スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

305. Raining / Cocco (番外編)

Raining / Cocco (こっこ)

 音楽共有サイトの Grooveshark は洋楽だけでなく、探してみたら Cocco の曲もあったので、今回は久々の番外編です。 沖縄のように特殊な環境をバック・グラウンドに持つ人の音楽は、私の耳にはどこか異国の人の歌みたいに響いてくるのです。 それでいて日本語で歌われるからストレートに入って来るのですが、彼女の歌なら歌詞の意味が分からない外国の人にも何かが伝わるのではないでしょうか。


Raining
Alubm : クムイウタ
(Kumuiuta : 試聴可)
Released: March 1998 (Album Released : May 1998)
Written by: Cocco (こっこ)
Produced by: Negishi Takamune (根岸孝旨

  Cocco (こっこ)について:
Cocco
 フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』  

 私が最初に Cocco の歌声を聴いたのは、1997年末のセカンド・シングル 強く儚い者たち (作詞:こっこ/作曲:柴草玲)でした。 レゲエ風の曲調もさることながら、男女間の儚(はかな)さを既に見抜いたような歌詞の内容から、私は24~25歳くらいの女性をイメージしていたものです。 だからその後、Inter FM (インター・エフエム)のゲストとして登場した時、まだ二十歳(はたち)というのを聞いて少し驚きました。 そういえばあのユーミンもその年齢の頃には既に三枚のアルバムを出していましたが、才能のある人というのは総じて早熟なものです。

 私がそのFM番組で印象に残ったのは何といっても彼女の歌なのですが、自分のことを「フツーだよ」と言ってみたり、突然「うんちっちー!」などと奇声を発して番組のパーソナリティを困らせていたことも良く覚えています。 深いシリアスな歌詞を書くのに、人前ではわざと馬鹿みたいな真似をしてはしゃいでみせるところは、中島みゆきとも似ているでしょうか。

 この曲はサード・シングルとしてリリースされ、その後「強く儚い者たち」と共にセカンド・アルバム「クムイウタ」に収められました。 アルバムのタイトルは沖縄の方言で「子守唄」のことだそうですが、その他にもアルバムの最後に「ウナイ」(姉妹)というタイトルの曲が入っています。
 このアルバムには一曲目のようにアカペラで歌う静かな曲もあれば、二曲目では一転してヘヴィな曲が飛び出して来たりもします。 シリアス(真面目)な曲もあれば少しふざけた曲もあり、明るさの中にある暗さ、可愛らしさの中に見え隠れする怖さ、正気と紙一重の狂気といったものが一緒くたになっていて、若い人の心と同様その振幅がかなり激しいのですね。

 彼女の書く歌詞の中には少しあぶない語句も含まれていて、この曲も「髪がなくて 今度は」、「腕を切ってみた」、「切れるだけ 切った」―と、リスト・カット(手首を切る)を思わせるフレーズが出てきます。 ヒット曲重視の売れせん狙いならそうしたマイナス・イメージは当然避けるはずなのですが、彼女は割と好きなようにやらせてもらっているのかもしれません。 いくら才能があっても周りの理解がなければ、そうした芽はすぐに摘まれてしまうものですから。
 それにもかかわらず、彼女の歌はCMで使われたり、この曲も「式日」(しきじつ)という映画のエンディングで使われたりしています。 メロディが良いということもあるのでしょうが、やはり「本当のことを言っている」類(たぐい)まれな歌詞が強く人の心を惹き付けるのでしょう。 そうした強烈な個性というのは磁石と同じで、時に強い反発も招くのですが・・・

 この曲は15歳の頃の彼女の心情を歌ったものということで、既にその頃から温められていたもののようです。 或る女性シンガー・ソング・ライターが、「歌詞の内容が全て実体験だったら、とても身が持たない」と言っていましたが、彼女の場合はどうもその実体験が元になっているようなのです。 そうした心の暗部をのぞくことはある意味怖いことでもありますが、だからこそ強烈なリアリティをもって人の心に響いてくるのでしょう。


