280. La pioggia 雨

La pioggia 雨 : Gigliola Cinquetti ジリオラ・チンクェッティ

 これは第19回サンレモ音楽祭で入賞した曲で、当時日本やイタリアでは人気がありました。 2002年にはトヨタのTVコマーシャルに使われたことでリバイバル・ヒットしています。 
(※イタリア語の歌詞は Internet Explorer では文字化けするので、別のブラウザで閲覧して下さい。)


Alubm : Non Ho L'Eta
  ベスト・オブ・ジリオラ・チンクェッティ

Released: 1969
Written by: C. Conti, D. Pace, G. Argenio, M. Panzeri
Conductor [Orchestra] : Franco Monaldi

  ジリオラ・チンクェッティについて:
Gigliola Cinquetti
 フリー百科事典『ウィキペディア』  

 ジリオラ・チンクェッティは1964年に、16歳の若さで出場したサンレモ音楽祭でいきなり優勝してしまったシンデレラ・ガールです。 ―ということを、77回目の "Non ho l'età" (夢みる想い)の時に書きました。
 この曲はそれから5年後のサンレモに出た時に歌われたもので、優勝こそしませんでしたが日本ではかなりヒットしました。 当時は英語の曲だけでなく、この曲のようにイタリア語の歌とか、フランス語やポルトガル語の曲など、色んな言語の歌がラジオから流れて来たものです。


国内版シングル これは日本版のシングル・ジャケットですが、同じくサンレモで入賞したマッシーモ・ラニエリという人の曲がB面に収められていました。 うちにあったレコードはこれですが、なぜかB面の曲がどんなのだったか覚えていません。
 ジャケット写真は良く見ると、ジリオラ・チンクェッティの写真を後から切り貼りした合成になっています。 日本では45万枚が売れたというから、当時としてはかなりのヒットと言えるでしょう。


日本語ヴァージョン このシングルのようにジリオラ・チンクェッティが日本語で歌ったヴァージョンもあったくらいですから、いかに日本での人気があったか分かるでしょう。 この日本語版だけで10万枚くらい売れたとか。 私はまだ聴いたことありませんが・・・
 日本語の歌詞は "Michi Shibano" (しばの・みち)という人が書いていて、「400円」という定価が付いていますが、あの頃のアルバイト代が時給200円位だから結構高価なものでした。



 イタリア語の歌詞は分からないので、例によってWeb翻訳で一旦英語にしてから、日本語に置き換えてみました。 その方がいきなりWeb翻訳で日本語に変換するより間違いが少ないからです。 しかし訳してみると、いかにもイタリアらしい大袈裟な歌詞ですが・・・
 Internet Explorer では英語と日本語以外の言語は文字化けして正しく表示されないので、歌詞を読みたい方は Chrome や Firefox など別のブラウザ(Web閲覧ソフト)で開いて下さい。

Grooveshark で、La pioggia 『雨』を聴く: (3:00)

  ●歌詞と対訳● (※イタリア語は Internet Explorer では文字化けします)

Sul giornale ho letto che  I read the paper that   新聞(で読んだところ)によると
Il tempo cambierà  The weather will change  天気が変わるみたいね
Le nuvole son nere in cielo e  Clouds are black in the sky  空は暗い雲が広がり
I passeri lassù  The sparrows there   スズメたちも
Non voleranno più.  Will not fly anymore.   飛ばないでしょう、と
Chissà perchè?  I wonder why?   なぜかしら?

Io non cambio mai  I never change   私は決して変わらない
No, non cambio mai!  No, I never change!  いいえ、わたしは決して変わらないわ  
Può cadere il mondo ma  But the world may fall  世界が崩れて落ちてきても
Ma che importa a me?  What do I care it?   私がそんなことを気にするかしら?

(コーラス)
La pioggia   The rain  雨も
non bagna il nostro amore  does not wet our love  私たちの愛は ぬらせない
Quando il cielo è blu.  When the sky is blue.   空が青い時には

La pioggia,    The rain,    雨、
la pioggia non esiste  rain does not exist   雨は消えて無くなるの
Se mi guardi tu.  If you look at me.  あなたが私を 見つめてくれるなら 
Butta via l'ombrello amor  Throw away your umbrella, my love  あなたの傘を投げ捨てて、愛しい人
Che non serve più  Which no longer serves  そんなの役に立たないから

Non serve più,  no longer needed    何も要らないの、
se ci sei tu.  if you're here.   あなたがそばにいてくれるなら

(間奏)

Il termometro va giù  The thermometer goes down  温度計(の目盛り)が下がり
Il sole se ne va  The sun goes   太陽は遠ざかり
L'inverno fa paura a tutti ma  Winter is frightening to all  誰もが怖れる冬が来ても
C'è un fuoco dentro me  There's a fire inside me  私の中には炎があるから
Che non si spegnerà.  That did not go off.  寒さに負けることもないの
Lo sai perchè?  You know why?   なぜだかわかる?

