スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

365. Be Strong Now ビー・ストロング・ナウ

Be Strong Now ビー・ストロング・ナウ : James Iha ジェームス・イハ

スマッシング・パンプキンズのギタリスト、ジェームス・イハのファースト・ソロ・アルバムから、シングルになったこの曲を選んでみました。


Alubm : Let It Come Down
  レット・イット・カム・ダウン

Released: 10 February 1998
Written by: James Iha (ジェームス・イハ)
Produced by: Jim Scott (ジム・スコット), James Iha
 ジェームス・イハについて:
James Iha
 フリー百科事典『ウィキペディア』 

スマッシング・パンプキンズというと、同年にリリースされた "Adore" 「アドア」を除いては「爆音ギターに轟音ドラム」というイメージでしたが、この曲を含むソロ・アルバムはひたすらアコースティック・サウンドでまとめられています。
「パンプキンズでディストーション(歪み)を効かせたギターを弾いていると、もうそんなのは演(や)りたくなくなるんだよ」―というのが本人の弁ですが、パンプキンズで彼が歌っていた「Blew Away」(Pisces Iscariot)や「Take Me Down」(Mellon Collie & the Infinite Sadness)はこんな感じの静かな曲だから、自身が本当にやりたかったのはこうしたサウンドなのでしょう。

自宅の地下にあるスタジオでリラックスした雰囲気でレコーディングされたというこのアルバムですが、"Beauty" という曲でハーモニー・ヴォーカルを付けてもらった Nina Gordon (ニーナ・ゴードン)に何曲か聴いてもらったところ、『「悪気があって言うんじゃないけど、何かうちの両親が聴いていそうな音楽ね」って言われた(笑)』、とか。
詳しいインタビュー記事は、「日本版のオフィシャル・サイト」に掲載されています。

当時とても好きな女性(ひと)がいたそうで、この曲はその人に向けて歌っているようです。 壊れそうなくらいナイーブな人に「もっと強くならなきゃ」―と言いながら、その人を抱きしめてあげることができないシャイな自分がいる訳で、そんな弱気な自分に向けて歌っている様にも聴こえる曲です。


James Iha - vocals, acoustic and electric guitars
Neal Casal - harmony vocal, electric guitar
Greg Leisz - pedal steel, lap steel and electric guitars
Adam Schlesinger - piano
Solomon Snyder - bass
John Ginty - Hammond organ, piano
Matt Walker - drums, percussion
Curt Bisquera - percussion
Eric Remschneider - cello
James Sanders - violin

Grooveshark で Be Strong Now 『ビー・ストロング・ナウ』を聴く: (2:48)

  ●歌詞と対訳●

Little darling belle with such a fragile shell 壊れそうな殻に閉じこもった 可愛い人
In the powerful way that love seems to make her そんな彼女の恋に有効な手は
All regret it now   今そうして(閉じこもって)いることを 後悔させてあげること
And if she'd only say what's wrong- she can't go on
  もし彼女が「どこがいけないの?」とか 「もう、うんざり」としか言えないとしたら

You've got to be strong now  もっと強くならなきゃ
And if I come and hold you now  ぼくがそばに行って、きみを抱きしめてあげたなら
You'll be safe and sound   きみは安心できるはずなのに

Make a lonely face  そんなさびしそうな顔をしてるのを
That no one ever sees   これまで 誰も見たことがない
You see the things she believes  信じられるものを きみは見つけたはず
Since life is bittersweet and  人生がほろ苦いものと 分かってから
She'd open up to me   彼女はぼくに 心を開いてくれた
And it's the only thing she dreams  それは彼女が夢見た たった一つのもの
You've gotta believe   きみは(ぼくを) 信頼してくれしなきゃ

You've got to be strong now  きみはもっと強くならなきゃ
And if I come and hold you now  もしぼくがそばに行って、きみを抱きしめたら
You've got to be strong now  もっと強くならなきゃだめだよ
If I hold you now   もしぼくが きみを抱きしめたら
If I hold you now   もしぼくが きみを抱きしめたなら
If I hold you now...  ぼくが今 きみを抱きしめてあげたなら・・・

Ooh God, if I could change a thing tonight あぁ、今夜この状況を変えられるなら
We won't be lonely   ぼくらは 一人ぼっちじゃないはず
Ooh God, if I could change a thing  あぁ、 この状態を変えることができたなら
Why does it have to be this way  どうして こんな風になってしまうんだろう

You got to be strong now  きみはもっと強くならなきゃ
And if I come and hold you now  もしぼくがそばに行って、きみを抱きしめたら
You've got to be strong now  もっと強くならなきゃだめだよ
If I hold you now   もしぼくが きみを抱きしめたら
If I hold you now   ぼくが今 きみを抱きしめてあげたなら



little darling: かわいい(いとしい)人。
belle: 1.(仏語)美人。 2.女性の名。
fragile: 壊れやすい、もろい。 "Fragile"sticker:「割れ物」ステッカー。
shell: 1.殻、貝殻。 2.うわべ、外観。 "with(in) one's shell" 「自分の殻に閉じこもる」
powerful way: 有効な手段、効果的な方法。
seems to: ~みたいに見える、~のように思える。
regret: 1.後悔、心残り。 2.悲嘆、哀悼。

what's Wrong?:「どうかした?」、「何があったの?」、「何が問題?」、「何がいけないの?」
I can't go on: もう駄目、これ以上無理。 もう、うんざり。

you've got to: きみは~しなければならない、~しなきゃ。 "You've got to enjoy life" 「人生は楽しまなきゃ」
safe and sound: 無事に。 安全に。 異常なし。
open up: (人の)心を開く、心を打ち明ける、打ち解ける。
gotta = got to: ~しなければならない。 ~しなければ。

why does it..: どうして~となるのか。
this way: このように、こんな風に。

テーマ : 洋楽歌詞対訳
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Sumi Haruo

Author:Sumi Haruo
昨年まで老母の介護をしていました。 古い記事へのコメントも大歓迎です。
※記事へのリンクは自由ですが、対訳はあくまでも私個人の解釈なので、訳詞の転載はお断りいたします。
訳詞を掲載したい場合は、記事へのリンクを貼るという形にして下さい。

全記事タイトル表示リンク

全記事タイトルを表示

カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
FC2カウンター
フリーエリア


累計: 検索エンジン登録
本日: SEO対策
昨日: メール配信

アクセスアップ

Mail Form:メールフォーム

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
電子書籍
Amazonから電子書籍を出版しました
QRコード
QR
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。