Raining / Cocco の 『Raining』 を聴く: (Album Version 5:32)
(※開くまでに時間がかかりますが、のんびりお待ち下さい。 しばらくすると、自動的に再生が始まります)

  ●歌詞と対訳●

[1]   (Japanese Lyrics)   /     (English Translation)
Mama yuzuri no akage wo /  The red hair that I got from my mama (mother)
Futatsu ni tabane-te /  It was divided in two
Mitsuami yurete(i)ta /  My braids swinging

"Naze datta no darou" to, ima mo omou /  I still think "wonder why"
Keredo, mada wakaranai yo /  But, even now I don't know

Shizuka ni seki wo tatte /   I stood up quietly from my seat
Hasami wo nigiri-shimete /  Scissors clenched in my hand, and
Osage wo kiri-otoshita /  Cut off my ponytails

(Chorus 1)
Sore wa totemo hareta hi de /  It was a very bright, sunny day, and
"Mirai nante iranai" to omotte(i)ta /  I thought "I don't need the future"
Watashi wa muryoku de /  I was powerless, and
Kotoba wo erabezu ni /  I couldn't choose my words
Kaerimithi no nioi dake - /  Only the smells on the way home,
yasashikatta /  it was gentle (sweet)
"Ikite yukeru" /  "I can keep living"
Sonna ki ga shiteita /  So I thought

Kyoushitsu de dareka ga waratteta /  Someone laughed in the classroom
Sore wa totemo hareta hi de /  It was a very bright, sunny day


[2]
Kami ga nakute, kondo wa /  I had no hair (my ponytails) left, so this time
Ude wo kitte mita /  I tried cutting my wrist
Kireru dake kitta /  Cut as much as I could
Atatakasa wo kanjita /  I felt warmth
Chi ni mamireta ude de /  With my arm covered in blood
Odotte ita-nda /  I was dancing

Anata ga mou inakute /  You were not here anymore
Soko ni wa nani mo naku-te /  There was nothing there
Taiyou mabushikatta /  The sun was dazzling

(Chorus 2)
Sore wa totemo hareta hi de /  It was a very bright, sunny day
Nakukoto sae dekinakute /  I couldn't even cry
Amarini-mo, daichi wa hateshi-naku /  Too (much), the ground was endlessly
Subete wa utsukushiku /  Everything was beautiful
Shiroi fuku de /  (I was) In white wear, (and)
Tooku kara /  From a distance
Gyouretsu ni narabezu ni /  I couldn't stand in line
Sukoshi utatte(i)ta /  I sung a little

Kyou mitaku ame nara /  If it was a rainy day like today
Kitto nakete(i)ta /  Surely I could cry

(Chorus 1)
Sore wa totemo hareta hi de /  It was a very bright, sunny day, and
"Mirai nante iranai" to omotte(i)ta /  I thought "I don't need the future"
Watashi wa muryoku de /  I was powerless, and
Kotoba wo erabezu ni /  I couldn't choose my words
Kaerimithi no nioi dake /  Only the smells on the way home,
yasashi-katta /  it was gentle (sweet)
"Ikite yukeru" /   "I can keep living"
Sonna ki ga shiteita /  So I thought

Kyoushitsu de dareka ga waratte
(i)ta /  Someone laughed in the classroom
Sore wa totemo hareta hi de... /  It was a very bright, sunny day...


 記事の編集

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Sumi Haruo

Author:Sumi Haruo
昨年まで老母の介護をしていました。 古い記事へのコメントも大歓迎です。
※記事へのリンクは自由ですが、対訳はあくまでも私個人の解釈なので、訳詞の転載はお断りいたします。
訳詞を掲載したい場合は、記事へのリンクを貼るという形にして下さい。

全記事タイトル表示リンク

全記事タイトルを表示

カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
FC2カウンター
フリーエリア


累計: 検索エンジン登録
本日: SEO対策
昨日: メール配信

アクセスアップ

Mail Form:メールフォーム

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
電子書籍
Amazonから電子書籍を出版しました
QRコード
QR
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。