スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

332. I Wanna Be Adored アイ・ウォナ・ビー・アドアード

I Wanna Be Adored アイ・ウォナ・ビー・アドアード : The Stone Roses ザ・ストーン・ローゼズ

 ストーン・ローゼズのファースト・アルバムから、オープニングに収められているこの曲を選んでみました。 アルバム・ヴァージョンは静かに始まるイントロが徐々に盛り上がって来るのですが、歌が始まるまでに2分近くかかるので、シングル・ヴァージョンではラジオ向けにイントロの部分を詰めて短くしてあります。


Alubm : THE STONE ROSES
  ザ・ストーン・ローゼズ
(試聴可)
Released: September 1991 (Album: 1989)
Written by: Ian Brown, John Squire
Produced by: John Leckie

  ザ・ストーン・ローゼズについて:
(L to R) John(G), Reni(Dr), Ian(Vo), Mani(B)
 フリー百科事典『ウィキペディア』 

 ストーン・ローゼズはヴォーカルのイアン・ブラウンとギターのジョン・スクワイアが中心になって結成されたグループで、曲もこの二人が手がけています。 ’80年代の終わりに発表されたファースト・アルバムは当時のミュージック・シーンに多大な影響を与え、現在でも当時を振り返る時には必ず名前が上がります。

 もっともその後のレコード会社の移籍やそれに伴う裁判沙汰などでアルバムの製作は遅れに遅れ、5年以上経ってから発表されたセカンド・アルバムはあまり芳しい評価を受けず、その後メンバー間のゴタゴタなどもあって彼らは解散してしまいました。 実質的にはこのファースト・アルバムが彼らのベストであり、この作品によって彼らの名がロック史に刻まれたと言っても良いでしょう。 でも彼らについてはツベコベ言うより、まずは一曲でも聴いてみて下さい。

●"I Wanna Be Adored" シングル・ヴァージョンを聴く: (7" version 3:33)
 アルバムが発表されたのは1989年ですが、英国でシングルが発売されたのは1991年になってからで、英国のシングル・チャートで20位となっています。 ギターのジョン・スクワイアは painting (絵を描くこと、ペンキを塗ること)でも名前がクレジットされているので、ジャケットのペインティングも彼の手によるものと思われます。

 彼らは以前に所属していたレーベルが、彼らの意向を無視して勝手にミュージック・ビデオを作ったことに腹を立て、そのオフィスに乱入して青や白のペンキをぶちまけたことでも話題になりました。(翌日逮捕)
こんな感じで?
 アルバム・ヴァージョンの静かに始まるイントロが徐々に盛り上がって来るのも良いのですが、最初に聴くにはちょっと長いのですね。 先ずはイントロが短めのシングル・ヴァージョンをお聴かせしたかったのですが、残念ながら YouTube には見当たりませんでした。

 この曲は歌詞が実質5~6行くらいしかありません。 "I wanna be adored" (俺は礼賛されたいんだ)というフレーズをずっと繰り返しているだけです。 "adore" は辞書を引くと「崇(あが)める、崇拝する、礼賛(らいさん)する、敬愛する、心酔する」といった固い表現が出てきますが、口語では『愛する』とか『大好き』といった使い方にもなるので、「俺は愛されたいんだ」くらいの方が自然かもしれません。 要するに、無名の若者がロック・スターのような憧れの存在になりたいということなのでしょう。
 彼らはこのアルバムの成功によって有名になり、1990年5月に行われた野外コンサートは2万7千人を動員する伝説のライヴとなって、歌詞の内容は現実のものになりました。 もっともそれは、ごく短い間のことでしたけど・・・

The Stone Roses (ザ・ストーン・ローゼズ):
 Ian Brown (イアン・ブラウン) - Vocals
 John Squire (ジョン・スクワイア) - Guitars
 Mani (マニ) - Bass
 Reni (レニ) - Drums


※最初の40秒くらいはノイズしか聴こえませんが、故障ではありません。他の動画も長さは似たり寄ったりなので、その中で一番音質の良いものを選んでみました。

I Wanna Be Adored 『アイ・ウォナ・ビー・アドアード』を聴く: (12" version 4:46)
※音楽共有サイトのGrooveshark が突然寄付制になってしまったので、代わりに YouTube を貼っておきます。

  ●歌詞と対訳●

I don't have to sell my soul  俺は(悪魔に)魂を売らなくてもいいのさ
He's already in me   奴はすでに 俺の中にいるから
I don't need to sell my soul  俺は 自分の魂を売る必要なんてないのさ
He's already in me   奴はすでに 俺の中にいるから
I wanna be adored   俺は 崇拝されたいんだ
I wanna be adored   俺は 礼賛(らいさん)されたいんだ

I don't have to sell my soul  俺は(悪魔に)魂を売らなくてもいいのさ
He's already in me   奴はすでに 俺の中にいるから
I don't need to sell my soul  俺は 自分の魂を売る必要なんてないのさ
He's already in me   奴はすでに 俺の中にいるから
I wanna be adored   俺は 尊敬されたいんだ
I wanna be adored    俺は 敬愛されたいんだ

(間奏)
Adored   (熱愛される、敬愛される、思慕される、心酔される、礼賛される)

I wanna be adored   俺は 崇拝されたいんだ
You adore me   人は 俺を崇(あが)める
You adore me    人は 俺を尊敬するんだ
You adore me   あんたは 俺を礼賛するのさ
I wanna   俺は、
I wanna    俺はされたい、
I wanna be adored   俺は 崇拝されたいんだ
I wanna   俺は、
I wanna    俺はされたい、
I wanna be adored   俺は 誉めそやされたいのさ
I wanna   俺は、
I wanna    俺はされたい、
I wanna be adored   俺は 憧れの対象になりたいんだ
I wanna   俺は、
I wanna    俺はされたい、
I gotta be adored   俺は 愛されなくちゃならないんだ


I wanna be adored   俺は 人から愛されたいんだよ


 記事の編集

テーマ : 洋楽歌詞対訳
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

No title

更新有り難うございます。Groovesharkでちゃんと曲を聞く事が出来ました。

knmeik さん、こんにちは

Grooveshark は3月になって突然寄付金を払わないと音楽が聴けなくなってしまったので、仕方なくYouTube にリンクを貼り替えていたのですが、今日Grooveshark を開いたら普通に聴けるようになっていました。 
多分苦情が殺到したのではないかと思いますが、Grooveshark の方が音質がいいし、インターネット環境の悪いところでも聴けるので、こちらとしては有りがたい限りです。

無料でやって行くのでは経営が大変なことは分かるのですが、ウィキペディアみたいに寄付は自主性に任せるとした方がユーザーの理解は得られるでしょう。
ともかく、これで330曲を全てYouTube に貼り替えるということは(しばらく)しないでも済みそうです。
コメント、ありがとうございました。
プロフィール

Sumi Haruo

Author:Sumi Haruo
昨年まで老母の介護をしていました。 古い記事へのコメントも大歓迎です。
※記事へのリンクは自由ですが、対訳はあくまでも私個人の解釈なので、訳詞の転載はお断りいたします。
訳詞を掲載したい場合は、記事へのリンクを貼るという形にして下さい。

全記事タイトル表示リンク

全記事タイトルを表示

カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
FC2カウンター
フリーエリア


累計: 検索エンジン登録
本日: SEO対策
昨日: メール配信

アクセスアップ

Mail Form:メールフォーム

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
電子書籍
Amazonから電子書籍を出版しました
QRコード
QR
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。