スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

266. The Loco-Motion ロコ・モーション

The Loco-Motion ロコ・モーション : Little Eva リトル・エヴァ

 「リトル・エヴァ」こと "Eva N. Boyd"(エヴァ・ボイド)によって歌われたこの曲は1962年に全米1位となりました。 この曲は色々な人が歌っていますが、この12年後にグランド・ファンク・レイルロードによるカヴァーが同じく全米1位となり、更に14年後の1987年にはカイリー・ミノーグのヴァージョンが全米3位となっています。


Alubm : the Locomotion
  Best Of Little Eva

Released: 1962
Written by: Gerry Goffin, Carole King (キャロル・キング)
Produced by: Gerry Goffin (ゲリー・ゴフィン)

  「ロコ・モーション」について:
Little Eva
 フリー百科事典『ウィキペディア』  

 リトル・エヴァはゲリー・ゴフィン&キャロル・キング夫妻の家でベビー・シッターとして働いていて、それについては色々な説が伝えられているのですが、彼女が歌えることを知っていた夫妻がこの曲を彼女に歌わせたというのが真相のようです。

 タイトルの "Loco-Motion"(ロコ・モーション)は辞書を引くと「移動」とか「運動」と出てきますが、アメリカで "Locomotive" というと機関車のことで、蒸気機関車のSL は "Steam Locomotive" の頭文字ですし、"Loco-man" だと「鉄道員」となります。
 この歌詞では最新のダンスの名前ということになっていますが、実を言うとそんな踊りは無く、この曲がヒットしてから急いで振りを考えたとか。 機関車の車輪をつないでいるロッド(横棒)のモーション(動き)を真似て、子供が電車ごっこをするみたいな振り付けをしていました。

 1974年のグランド・ファンクのバージョンは、スタジオでギタリストの Mark Farner(マーク・ファーナー)がこの曲を口笛で吹いていたのがキッカケで生まれたとか。 プロデューサーはトッド・ラングレンで、彼らにとって最大のヒット曲となりました。 現在TVのコマーシャルで使われているのは彼らのヴァージョンみたいです。 
→ Grand Funk Railroadグランド・ファンク・レイルロード:"The Loco-Motion" (ロコ・モーション)

The Loco-Motion 『ロコ・モーション』を聴く:Little Eva リトル・エヴァ)
(※開くまでに時間がかかりますが、のんびりお待ち下さい。 しばらくすると、自動的に再生が始まります)

  ●歌詞と対訳●

Everybody's doin' a brand-new dance, now   みんなで 最新のダンスを踊りましょう ※
(Come on baby, do the Loco-motion)   (さあ みんな、ロコモーションをしよう) ※
I know you'll get to like it    それを好きにさせてあげる
if you give it a chance, now   機会を与えてくれるなら 
(Come on baby, do the Loco-motion)   (早く、ロコモーションを踊ろう) ※

My little baby sister can do it with me;   ちっちゃな妹だって わたしと一緒に踊れるの
It's easier than learning your A-B-C's,   ABCを習うより 簡単なんだから
So, come on, come on,    だから、 さあさあ、 こっちに来て
do the Loco-motion with me.   一緒にロコモーションしましょう

You gotta swing your hips, now.    腰を振って、さあ ※
Come on, baby.      カモン、ベイビィ
Jump up. Jump back.    飛び跳ねて、 後ろに跳んで
Well, now, I think you've got the knack.   そう、コツをつかんだようね ※
woah, woah

Now that you can do it,    さあ、それができるようになったなら
let's make a chain, now.   鎖(チェーン)みたいに つながりましょう
(Come on baby, do the Loco-motion)   (さあ、みんなでロコモーションをしよう)
A chug-a chug-a motion like a railroad train, now. 機関車のシュッシュって動きを真似て ※
(Come on baby, do the Loco-motion)   (さあ、みんなでロコモーションを踊ろう)

Do it nice and easy, now,    気持ちよく、 気軽に踊りましょう
don't lose control:     でも 我を忘れちゃダメ ※
A little bit of rhythm    リズム感なんて 少しあればいいの
and a lot of soul.     気持ちを いっぱい込められるなら ※
Come on, come on,   さあ、いらっしゃい
do the Loco-motion with me.   一緒に ロコモーションを踊りましょう

