263. You've Lost That Lovin' Feelin'  ふられた気持

You've Lost That Lovin' Feelin'  ふられた気持 : The Righteous Brothers ライチャス・ブラザーズ

 ライチャス・ブラザーズ初の全米・全英No.1 となったヒット曲です。 この曲は「トップ・ガン」という映画の中で主演のトム・クルーズが、バーで見かけた女性を口説く時に歌っていました。


Alubm :   Very Best Of The Righteous Brothers
 
ベリー・ベスト・オブ・ライチャス・ブラザーズ
(試聴可)
Released: 1964
Written by: Phil Spector, Barry Mann, Cynthia Weil
Produced by: Phil Spector (フィル・スペクター)
  ライチャス・ブラザーズについて:
Bill Medley (L) & Bobby Hatfield (R)
 フリー百科事典『ウィキペディア』

 ライチャス・ブラザーズは Bill Medley (ビル・メドレー:大きい方・低音) と Bobby Hatfield (ボビー・ハットフィールド:小さい方・高音)のデュオで、実の兄弟ではありません。 白人が黒人のソウル・ミュージックを歌うということで、彼らの歌は"blue-eyed soul"(青い目のソウル)と呼ばれました。
 1963年にレコード・デビューするもののあまり売れず、フィル・スペクターの「フィルズ・レコード」に移籍して1964年にリリースしたこの曲でいきなりブレイクします。

 以前にやった "Unchained Melody"(アンチェインド・メロディ:No.83) はボビーの高い声で歌われ、「ゴースト」という映画で使われてリバイバル・ヒットしました。 この曲はビルの低音の歌声で始まりますが、ソロの部分が長いこともあってボビーはフィル・スペクターに「このデカイのが歌っている間、俺は何をしてたらいいんだ?」―とたずねたそうです。 それに対してフィルは、“You can go straight to the fucking bank." (きみはその足で直接**銀行まで行くことだってできるよ)―と答えたとか。

 ビル・メドレーはローリング・ストーン誌のインタビューで、
"We had no idea if it would be a hit. It was too slow, too long, and right in the middle of The Beatles and the British Invasion."
『それが何でヒットしたのかまったく分からなかった。 ビートルズやブリティッシュ・インヴェーション(英国の侵略)の真っ只中にあって、それはとてもゆったりとして、あまりに長かったから。』 

―と語っています。 「あまりに長く」―というのは当時ラジオで流される曲は3分前後が標準なのに、この曲は4分近くあったからです。 フィル・スペクターはそんな理由で曲を短くすることを拒否し、代わりに曲の長さを 『3:05』 とレコードに表示して澄ましていました。 ラジオのDJ たちは慌てたでしょうが、それがNo.1 ヒットになってしまうのだから面白いものです。 バック・コーラスには若き日の Cher (シェール)の名もありました。

You've Lost That Lovin' Feelin'  『ふられた気持』を聴く:
(※開くまでに時間がかかりますが、のんびりお待ち下さい。 しばらくすると、自動的に再生が始まります)

  ●歌詞と対訳●

You never close your eyes   もう決して きみの瞳を閉じたりしないで
Anymore when I kiss your lips   ぼくがきみに 口づけする時に
And there's no tenderness   あの頃のような優しさが 消えてしまって
Like before in you fingertips   きみの指先には (それが感じられないんだ) ※
You're trying hard not to show it   きみはそれを 必死に隠そうとするけど ※
(Baby)
But baby, baby, I know it   でもベイビィ、ぼくには分かるんだ

(Chorus)
You've lost that lovin' feelin'   きみは 愛する気持ちを失くしてしまった 
Oh, that lovin' feelin'    あの 愛する感覚を
You've lost that lovin' feelin'   きみはあの 愛する気持ちを失くしてしまって 
Now it's gone, gone, gone    いまは消えて、消えて、消え失せてしまったんだ
woah woah...         あぁ、・・・


