スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

315. I Knew You Were Waiting 愛のおとずれ

I Knew You Were Waiting (For Me) 愛のおとずれ : 
     Aretha Franklin and George Michael アレサ・フランクリン & ジョージ・マイケル

 アレサ・フランクリンにジョージ・マイケルという異色の組み合わせによるデュエット曲ですが、アメリカのビルボード・ホット100やイギリスのシングル・チャートで1位となっただけでなく、オーストラリアやドイツ、アイルランドのチャートでも1位の大ヒットとなりました。 日本のラジオでも、それなりにかかっていたような気がします。


Alubm : Aretha (Import)
  グレイテスト・ヒッツ
(試聴可)
Released: January 30, 1987
Written by: Simon Climie, Dennis Morgan
Produced by: Narada Michael Walden (ナラダ・マイケル・ウォルデン)

  アレサ・フランクリンについて:
Aretha Franklin
 / ジョージ・マイケルについて:
George Michael
  

 この頃のアレサ・フランクリンは、ローリング・ストーンズのキース・リチャーズと組んで "Jumpin' Jack Flash" (ジャンピン・ジャック・フラッシュ)などをやっていて、良く言えば新しい試みを模索していた時期でした。 当時の雑誌に、「不良中年と迫力おばさまが組めば、世に怖いものなどありません」―と書かれていたことを思い出します。
 ジョージ・マイケルはアイドル・デュオの「ワム」を解消してソロ活動を始めた頃で、その年にリリースしたファースト・ソロ・アルバムと、同名タイトルのシングル「Faith」は共に大ヒットしました。

 この曲の歌詞は "River Deep Mountain High" (リヴァー・ディープ・マウンテン・ハイ)みたいだし(そういえば、まだやってない)、アレサ・フランクリンとジョージ・マイケルではまるで大人と子供の組み合わせみたいだし、往年のアリーサ・ファンにはあまり評判が良くありません。 でもアリーサにとっては1967年の "Respect" (リスペクト)以来のNo.1ヒットとなったし、売れずにくすぶっているよりも良いのではないでしょうか。
 この曲のヒットによって彼女を知らない人たちにもその歌声を知らしめることになったし、私は結構好きで良く聴いていた方で、実を言うと当時のシングルもまだ持っています。 アンプが無いので聴けませんが・・・

 この曲を含むアルバム "Aretha" には "Jumpin' Jack Flash" (ジャンピン・ジャック・フラッシュ) も入っていて(ギターはキース・リチャーズとロン・ウッドが弾いてます)、ウーピー・ゴールドバーグ主演の同名映画で使われていました。 アルバム・ジャケットは一目で故アンディ・ウォーホールのものだと分かりますが、どうやらこれが最後の作品となったようです。


I Knew You Were Waiting (For Me) 『愛のおとずれ』を聴く: (4:03)
(※開くまでに時間がかかりますが、のんびりお待ち下さい。 しばらくすると、自動的に再生が始まります)

  ●歌詞と対訳●

Like a warrior that fights   まるで戦場で戦う 兵士のように
And wins the battle    (恋の)戦いに勝って
I know the taste of victory   勝利の味を 知ったこともある   

Though I went through some nights   幾夜も過ごした (つらい)体験の中で
Consumed by the shadows   暗闇に 押し潰されそうになりながら ※   
I was crippled emotionally   心が くじけそうになったこともある ※

Somehow I made it through the heartache   何とかして 心の痛みを乗り越えた
Yes I did, I escaped   そうさ、 ぼくは逃れたんだ
I found my way out of the darkness   暗闇から 逃れる道を見出して
I kept my faith,    ぼくは信じた、
kept my faith    信じ続けたんだ

(Chorus)
When the river was deep   たとえ 河が深くても
I didn't falter   たじろぎはしない
When the mountain was high   どんなに 山が高くても
I still believed   ずっと信じ続けた
When the valley was low   たとえ 谷が深くても
It didn't stop me,    この歩みを止めることはできない
(no, no)
I knew you were waiting,   あなたが 待っているのを
Knew you were waiting for me   あなたが待っていてくれるのを 知っているから


With and endless desire   果てしない望みを抱(いだ)きながら
I, I kept on searching   ずっと 探し続けていた
Sure in time our eyes would meet   きっと私たちが互いに見詰め合う その時を

