スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

316. Absolute Beginners ビギナーズ

Absolute Beginners ビギナーズ : David Bowie デビッド・ボウイ

 この曲は今から25年前に「ビギナーズ」という映画の主題歌として使われました。 デビッド・ボウイ自身も映画の中で「夢を売る男」として登場しています。 


Alubm : Absolute Beginners
  The Singles Collection

Released: March 1986
Written by: David Bowie (デビッド・ボウイ)
Produced by: David Bowie, Alan Winstanley, Clive Langer

  デビッド・ボウイについて:
David Bowie
 フリー百科事典『ウィキペディア』  


 これは1958年、ロンドンのソーホーを舞台とした映画で、シャーデーやレイ・デイヴィス(キンクス)といったミュージシャンたちも参加しています。 レイ・デイヴィスは主人公コリンの父親役として "Quiet Life" (クァイエット・ライフ)という曲を歌っていますが、映画自体は「アメリカン・グラフィティ」の英国版といった内容で他愛の無いものでした。

 映画で使われた音楽でも、音楽だけが一人歩きして映画の方は忘れられているということがありますが、これはどちらも忘れられているようで、久々に聴いてみたらあまりの懐かしさにウルウルしてしまいました。 デビッド・ボウイは特に好きということでもなく、この人のアルバムも持っていませんが、ライヴ映画を観に行ったりと、何となく気になる人ではあります。 そういえば、デビッド・ボウイ個人の曲を採り上げたのは今回が初めてですね・・・

Musicians:
David Bowie: vocals
Rick Wakeman: Piano
Kevin Armstrong: Guitar
Matthew Seligman: Bass
Neil Conti: Drums
Luis Jardim: percussion
Mac Gollehon: Trumpet
Steve Nieve: keyboards
Janet Armstrong: Backing vocals
Don Weller, Gary Barnacle, Paul Weimar, Willie Garnett, Andy MacKintosh, Gordon Murphy: Saxophone



Absolute Beginners 『ビギナーズ』を聴く: (5:37)
(※開くまでに時間がかかりますが、のんびりお待ち下さい。 しばらくすると、自動的に再生が始まります)

  ●歌詞と対訳●

I've nothing much to offer   こちらから差し出せるものなど 何も無く
There's nothing much to take   (相手から)受け取るものも 何一つ無い
I'm an absolute beginner   ぼくは まったくのビギナー(初心者)
But I'm absolutely sane   でも 絶対に正気だ ※

As long as we're together   ぼくらが 一緒にいられる限り ※
The rest can go to hell   他のことなんて どうにでもなれ、だ ※

I absolutely love you   ぼくは無条件に きみを愛しているけど
But we're absolute beginners   でもぼくらは 全くの(人生の)新参者
With eyes completely open   両の目を 大きく見開いてはいるけれど
But nervous all the same   それでもやっぱり 緊張しているんだ ※

(Chorus)
If our love song   もし ぼくらのラヴ・ソング(愛の歌)が
Could fly over mountains   山々を 飛び越えることができるなら
Could laugh at the ocean   大きな海原を 笑い飛ばすことができるなら
Just like the films   まるで映画の(シーンの)ように

There's no reason    理由なんて ありはしないんだ ※
To feel all the hard times   あらゆる困難な時期を 体験したり ※
To lay down the hard lines  (それを)苦労して 数行の詩に書き留めることに
It's absolutely true   それは疑いも無く 真実なのだから


Nothing much could happen   何ごとも 起こらず
Nothing we can't shake   ぼくらを揺らす出来事など 何も無い
Oh, we're absolute beginners   あゝ、 ぼくらは まったくの初心者で
With nothing much at stake   賭けるべきもの(名誉やプライド)も 何もない ※

As long as you're still smiling   きみがずっと 微笑んでくれている限り
There's nothing more I need    それ以上のものは 何も要らない

I absolutely love you   ぼくは全く無条件に きみを愛しているけど
But we're absolute beginners   でも ぼくらは全くの初心者
But if my love is your love  それでも ぼくの愛が(同じように) きみの愛でもあるなら
We're certain to succeed   ぼくらはきっと うまくやって行けるだろう

(Chorus)
If our love song   もし ぼくらのラヴ・ソング(愛の歌)が
Could fly over mountains   山々を 飛び越えることができるなら
Sail over heartaches   心痛(の海原)を 乗り越えることができるなら ※   
Just like the films   まるで 映画の(シーンの)ように

If there's reason   もしそれに 理由があるのなら
To feel all the hard times   あらゆる苦しい時期を 体験したり
To lay down the hard lines  苦労して数行の詩を書き留めることに (意味があるのなら)
It's absolutely true   それはきっと 真実のはずだから



※ absolutely: 完全に、全くの、確実に、絶対に、間違いなく、もちろん、無条件に。
※ as long as: ~する限り、~さえすれば、~であるならば。
※ go to hell:「地獄に落ちろ」、「くたばりやがれ」といった、下品な罵り言葉。
※ all the same: (それでも)やはり。 全く同じで。

※ There's no reason: ~する理由もない。 ~する必要が無い。
※ hard times: つらい時期、困難な時。 次の"lines" (詩の行)と並べて韻を踏んでいる。
※ at stake: 賭けられて。 危機に瀕して。
※ sail over: 海を航行する。 海を(船で)渡る。