Now, there's no welcome look in your eyes  今きみの瞳に 歓迎の気持ちは見られない ※
When I reach out for you    ぼくがきみに 手を差しのべる時
And now, you're starting to criticize   そして今、きみはとやかく言うようになったね ※
(Every) little thing I do    ぼくのする 些細な事にも
It makes me just feel like crying   それがぼくを 泣きたいような気分にさせるんだ ※
(Baby)
'Cause baby,    だからベイビィ、
Something beautiful's dying   何か美しいものが 消えかけているんだ ※ 

(Chorus)
You've lost that lovin' feelin'   きみは 愛する気持ちを失くしてしまった 
Oh, that lovin' feelin'   あの 愛する感覚を
You've lost that lovin' feelin'   きみはあの 愛する気持ちを失くしてしまって 
Now it's gone, gone, gone    いまは消えて、消えて、消え失せてしまったんだ
woah woah...         あぁ、・・・


Baby, baby,      ベイビィ、ベイビィ、
I get down on my knees for you   ぼくはきみの前に ひざまずこう ※
If you would only love me    きみがぼくだけを 愛してくれるなら
Like you used to do, yeah     きみがこれまで してくれたように
We had a love,   ぼくたちは 恋人同士だった
a love, a love   恋人、 愛する人を
You don't find every day   きみは毎日 見つけられる訳じゃない
So, don't, don't, don't   だから、しないで、しないで
don't let it slip away    だまって 立ち去らないで ※

Baby,    ベイビィ
(Baby)
Baby,    ベイビィ
(Baby)
I beg of you please   どうか お願いだから ※
(Please)
Please   どうか
(Please)
I need your love   きみの愛が 必要なんだ
(I need your love)
I need your love   きみの愛が 必要なんだ
(I need your love)
So, bring it on back    だから 元に戻っておくれ ※
(So, bring it on back )
Bring it on back    元通りになっておくれ
(Bring it on back)

(Chorus)
Bring back that lovin' feelin'   あの愛する気持ちを 取り戻して
Oh, that lovin' feelin'    あの 愛の感覚を
Bring back that lovin' feelin'   愛する気持ちを よみがえらせておくれ
Now it's gone, gone, gone   今はそれが 消え失せてしまったから
And I can't go on     ぼくはもう やっていけない ※
woah woah ...    あぁ、・・・

Bring back that lovin' feelin'   あの愛する気持ちを 呼び戻して
Oh, that lovin' feelin'    あの 愛の感覚を
Bring back that lovin' feelin'   愛する気持ちを 呼び戻しておくれ
Now it's gone ...    今はもう・・・


※ lips(唇)と tips(先)で韻を踏んでいる。
※ trying hard: 一生懸命に、必死に。 直訳すると、「懸命にそれを見せないようにする」
※ no welcome in: 歓迎されない、疎んじられる、居心地の悪い気分。
※ criticize: 非難する、とやかく言う、難癖をつける。
※ makes me crying: ぼくを泣かせる
※ dying: 死にかけている、瀕死の状態の。 (今にも)消えようとする。

※ get down on one's knees: 跪(ひざまず)く。
※ slip away: (こっそりと、何も言わずに)立ち去る。
※ I beg of you ...: お願いだから~。
※ bring back: 持ち帰る、連れ戻す。 復活させる、回復させる。
※ go on: ~し続ける。 うまくやって行く、やりくりする、仲良くする、邁進(まいしん)する。

 記事の編集

テーマ : 洋楽歌詞対訳
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Sumi Haruo

Author:Sumi Haruo
昨年まで老母の介護をしていました。 古い記事へのコメントも大歓迎です。
※記事へのリンクは自由ですが、対訳はあくまでも私個人の解釈なので、訳詞の転載はお断りいたします。
訳詞を掲載したい場合は、記事へのリンクを貼るという形にして下さい。

全記事タイトル表示リンク

全記事タイトルを表示

カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
FC2カウンター
フリーエリア


累計: 検索エンジン登録
本日: SEO対策
昨日: メール配信

アクセスアップ

Mail Form:メールフォーム

リンク
電子書籍
Amazonから電子書籍を出版しました
QRコード
QR
RSSリンクの表示