ボーイ(ガール)・フレンド。
※ take it as it comes: 人生を成り行きにまかせる。
※ beset with: ~に悩まされる。
※ up and down: 上がったり下がったり。 良かったり悪かったり。 浮き沈みが激しい。
※ heal a wound: 傷を治す(癒す)。

※ cynical: ひねくれた、小ばかにした。 皮肉な。
※ last: この場合は「長続きする」、「持続する」、「持ちこたえる」など。
※ live in the past: 過去(のこと)に生きる。
※ stand still: じっと立っている。 静止する、現状にとどまる。
※ tinted glasses: 色付き眼鏡。 "rose tinted glasses" だと「楽観的な考え」だが、"those tinted glass" (そんな色眼鏡)と似たような発音で少し表現を変えている。

※ so glad: すごくうれしい、本当にうれしい。
※ (be) never easy: 一筋縄では行かない。
※ silky smooth: (絹のように)滑らかな、しなやかな、スベスベの。
※ tempting: 心をそそる、魅力的な、誘惑的な。
※ in the wilderness: 荒野の中に。 孤立して。
※ by your side: きみのそばに、 あなたの隣に。"right" が付くと、「すぐそばに」。
※ The truth will out: 【諺】真実はいつか現れるもの。 事実は必ず明らかになる。
   

テーマ : 洋楽歌詞対訳
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Sumi Haruo

Author:Sumi Haruo
昨年まで老母の介護をしていました。 古い記事へのコメントも大歓迎です。
※記事へのリンクは自由ですが、対訳はあくまでも私個人の解釈なので、訳詞の転載はお断りいたします。
訳詞を掲載したい場合は、記事へのリンクを貼るという形にして下さい。

全記事タイトル表示リンク

全記事タイトルを表示

カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
FC2カウンター
フリーエリア


累計: 検索エンジン登録
本日: SEO対策
昨日: メール配信

アクセスアップ

Mail Form:メールフォーム

リンク
電子書籍
Amazonから電子書籍を出版しました
QRコード
QR
RSSリンクの表示