345. Hold On ホールド・オン : Santana サンタナ

Hold On ホールド・オン : Santana サンタナ

 夏らしく、今回はサンタナの曲を選んでみました。 「ホールド・オン」という同名タイトルの曲は色々あって、以前にウィルソン・フィリップスの曲を採り上げたことがありますが、こちらは30年ほど前のヒット曲です。


Hold On
Alubm : Shango [Import]
  ベスト・オブ・サンタナ (試聴可)

Released: August 1982
Written by: Ian Thomas
Produced by: Bill Szymczyk, John Ryan, C. Santana, G. Rolie

  サンタナ (バンド)について:
Carlos Santana
 フリー百科事典『ウィキペディア』 

 この曲はカナダのシンガー・ソング・ライター兼・俳優のイアン・トーマスという人の作品で、この前年にリリースされた「The Runner」というアルバムからシングル・カットされ、カナダのシングル・チャートで28位になりました。 でも US HOT 100 にはかすりもしなかったから、サンタナによって有名になったと言って良いでしょう。

 サンタナの方は「Shango」というアルバムからのファースト・シングルで、U.S. Billboard Hot 100 のシングル・チャートで最高15位になっています。 サンタナというと、カルロス・サンタナのギターに強烈なパーカッションというイメージで、「キャラヴァンサライ」のようなインストゥルメンタル中心の作品も良いのですが、サンタナのギター・プレイに負けないヴォーカリストによる歌ものも楽しいものです。

 この曲を含むアルバムは、イーグルスのアルバムでおなじみのビル・シムジクがプロデュースに参加しているせいか、かなりポップで聴きやすいナンバーになっています。 「キャラヴァンサライ」でカルロス・サンタナと袂(たもと)を分かったグレッグ・ローリーが5曲目の "Nueva York" にオルガンで参加していて、プロデュースに名を連ねていることも話題の一つでしょうか。 何かとワンマン振りが伝えられる(カルロス)サンタナですが(ややこしい)、別れてもまた一緒にプレイしたくなる何かを持っているのでしょう。

 この歌詞はかなり抽象的な表現が多く、一読しただけでは意味が分かりにくいのですが、おそらくは「making love」(セックスする)時のあの高揚した気分を歌っているのでしょう。 愛し合う時の気持ちを「ホールド・オン」(つなぎとめる)して、記憶にしっかりと焼き付けておこう―ということのようで、私はそんな風に解釈して訳してみました。



  Carlos Santana - Lead guitar
  Alex Ligertwood - Lead vocal, Guitar
  Graham Lear - Drums
  David Margen - Bass
  Richard Baker - Keyboards
  Armando Peraza - Congas, Bongos


Hold On (Santana) 『ホールド・オン』を聴く: (4:24)

  ●歌詞と対訳●

Don't rush me just this once   今だけは 俺を急(せ)かさないでくれ ※
I wanna make this moment last  この瞬間(とき)を ずっと続けていたいんだ ※ 
Slow down the pace, there's no hurry  ペースをスローダウンして、急ぐことはないんだから ※
I can't let another pass me by again   もう二度と 逃(のが)したくないんだ ※
Let me be the one to say when I've had enough  この俺を 「もうこれで充分(満足)だ」って そう言える男にしてくれ ※

Just let me close my eyes, memorize  ただ俺の両目を閉じて、 脳裏に焼き付けよう
The way things are this minute   思うにそれは (今の)この時なのだから ※
So when you're gone I can go on  だってお前がいない時も 俺は何とかやっていかなければ ※
If memory can hold within it what I'm feeling  記憶に今の気持ちを 刻みつけておけるなら
Should time try fading or stealing something away 時が消し去ったり、何かを奪い去ったり (できない程に)

[CHORUS:]
Hold on, nothing's the same  つなぎとめるんだ、 今と同じ時など 何もないのだから ※
Tell me why I feel this way  俺の(今の)この気持ちは一体何なのか 教えてくれ ※
Life wouldn't be worth living without you  お前無しの生活なんて 何の値打ちもないから
All along I've been the pretender   最初からずっと 俺は気持ちを偽(いつわ)ってきたけど ※
But now that's gone forever  でも今はそれも はるか彼方に消えてしまった ※
Nobody's ever loved me like you do  お前みたいに俺を愛してくれた者は 誰もいなかったから
Nobody's broken through   (これまでに)誰一人 現れはしなかったから ※

(間奏) [Guitar Solo by Carlos Santana]

Got to concentrate, file away  気持ちを集中させて、(記憶に)とどめるんだ ※
Every last detail   細部に至るまで 一つ残らず全てを ※
Don't wanna lose what's going down  今ここで起っていることを 失いたくはない ※
I wanna remember everything I'm feeling  俺はこの気持ちの全てを 覚えていたいんだ
Should time try fading or stealing something away 時が消し去ったり、何かを奪い去ったり (できない様に)

