スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

310. The Sound Of Someone You Love Who's Going Away And It Doesn't Matter

The Sound Of Someone You Love Who's Going Away And It Doesn't Matter きみの恋人が去っていく音がするけど たいしたことじゃないよ : 
            Penguin Cafe Orchestra ペンギン・カフェ・オーケストラ

 ペンギン・カフェ・オーケストラの音楽は説明するのが難しいので、まずは一曲聴いてみて下さい。 11分38秒と長い曲ですが、タイトルもそれに劣らず長いものになっています。 ラジオではめったに流れない(流せない?)曲の一つでしょう。


Alubm : Music from the Penguin Cafe (Import)
  
          ミュージック・フロム・ペンギン・カフェ
(試聴可)
Released: 1976 (Japan 1982)
Composed by: Simon Jeffes (サイモン・ジェフス)
Produced by: Simon Jeffes & Steve Nye (スティーヴ・ナイ)
  ペンギン・カフェ・オーケストラについて:
Penguin Cafe Orchestra
 フリー百科事典『ウィキペディア』 


Simon Jeffes  ペンギン・カフェ・オーケストラは、サイモン・ジェフスを中心にした音楽ユニットですが、曲によってメンバーが変わるようで、固定メンバーによるバンドではありません。

 この曲を含むファースト・アルバムは1976年のものですが、日本では1981年に セカンド・アルバム が先にリリースされ、その後でファースト・アルバムが出ていますから、日本で聴かれるようになったのは’80年代になってからのことです。 当時は一部の人たちの間で評判になっていましたが、今ではすっかり忘れられているようです。

 CD(コンパクト・ディスク)が登場したのは1981年ですが、当時はCDもCDプレイヤーも高値の花でしたから、ウチにあるのは当然レコードです。 A面には比較的短い曲が8曲、B面には長めの曲が3曲収録されていて、この曲はB面の始めに入っていました。
 きれいな曲ですが、7分前後から不協和音が聞こえ始め、せっかく作った曲を自らぶち壊しています。 それが恋人の去っていく音なのか、心のきしむ音なのかは聴く人それぞれが判断するとして、ちょっとひねくれたところがあるのもこのグループの特徴の一つでしょうか。 サンマ持って写真に納まる人もあまりいませんし・・・

 一連のアルバム・ジャケットで、ちょっと変わった絵を描いていたのは Emily Young (エミリー・ヤング)という人で、曲によってはコーラスで参加しています。 サイモン・ジェフスは一時期、日本の京都で暮していたこともあるそうですが、1997年脳腫瘍により他界してしまいました。(享年48歳)

Penguin Cafe Quartet:
  Simon Jeffes : Guitar, Bass, Ukelele, Quatro, Spinet, Electric piano
  Helen Leibmann : Cello
  Gavyn Wright : Violin , Viola
  Steve Nye : Electric Piano, Mixing

The Sound Of Someone You Love Who's Going Away And It Doesn't Matter 『きみの恋人が去っていく音がするけど たいしたことじゃないよ』を聴く: (11:38)
(※開くまでに時間がかかりますが、のんびりお待ち下さい。 しばらくすると、自動的に再生が始まります)

 記事の編集

テーマ : 洋楽
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

No title

お久しぶりです。
なかなか、絡める話題が来なくて……ペンギン・カフェ・オーケストラは好きで、よくクルマの中で流しています。
なんともいえず変な気分になってくる感覚。
運転にはまずいのかもしれませんが、あの高揚しつつ落ち込んでいくような感覚がやめられません。

三谷さん、こんにちは

ペンギン・カフェ・オーケストラはのんびりしているようでいて、割と考えさせるところもあるので、BGM として流せる音楽ではありませんね。
当時は一部の人たちの間で話題になっていましたが、今でも良く聴いておられるのですか。
私は久々にレコードを引っ張り出して聴いてみましたが、やっぱり当時と同じ不思議な気分になります。

この曲は途中から不協和音が入るし、11分38秒と長いのでどうしようかと思ったのですが、「どうせ誰も読んでいないだろうから」―ということで採り上げてみました。
ヒット曲とはあまり関係ない曲が多いので、反応が無くても仕方ないですけどね・・・
プロフィール

Sumi Haruo

Author:Sumi Haruo
昨年まで老母の介護をしていました。 古い記事へのコメントも大歓迎です。
※記事へのリンクは自由ですが、対訳はあくまでも私個人の解釈なので、訳詞の転載はお断りいたします。
訳詞を掲載したい場合は、記事へのリンクを貼るという形にして下さい。

全記事タイトル表示リンク

全記事タイトルを表示

カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
FC2カウンター
フリーエリア


累計: 検索エンジン登録
本日: SEO対策
昨日: メール配信

アクセスアップ

Mail Form:メールフォーム

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
電子書籍
Amazonから電子書籍を出版しました
QRコード
QR
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。