スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

330. Wintersong ウインターソング

Wintersong ウインターソング : Sarah McLachlan サラ・マクラクラン

 12月らしく、クリスマスにちなんだ曲を選んでみました。 かなりせつない失恋ソングですが・・・ 


Alubm : Wintersong (Import)
  ウインターソング
(試聴可)
Released: October 17, 2006
Written by: Sarah McLachlan (サラ・マクラクラン)
Produced by: Pierre Marchand (ピエール・マルシャン)

  サラ・マクラクランについて:
Sarah McLachlan
 フリー百科事典『ウィキペディア』

 この曲を含むアルバムは主にクリスマス・ソングを集めたカヴァー集で、地元カナダのアルバム・チャートで1位、アメリカでも7位のヒット作となっています。 その中でもこの曲だけはサラ・マクラクランのオリジナルで、アルバムのタイトル曲でもありますが、シングルにはなっていません。

 このアルバムからは、ジョニ・ミッチェルのカヴァーである「リヴァー」(256回目)や、ジョン・レノンの「ハッピー・クリスマス」などががシングル・カットされています。 現在輸入版CDの方は、後から二曲が頭にプラスされた構成になっていました。 カナダの人らしくゴードン・ライトフットの曲も採り上げていますが、冬のこの時期にふさわしい一枚と言えるでしょう。
 サラ・マクラクランは "Angel" (エンジェル・31回目)でも採り上げているので、この歌声に惹かれた方は併せて聴いてみて下さい。

Sarah McLachlan (サラ・マクラクラン): Vocal, Piano



Grooveshark で、Wintersong 『ウインターソング』を聴く: (3:33)

  ●歌詞と対訳●

(The) lake is frozen over   湖は 凍りつき
(The) trees are white with snow   樹々は 雪で白くおおわれて
And all around   周りの あらゆるものに   
Reminders of you   あなたを思い出すの
Are everywhere I go   私が どこにいようとも


It's late and morning's in no hurry  急ぐことのない 遅く起きた朝でも
(But) sleep won't set me free   眠りも私を 解き放してはしてくれない ※
I lie awake and try to recall  横になったままで 思い出そうとしてみる
How your body felt beside me   あなたの体が そばにあった時のぬくもりを
When silence gets too hard to handle   静けさに耐えることが あまりにつらく
And the night too long    そして夜が とても長すぎる時に

And this is how I see you   それは どうしたら貴方に逢えるかということ
In the snow on Christmas morning   雪の降る クリスマスの朝に
Love and happiness surround you   愛と幸せが あなたをとりまいて
As you throw your arms up to the sky   あなたは両手を 空に向って差し伸べた
I keep this moment by and by   その思い出を ゆっくりとかみしめてみる ※   

Oh, I miss you now, ... my love   あなたがいないと寂しいの、 私の愛しい人
Merry Christmas,    メリー・クリスマス
Merry Christmas,     メリー・クリスマス
Merry Christmas, my love   クリスマスおめでとう、 私の愛する人 ※

Sense of joy fills the air   歓びの気持ちが あたりを満たし
And I daydream and I stare   空想にひたりながら 私は見つめる ※
Up at the tree and I see   木の上を、 そしてそこに見たの
Your star up there   その上に あなたの星があるのを

And this is how I see you   それは どうしたら貴方に逢えるかということ
In the snow on Christmas morning   雪の降る クリスマスの朝に
Love and happiness surround you   愛と幸せが あなたをとりまいて
As you throw your arms up to the sky   あなたは両手を 空に向って差し伸べた

I keep this moment by and by    私はその思い出を ゆっくりとかみしめているの


※ set free: 自由の身になる。 釈放される。
※ by and by: 1.ゆっくりと、徐々に、少しずつ。 2.やがて、まもなく、しばらくして。 
※ Merry Christmas: この場合は "I wish you a Merry Christmas." や "Merry Christmas to you!" (クリスマスおめでとう) を略した形と解釈しています。
※ daydream: 白昼夢、 白日夢、 空想。


 記事の編集

テーマ : 洋楽歌詞対訳
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

No title

この冬k.d.langの「 parallelhymns of the 49th」に聴き惚れてしまい、歌詞の和訳を探してこのサイトに流れ着きました。たくさんの歌詞の和訳が載っていて、英語を勉強中の私にはとても魅力的なブログです。 どれもすてきな対訳だなと思いました。ふだん、洋楽でもあまり歌詞に目を向けることはないのですが、このブログを読んでいると、「そういう風に訳すのかぁ」と歌詞を読むのが楽しくなってきました。  

少しずつだけど全部読んでみたいなと思います。 

なかなか進まない私の英語.....「やっぱり英語がわかるって楽しいなぁ」と再びおもえました。

ありがとう、ほんとに感謝です。

kuku さん、こんにちは

k.d.lang の "Hymns of the 49th Parallel" というと、以前に「ハレルヤ」のカヴァー曲を採り上げたことがありました。 そのアルバムは私も気に入って良く聴いていたので、このブログで紹介した次第です。
このサラ・マクラクランも同じカナダの人ですが、冬の、それもクリスマスの頃に聴きたい曲なので採り上げてみました。

私は英語が得意という訳ではなく、どちらかというと英語の勉強も兼ねて訳詞をしている内に、少しずつ英語が分かるようになってきたというところです。
洋楽は曲を聴いているだけでも楽しいのですが、歌詞の意味が分かると理解も深まるし、一緒に歌えるようになると更に楽しくなるので、コツコツと訳しているうちに330曲になりました。 
現在はしばらくブログをお休みしていますが、読んでくれている人がいるのなら、またボチボチ続けようかな・・・と思っています。

コメント、ありがとうございました。

No title

こんにちは、はじめまして。

今日はじめてここに辿り着いたのですが、ブログお休みされてしまうのですか。。
良い曲ばかり紹介されていて、素敵なブログですね。
全ての記事、じっくり読んでみます。

また新しく更新される事を、楽しみに待っていますね(o^-^o)

erina さん、こんにちは

昨年の暮れあたりから少し息切れしてきたのでしばらくお休みしていましたが、歌詞の対訳は自分のためにも続けていて、それが溜まってきたのでそろそろスポット的に更新しようかな・・・と考えていたところです。

ブログをやっていても全然反応が無いとやる気の出ないものですが、こうして少しでも読んでくれる方がいるのなら、もう少し続けてみようか――という気になっています。

コメント、ありがとうございました。
プロフィール

Sumi Haruo

Author:Sumi Haruo
昨年まで老母の介護をしていました。 古い記事へのコメントも大歓迎です。
※記事へのリンクは自由ですが、対訳はあくまでも私個人の解釈なので、訳詞の転載はお断りいたします。
訳詞を掲載したい場合は、記事へのリンクを貼るという形にして下さい。

全記事タイトル表示リンク

全記事タイトルを表示

カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
FC2カウンター
フリーエリア


累計: 検索エンジン登録
本日: SEO対策
昨日: メール配信

アクセスアップ

Mail Form:メールフォーム

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
電子書籍
Amazonから電子書籍を出版しました
QRコード
QR
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。