362. My Heart マイ・ハート

My Heart マイ・ハート : The Perishers ペリシャーズ

スウェーデンの4人組バンド、ペリシャーズのセカンド・アルバムから、この曲を選んでみました。


Let There Be Morning
Alubm : Let There Be Morning (Import)
 
    レット・ゼア・ビー・モーニング

Released: 2003 (re-released 2005/2006)
Written by: The Perishers
Produced by: Henrik Oja, The Perishers

  The Perishers (ペリシャーズ)
Pehr (B), Ola (V & G), Martin (K), Thomas (D)
 フリー百科事典『Wikipedia』  

ペリシャーズのことを知ったのは、サラ・マクラクランとのデュエット曲「The Pills (Live)」でのことでした。 (このアルバムに収められているオリジナル・ヴァージョンでデュエットしているのは、 Sara Isaksson という人です)
アルバム1曲目の "Weekends" からラストのタイトル曲 "Let There Be Morning" まで粒揃いの佳曲が並んでいて、思ったより楽しめました。

彼らはスウェーデンのグループですが英語で歌っているし、変な癖が無いので発音も聴きやすいです。 英語を母国語としない人たちらしいシンプルな歌詞だから分かりやすいし、和訳もそんなに苦労しませんでした。 ソング・ライティングはヴォーカルとギターの Ola Klüft が中心となっているようですが、クレジットで4人の名義となっているのは争いごとを避けるためなのでしょう。

"The Perishers" (「嫌なやつら」の意)という名前は、英語のコミックから借用したとのことで、ちびっ子たちや犬が出てくるところは、スヌーピーが主役(?)の「ピーナッツ」と似てなくももありません。
このアルバムがリリースされたのは2003年ですが、この曲は2007年に "Saturn Aura" という車のコマーシャルで使われたそうです。 でもこれって、失恋ソングなのですけどね・・・


●The Perishers●
  Pehr Åström : Bass
  Ola Klüft : Vocals & Guitar
  Martin Gustafson : Keyboards, Backing vocals
  Thomas Hedlund : Drums
( Backing Vocals – Jonas Lundberg, Lina Höglund )

Grooveshark で My Heart 『マイ・ハート』を聴く: (3:30)

  ●歌詞と対訳●

It's my heart you're stealing  きみが盗んだ ぼくの心
It's my heart you take   きみが奪った ぼくの心
It's my heart you're dealing with  きみが売り払おうとする ぼくの心
And it's my heart you'll break  そして きみが引き裂こうとしている ぼくの心

It's my heart you're taking  きみが奪い去った ぼくの心
It's breaking bit by bit  少しずつ 傷をつけて
It's my heart you're dealing with そんなぼくの心を きみは売りに出しているけど
But you don't know about it  きみは自分のしていることが何も分かっていないんだ

If you'd feel like I feel  もしきみが ぼくと同じ様に感じられるなら
And if you'd know what I know  もしきみに ぼくの気持ちが理解できるなら
I don't think you'd ever play me  きみは決して ぼくをからかったりしないはず
I know you'd never play me   きみはぼく(の心)を もてあそんだりしないだろう

(以下繰り返し)

It's my heart you're stealing  きみが盗んだ ぼくの心
It's my heart you take   きみが奪った ぼくの心
It's my heart you're dealing with  きみが売り払おうとしている ぼくの心
And it's my heart you'll break  そして きみが引き裂こうとしている ぼくの心

If you'd feel like I feel  もしきみが ぼくの様に感じられるなら
And if you'd know what I know  もしきみが ぼくの気持ちを理解できるなら
I don't think you'd ever play me  きみは決して ぼくをからかったりしないはず
I know you'd never play me  きみはぼく(の心)を もてあそんだりしないだろう

I know you'd never play me   きみは決して ぼくをからかったりしないだろう
I know you'd never play me  きみはぼく(の心)を もてあそんだりしないだろう



deal with: 取引する、売買する。
bit by bit: 少しずつ、次第に、段々に。
play (with) someone: (人を)もてあそぶ、~をからかう。

テーマ : 洋楽歌詞対訳
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Sumi Haruo

Author:Sumi Haruo
昨年まで老母の介護をしていました。 古い記事へのコメントも大歓迎です。
※記事へのリンクは自由ですが、対訳はあくまでも私個人の解釈なので、訳詞の転載はお断りいたします。
訳詞を掲載したい場合は、記事へのリンクを貼るという形にして下さい。

全記事タイトル表示リンク

全記事タイトルを表示

カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
FC2カウンター
フリーエリア


累計: 検索エンジン登録
本日: SEO対策
昨日: メール配信

アクセスアップ

Mail Form:メールフォーム

リンク
電子書籍
Amazonから電子書籍を出版しました
QRコード
QR
RSSリンクの表示