 記事の編集

テーマ : 洋楽歌詞対訳
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

聞けません(泣)

ウル覚えな曲なので、
聞きたかったのですが、
聞けませんでしたぁ。残念。(泣)
youtubeへ後ほど飛びます(笑)

修正しました

Grooveshark へのリンクが切れていたので、URLを貼り直しておきました。
ついでにYouTube も貼っておきました。 お知らせしていただき、ありがとうございます。

パッパウ~ン

Sumiさま

jmcmyです
私はこの映画観たことがありませんが、ビデオクリップで観たことがあります
「青春の光と影」みたいなもんでしょうか
モッズが出てきたように記憶しています

主人公の彼女役だったと思うのですが、パッツイ―ケンジットが出ていたように思います 彼女可愛かったですね
オアシスのギャラガー兄弟のどちらかと結婚した記憶があります
もう別れたのかな

もうひとつ、DavidBowieが主題歌を歌っていたのですが、イメージとして彼の歌は何となく難解かなという先入観があったので、非常に意外な気がしたものです

Bowieはすっかり好々爺になってしまったみたいですね

Re: パッパウ~ン

この曲が好きなのと、デヴィッド・ボウイやレイ・デイビスが出ているということで映画も観ましたが、映画の方は大したことありませんでした。
当時でもあまり印象に残らなかったくらいだから、今観ても多分面白くないでしょう。

私の場合ミュージシャンに興味があって観に行ったので、主演の俳優たちについては名前も知らないし、良く覚えていません。 その程度の映画でした。
でも主題歌のこの曲はずっと耳に残っていて、今でもシングル・レコードを持っています。 レコード・プレイヤーが無いので聴けませんが・・・

レコード

Sumiさま

私もLPプレーヤーを手放してから20年以上、いつかプレーヤーを再購入する日が来ると信じて、LPやEPを大事にしていました
でも10年近く前の引っ越し時に「もうLPプレーヤーは購入することはないだろう」と思い、200枚近い洋楽中心のLPを、当時近所にあったレコードショップに売却しました

店のお姉さんからは「本当に手放して後悔しませんか?」と何度も念を押されました

無事に嫁いでいったのでしょうかと、娘をもつ父親のような気分になります
(実際に娘が3人います)

現在手元に残っているのは、LPが早川義夫のソロ1st

EPは国内版5枚と洋楽2枚 2枚の洋楽はThe Doorsの「Touch Me」とKate Bush「Babooshka」です


Re: レコード

レコードにも良さがありますが、CD の手軽さに慣れてしまうと段々と聴くのが面倒になるのも事実です。
PCに取り込んだ音楽を聴くようになってからは、CD でさえあまり聴かなくなりました。

レコードは中古のレコード屋に持っていっても二束三文の値段しか付かないので、アマゾンのマーケット・プレイスに商品のあるものは出品しています。
昨年の夏、「まだレコード・プレイヤーのあるうちに」―と何十枚ものレコードをPC に録音しましたが、その後一曲ずつに分けてノイズを除去したり、タイトルを入れたりとやっていたらえらく疲れました。

そのレコード・プレイヤーもカセット・デッキも昨年暮れで天寿を全うし、粗大ゴミとなって引き取られて行きましたが、音楽の方はデジタル化してあるのでいつでも気軽に聴けます。
マーケット・プレイスで売れたレコードでも、たまに購入された方から「よくぞ売って下さいました」といったメールが届くことがあるので、まだ役に立っているようです。

PCで音楽

Sumiさま

jmcmyです

PCで音楽を聴ける時代なんですよね
私は、もっぱらKate(ipodのこと)で音楽を聴いています

PCには曲を放り込んでいますが、音楽を聴くほど、スピーカーなどに金をかけておりません
Sumiさんは、この辺詳しそうですね

通勤の行き帰り、昼休みにはKateが必須です

Re: PCで音楽

PC に付属のスピーカーは「一応音が出る」といった程度で、音楽を鑑賞できるほどではありませんが、スピーカーを替えるだけでもかなり良い音で聴くことができます。
昨年PC用に3,500円でサブ・ウーファー付きのアクティブ・スピーカーを購入しましたが、それでも3万5千円のミニ・コンポよりずっと音が良いし、ヘッドフォンを使う機会も減りました。

PCオーディオに関しては『PCオーディオ入門編』というブログを新しく作りました。右サイドにリンクがはってありますので、興味があればのぞいてみて下さい。
プロフィール

Sumi Haruo

Author:Sumi Haruo
昨年まで老母の介護をしていました。 古い記事へのコメントも大歓迎です。
※記事へのリンクは自由ですが、対訳はあくまでも私個人の解釈なので、訳詞の転載はお断りいたします。
訳詞を掲載したい場合は、記事へのリンクを貼るという形にして下さい。

全記事タイトル表示リンク

全記事タイトルを表示

カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
FC2カウンター
フリーエリア


累計: 検索エンジン登録
本日: SEO対策
昨日: メール配信

アクセスアップ

Mail Form:メールフォーム

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
電子書籍
Amazonから電子書籍を出版しました
QRコード
QR
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。