Like the bridge is on fire   まるで燃え上がる 橋のように
The hurt is over    この痛みも (その時)終わるでしょう
One touch and you set me free   あなたの手が触れるだけで 私を自由にしてくれるから

No,
I don't regret a single moment  そう、ぼくはこの瞬間(とき)を 後悔などしない
No I don't, looking back   そうさ、ぼくは振り返ったりなどしない
When I think of all those disappointments  これまでに 何度も失望したことも 
I just laugh,    今となっては笑い話、
I just laugh    ただの笑い話さ

(Chorus)
When the river was deep   たとえ 河が深くても
I didn't falter   たじろぎはしない
When the mountain was high   どんなに 山が高くても
I still believed   ずっと信じ続けた
When the valley was low   たとえ 谷が深くても
It didn't stop me,   この歩みを止めることはできない
I knew you were waiting,   あなたが 待っているのを
Knew you were waiting for me   あなたが待っていてくれるのを 知っているから

So we were drawn together through destiny  私たちは 運命によって引き寄せられた
(Oh, boy)
I know this love we share was meant to be  この愛は そうなる運命と知っていたから ※

(コーラス&アドリブ)
Knew you were waiting,   あなたが 待っているのを
Knew you were waiting,   あなたが待っているのを 知っているから
(I knew you were waiting)   あなたが待っていてくれる  
Knew you were waiting for me   あなたが待っていてくれるのを 知っているから

I didn't falter   たじろぎはしない
(I didn't fa-falter)
I still believed   ずっと信じ続けてきた
(When the valley was low)   たとえ 谷が深くても
It didn't stop me   この歩みを止めることはできない
(It can't stop me)
Knew you were waiting,   あなたが 待っているのを
Knew you were waiting for me   あなたが待っていてくれるのを 知っているから

I didn't falter   たじろぎはしない
(When the mountain was high)   どんなに 山が高くても
I still believed   ずっと信じ続けてきた
(When the valley was low)   たとえ 谷が深くても
It didn't stop me   私の歩みを止めることはできない
Knew you were waiting,   あなたが 待っているのを
Knew you were waiting for me   あなたが待っていてくれるのを 知っているから

I didn't falter
I still believed
It didn't stop me
Knew you were waiting...

(for me)

I didn't falter
(When the valley was low) 
I still believed
(I still believed)
It didn't stop me...


※ consumed by: ~に圧倒される、~に飲み込まれる。 ~の虜になる。
※ crippled: (俗)手足の不自由な人。 身体障害者。
※ emotionally: 精神的に、感情的に。 心の、精神の。
※ meant to be: そうなる運命、そうなるためにある。


 記事の編集

テーマ : 洋楽歌詞対訳
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんにちは。
この曲は初めて知りました!
軽い感じの曲ですがさすがにいい声ですね。
ジョージ・マイケルがサブにまわっているのはおもしろいし、サブでもアレサ・フランクリンを引き立てていて聴かせますね。
やっぱりうまい。ふたりとも。

三谷さん、こんにちは

この曲、欧米では大ヒットしているのですが、日本ではあまり馴染みがないかもしれません。 当時でも、たまにラジオでかかるくらいでしたから・・・

ジョージ・マイケルに比べるとアレサ・フランクリンの日本での知名度などたかが知れていますから、どちらかというとジョージ・マイケル目当てにレコードを買って、アリーサを知った人がいるかもしれません。

曲自体はたわいのない歌詞ですが、アリーサが歌うと何でも良く聴こえてしまいます。
プロフィール

Sumi Haruo

Author:Sumi Haruo
昨年まで老母の介護をしていました。 古い記事へのコメントも大歓迎です。
※記事へのリンクは自由ですが、対訳はあくまでも私個人の解釈なので、訳詞の転載はお断りいたします。
訳詞を掲載したい場合は、記事へのリンクを貼るという形にして下さい。

全記事タイトル表示リンク

全記事タイトルを表示

カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
FC2カウンター
フリーエリア


累計: 検索エンジン登録
本日: SEO対策
昨日: メール配信

アクセスアップ

Mail Form:メールフォーム

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
電子書籍
Amazonから電子書籍を出版しました
QRコード
QR
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。