Io non cambio mai  I never change   私は決して変わらない
No, non cambio mai!  No, I never change!  いいえ、わたしは決して変わらないわ  
Può cadere il mondo ma  But the world may fall  世界が崩れて落ちてきても
Ma che importa a me?  What do I care it?   私がそんなことを心配するかしら?

(コーラス)
La pioggia   The rain  雨も
non bagna il nostro amore  does not wet our love  私たちの愛は ぬらせない
Quando il cielo è blu.  When the sky is blue.   空が青い時には

La pioggia,    The rain,    雨、
la pioggia non esiste  rain does not exist   雨は消えて無くなるの
Se mi guardi tu.  If you look at me.  あなたが私を見つめてくれるなら 
Butta via l'ombrello amor  Throw away your umbrella, my love  あなたの傘を投げ捨てて、愛する人
Che non serve più  Which no longer serves  そんなの役に立たないから


La pioggia,    The rain,    雨、
la pioggia non esiste  rain does not exist   雨は消えて無くなるの
Se mi guardi tu.  If you look at me.  あなたが私を見つめてくれるなら 
Butta via l'ombrello amor  Throw away your umbrella, my love  あなたの傘を投げ捨てて、私の愛しい人
Che non serve più  Which no longer needed  そんなの必要無いから

La pioggia   The rain  雨も
non bagna il nostro amore  does not wet our love  私たちの愛は ぬらせない
Quando il cielo è blu.  When the sky is blue.   空が青い時には
Il cielo è blu  The sky is blue   空が青いわ


 記事の編集

テーマ : 洋楽歌詞対訳
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

イタリアン・ポップス?

フレンチ・ポップス
イタリアン・ポップス(?)
大・大・大好きッです!
だって、
メロディーが可愛いらしく、
言葉(発音?)の響きも可愛く聞えるからです。

とくに『雨』は
最初のズゥンズズズズ…な
低音の暗い印象のリズムから
後半のガラリと明るくなる転調するメロディーが
たまらなく好きですッ!

歌詞。 カレシのことが『大好き』なのですねぇ…(微笑み)

ありがとうございました。

御礼を申し上げたく、コメントさせて戴きます。
この曲ラジオで時々聴くのですが、
いつも誰の曲か覚えられなくておりました。
実は子供の頃通っていた、モダンバレエ教室の
発表会で踊った「雨」という曲で、
あの時の先生が、さすが現代舞踊というだけある
子供心に理解できない舞踊を踊ってました。
ふとどんな歌詞なのか?知りたくて、検索しましたら、
こちらをヒットしまして、
お蔭さまで40年程たってようやく、その意味がわかり、
タイトルは同じ「雨」だったのが理解できました。
本当にありがとうございました。
      さいたま市  まりりんの娘より

Re: ありがとうございました。

この曲は私が高校生の頃に良くラジオから流れていましたが、もう46年くらい経っているのですね。
久しぶりに聴くと懐かしいです。

こうした曲の記事はコメントでも付かないと自分でも開くことが無いのですが、お陰さまでリンク切れを直すこともできたし、ついでにYouTubeの動画も貼っておきました。
コメント、どうもありがとうございます。

レスまでありがとうございました。

お礼など言われ、大変恐縮です。
本当に懐かしい曲、
YOU TUBEまでつけてくださり、
ありがとうございました。

Re: レスまでありがとうございました。

どういたしまして。
またいつでもいらして下さい。

No title

30余年前に小学校の運動会で踊った曲なのですが、今ほど初めて曲名が分かり検索してこちらへめぐりつきました。
当時の大人たちにはメジャーな曲だったのかと、今にして思いました。
何にもわからないまま踊っていましたが、こういう歌だったのですねえ。
長年耳に残っていたメロディーの全容が明らかになって嬉しいです。

Re: No title

この曲は60年代の終りにサンレモ音楽祭で入賞して、当時はラジオで良く流れていました。
たぶん選曲をした教師が若い頃に聴いていたのでしょうが、この曲でどんな風に踊るのか、振り付けを見てみたい気がします。

曲のタイトルや意味の分からない歌詞があると気になるものですが、訳詞がお役に立ったのなら何よりでした。
コメント、どうもありがとうございます。
プロフィール

Sumi Haruo

Author:Sumi Haruo
昨年まで老母の介護をしていました。 古い記事へのコメントも大歓迎です。
※記事へのリンクは自由ですが、対訳はあくまでも私個人の解釈なので、訳詞の転載はお断りいたします。
訳詞を掲載したい場合は、記事へのリンクを貼るという形にして下さい。

全記事タイトル表示リンク

全記事タイトルを表示

カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
FC2カウンター
フリーエリア


累計: 検索エンジン登録
本日: SEO対策
昨日: メール配信

アクセスアップ

Mail Form:メールフォーム

リンク
電子書籍
Amazonから電子書籍を出版しました
QRコード
QR
RSSリンクの表示