[CHORUS:]
Hold on, nothing's the same  しっかりとつかまえるんだ、同じ時など二度とないのだから
Tell me why I feel this way   教えてくれ 俺のこの気持ちは一体何なのかを
Life wouldn't be worth living without you  お前のいない生活なんて 何の価値もないから
All along I've been the pretender  始めからずっと 俺は自分の態度を装(よそお)ってきたけど
But now that's gone forever, yeah  でも今じゃそんなもの どこかに消え去ってしまった
Nobody's ever loved me like you do  お前みたいに俺を愛してくれた者は 誰もいなかったから
Nobody's broken through   (これまでに)誰一人 現れはしなかったから

(Nobody's ever loved me like you, nobody's broken through)
(Nobody's ever loved me like you, nobody's ever loved me like you)

[CHORUS:]
Hold on, nothing's the same  つなぎとめるんだ、 今と同じ時など もうないのだから
Tell me why I feel this way  俺の(今の)この気持ちは一体何なのか 教えてくれ
Life wouldn't be worth living without you  お前無しの生活なんて 何の値打ちもないから
All along I've been the pretender   最初からずっと 俺は気持ちを偽(いつわ)ってきたけど
But now that's gone forever, yeah  でも今は それもはるか彼方に消えてしまった
Nobody's ever loved me like you do  お前みたいに俺を愛してくれた者は 誰もいなかったから

Hold on, nothing's the same  しっかりとつかまえるんだ、同じ時など もう二度とないのだから
Tell me why I feel this way   教えてくれ 俺のこの気持ちは一体何なのかを
Life wouldn't be worth living without you  お前のいない生活なんて 何の価値もないから

All along I've been the pretender  始めからずっと 俺は自分の態度を装ってきたけど
But now that's gone forever, yeah  でも今じゃそんなもの どこかに消え去ってしまった
Nobody's ever loved me like you do  お前みたいに俺を愛してくれた者は 誰もいなかったから



※ Don't rush me: 急かすな。 せかさないでくれ。
※ Just this once: 今度だけでいいから。 一度くらいなら。
※ wanna = want to: ~したい。
※ last: この場合は「続く」とか「持続する」
※ there's no hurry: 急ぐことはない。 いそぐ必要はない。
※ I can't let ... pass me by: ~を見逃すわけにはいかない、のがしたくない。
※ Let me be ... to say: (はっきりと、率直に)言わせてくれ、言わせてもらうけど。
※ I've had enough: もうたくさんだ。 もううんざりだ。 もういいってば。 いい加減にしろ。
※ the way...: 私が思うに、 私が考えるに。
※ go on: うまくやっていく、どうにかやっていく、やりくりする、暮していく。存続する、邁進する。

※ hold on: 1.持ちこたえる、踏ん張る。 2.しっかりつかまえる、固定する。 3.電話を切らずに待つ。
※ tell me why: 教えてくれ。
※ all along: 最初(始め)からずっと。
※ pretender: 1.ふりをする人。偽善者。 2.王位をねらう者。(不当な)要求者。
※ forever: 1.どこまでも、果てしなく。 2.絶えず、ずっと。 3.永遠に、永久に。
※ break through: 1.(隠れていたものが)現れる。 (太陽などが雲間から)現れる。 2.打ち破る。 3.切り抜ける。

※ got to: ~しなければ。
※ concentrate: 1.集中させる。専心させる。 2.強める。
※ file away: ファイルする。 しまい込む。
※ every last: 一つ残らず全て。 どれもこれも。 最後の~までも。
※ don't wanna(want to) lose: ~を失いたくない。
※ what's going down(?): 1.何が起ったの? 2.(米黒人俗語)調子どう?、最近どう?
   

テーマ : 洋楽歌詞対訳
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

真夏の夜

真夏の深夜、なジメージが湧いてきます。
夏の夜、都会の高速を走るのにも似合いそうです♪
(私は免許を持っていませんが(笑))
ギターももちろんカッコイイのですか、コンガ?でしたか?
打楽器が奏でる軽快なリズムもイイですね。
カッチョいいっ!曲を教えて頂き有難うございます。

Re: 真夏の夜

> 真夏の深夜、なイメージが湧いてきます。
サンタナというと私の中では夏のイメージです。

> ギターももちろんカッコイイのですか、コンガ?でしたか?
> 打楽器が奏でる軽快なリズムもイイですね。
サンタナの魅力はカルロス・サンタナのギター+強烈なパーカッション(打楽器)ということで、とてもリズミカルだから自然と体が動いてしまいます。

> カッチョいいっ!曲を教えて頂き有難うございます。
もう30年も前の曲ですが、初めて聴く方にとってはそれも新曲な訳で、古さを感じさせないのであれば何よりでした。
コメント、ありがとうございます。
プロフィール

Sumi Haruo

Author:Sumi Haruo
昨年まで老母の介護をしていました。 古い記事へのコメントも大歓迎です。
※記事へのリンクは自由ですが、対訳はあくまでも私個人の解釈なので、訳詞の転載はお断りいたします。
訳詞を掲載したい場合は、記事へのリンクを貼るという形にして下さい。

全記事タイトル表示リンク

全記事タイトルを表示

カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
FC2カウンター
フリーエリア


累計: 検索エンジン登録
本日: SEO対策
昨日: メール配信

アクセスアップ

Mail Form:メールフォーム

リンク
電子書籍
Amazonから電子書籍を出版しました
QRコード
QR
RSSリンクの表示