(間奏)

(Yea, yea, yea, yea ..)
Move around the floor in a Loco-motion.   ロコモーションで 床の上をまわろう
(Come on baby, do the Loco-motion)   (さあ ベイビィ、ロコモーションをしよう)
Do it holding hands if you get the notion.  やり方が分かったら (互いに)手をつないで ※
(Come on baby, do the Loco-motion)      (さあ ベイビィ、ロコモーションを踊ろう)

There's never been a dance that's so easy to do.  こんな簡単なダンス今まで無かったでしょ
It even makes you happy when you're feeling blue,  ブルーな気分の時でもハッピーになれる
So, come on, come on,     だから さあ、 こっちに来て
do the Loco-motion with me.   いっしょに ロコモーションを踊りましょう

(アドリブ:以下、聴き取りによる)
(Come on, do the Loco-motion)
You gotta swing your hips, now.    腰を振って、さあ
(Come on, do the Loco-motion)
That's right, you showin' fine   そうそう、 とてもいいわよ ※
(Come on, do the Loco-motion)
Come on baby,      さあさあ、ベイビィ
(Come on, do the Loco-motion)
mmm ... Jump up. Jump back.    飛び跳ねて、 後ろに跳んで
(Come on, do the Loco-motion)
You're lookin' good   なかなか いいわよ ※
(Come on, do the Loco-motion)
mmm ... Jump up. Jump back...    飛び跳ねて、 後ろに跳んで・・・


※ brand-new: 最新の、生まれたての、できたての、まっさらの、バリバリの、新品の。
※ Loco-motion:辞書では「運動」、「動き」と出てくるが、ここでは "Steam Locomotive" (SL=蒸気機関車)のイメージで、機関車の車輪をつなぐロッド(横棒)の動きを真似た踊りのこと。 もっとも踊りの方は、曲がヒットしたので後から作ったらしい。
※ Come on: こっち来て、さあさあ、早く早く。 頑張って、元気出して、しっかりして。
※ gotta = (have) got to の略で、「~しなきゃ」くらいの意味。
※ have got the knack: コツ(呼吸)をつかむ。 例:I've got the knack of kendo.剣道の呼吸をつかんだ。
※ chug-a chug-a: 機関車の「シュッシュッ」というような音。 この場合は車輪をつなぐサイド・ロッドの動きを真似て、肘を曲げて動かす仕草のこと。

※ lose control: 自制心を失くす、我を忘れる。 カッとなる、キレる。
※ with a lot of soul:精魂を傾ける。
※ get the notion: この場合は「理解できた」くらいの感じ。notion(考え) と motion(動き)で韻を踏んでいる。
※ That's right: そうそう、そう(だ)よ、その通り。
※ You are looking good: (格好などが)なかなかいいね。


 記事の編集

テーマ : 洋楽歌詞対訳
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

ロコモーション

このリトル・エヴァ、1960年にジェリー・ゴフィンとキャロル・キングの間に生まれた長女のベビーシッターとして紹介され、その縁でこの曲を歌うことになったそうですね。でも彼女が歌えることを知っていた夫妻がこの曲を彼女に歌わせたというのが真相だったんですね。
本当にロコモーションというダンスを生んだこの曲、楽しい歌ですね。
SMAPが出演しているソフトバンクのCMは、グランド・ファンク・レイルロードのバージョンですね。

Re: ロコモーション

これは50年くらい前の曲になりますが、今でもTVのコマーシャルで使われているから、若い方でも聞いたことがあるでしょう。

グランド・ファンクのヴァージョンは、かなりハード・ロック風のアレンジですけどね。
プロフィール

Sumi Haruo

Author:Sumi Haruo
昨年まで老母の介護をしていました。 古い記事へのコメントも大歓迎です。
※記事へのリンクは自由ですが、対訳はあくまでも私個人の解釈なので、訳詞の転載はお断りいたします。
訳詞を掲載したい場合は、記事へのリンクを貼るという形にして下さい。

全記事タイトル表示リンク

全記事タイトルを表示

カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
FC2カウンター
フリーエリア


累計: 検索エンジン登録
本日: SEO対策
昨日: メール配信

アクセスアップ

Mail Form:メールフォーム

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
電子書籍
Amazonから電子書籍を出版しました
QRコード
QR
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。