スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

258. You've Got a Friend きみの友だち (Live'07)

You've Got a Friend (Live at the Troubadour) きみの友だち (ライヴ’07年)  :
       Carole King & James Taylor キャロル・キング&ジェームス・テイラー

この曲は以前にも採り上げましたが、今回は2010年に発売されたライヴ・アルバムのデュエット・ナンバーです。


Alubm : Live at the Troubadour
  トルバドール・リユニオン

Released: 2010 (Recorded : November 2007)
Written by: Carole King
Produced by: Peter Asher (ピーター・アッシャー)

  キャロル・キングについて:
 / ジェームス・テイラーについて:

 この曲は1971年1月に発売されたキャロル・キングの名作アルバム、"Tapestry"つづれおり)に収められていたものですが、そのアルバムのレコーディングに参加していたジェームス・テイラーが同年にカヴァーしたシングルが7月31日にビルボードのナンバー・ワン・ヒットとなったことで、二人を代表する曲になりました。 これはそれから40年近く経った二人による、ライヴでのデュエットです。

 この曲を含むアルバムは、2007年11月に西ハリウッドにあるライヴ・ハウス「トルバドール」における演奏を収録したもので、キャロル・キングの「タペストリー(つづれおり)」と、ジェームス・テイラー1970年のアルバム
"Sweet Baby James"スウィート・ベイビー・ジェイムス) からの選曲が中心となっています。 「声は老けない」―とは良く言ったもので、あれから40年近く経った今でも二人の声はあの頃のままに伸びやかでした。

 バックを固めるメンバーも豪華で、ギターにダニー・コーチマー、ドラムにラス・カンケル、ベースにリーランド・スカラーといった面子(めんつ)が参加しており、ほぼこのメンバーで来日公演も行われたようです。 私のように親の介護をしていてお金も無い人間にコンサートはすっかり無縁なものとなっていますが、ライヴに行けなかった者にとってこのアルバムはとても有難いものでした。 アルバムはCDとDVDがセットになっているので、映像の方も楽しめるようになっています。


 You Tube にそのライヴ映像があったので、リンクを貼っておきます。 普段は映像は要らないと思っている私ですが、これは歌詞付きでオリジナル曲には無いアドリブの部分が分かったのは収穫でした。

* Carole King(キャロル・キング) – vocal, piano, guitar
* James Taylor(ジェームス・テイラー) – vocal, guitar, harmonica
* Danny "Kootch" Kortchmar (ダニー・コーチマー) – guitar
* Leland Sklar (リーランド・スカラー) – bass guitar
* Russ Kunkel (ラス・カンケル) – drums

※ちなみに1971年「タペストリー」のレコーディングにはジェームス・テイラーとダニー ”クーチ” コーチマーとラス・カンケルが参加しており、バックヴォーカルにはジョニ・ミッチェルのクレジットもありました。 このメンバーは双方のレコーディングに参加しており、ジェームス・テイラーのレコーディングではキャロル・キングがピアノとバック・ヴォーカルを務めています。
 現代の若い人から見れば新しいものは無いかもしれませんが、40年経っても歌い続けているって良いものです。 今の人たちの中で40年後にも歌っている人が、果たしてどれくらいいるでしょうか・・・

You've Got a Friend  『きみの友だち (Live'07) 』を聴く:
(※開くまでに時間がかかりますが、のんびりお待ち下さい。 しばらくすると、自動的に再生が始まります)

  ●歌詞と対訳●

When you're down and troubled   きみが落ち込んで トラブルを抱え込んでいる時
and you need some love and care   そして 誰かの愛情や世話が必要で
and nothing, oh. nothing is goin' right   何も、何もかもが うまく行かない時は
just close your eyes and think of me   ただ目を閉じて ぼくのことを考えてみて
yes, an' soon I will be there   そうすれば、ぼくはすぐ きみのそばにいるから
to brighten up, (yeah) even your darkest night.  たとえ暗い夜だって 明るくしてあげる

You just call out my name   ぼくの名前を 大きな声で呼んでくれたら
and you'll know wherever I am   ぼくがどこにいても きみには分かるだろう
I'll come running, to see you again.   またきみに会いに、 かけて行くから
(it's) winter, spring, summer, or fall  冬でも、春でも、夏でも、秋だって
all you gotta do is call   きみが 呼びさえしてくれたら ※
and I will be there,    ぼくは そこにいるだろう
(yeah, yes I'll be there)
You've got a friend.   きみには 友だちがいるんだ


If the sky above you   あなたの 頭上にある空が
should turn dark and full of clouds   雲でいっぱいに覆われて 暗くなっても
and the old north wind (should) begin to blow  (冷たい)北風が吹き始めても
Keep your head together    うろたえたりしないで ※
and call my name out loud   わたしの名を 大声で呼んでみて
and soon you'll hear me knocking upon your door.  すぐにドアをノックする音が聞こえるでしょう
(your door, your door...)

You just call out my name    わたしの名前を呼ぶだけで
and you know wherever I am    どこにいても 分かるでしょう
I'll come running,    そこまで かけて行くから
to see you again.   また 会いに行くために
winter, spring, summer, or fall  冬でも、春でも、夏でも、秋だって
all you got to do is call   あなたが呼んでくれるなら
and I'll be there, yes, I will...    わたしは そこにいるでしょう

Now, ain't it good to know, you've got a friend   友だちがいるって いいことでしょう ※
(when) people can be so cold.   周りの人たちが 冷たい時に
they'll hurt you, (yes) and desert you   人々が きみを傷つけたり、見捨てたりして
(but) they'll take your soul if you let them   きみの心まで 奪おうとしても
Oh now, don't you let them.   そんなことを させないで

You just call out my name    ただ わたしの名を呼んでくれれば
and you'll know wherever I am   わたしがどこにいても 分かるでしょう
I'll come running    わたしは かけて行くから
(just as fast as I can)   (できるだけ 速く)
to see you again   また あなたに会いに行くから
(see you again) oh, yes

(don't you know, about )   (それが分からないのかい?)
winter, spring, summer, or fall  冬でも、春でも、夏でも、秋だって
all you've gotta do is call me, yeah   きみが呼んでくれるなら
and I'll be there, yeah, yes I'll be there   ぼくは そこに行くから
You've got a friend.   きみには 友だちがいる

You've got yourself a friend   きみには きみの友だちがいるんだ
ain't it good know (that) you've got a friend     友だちがいるって いいことだろう
(walkin' and talkin' to ...)

(Ad Lib)    (アドリブ)
Here we are at the "Troubadour"    ここ「トルバドール」に 私たちはいる
We never thought we would do this anymore   私たちは もうこれをやるとは思わなかったけど
but this was the place that opened the door   でもここは その扉をひらく場所になったの
for this...       この(デュエットの)ための・・・
thank you, thank you. Thank you, James.   サンキュー、サンキュー、ありがとう、ジェイムス

Ain't it good to know (good to know)   いいことでしょ  (いいことだろ)
Ain't it good to know (good to know)    いいことでしょう  (いいことだろう)
ain't it good to know
ain't it good to know
ain't it good to know, yeah, yeah, yeah

You've got a friend.   友だちがいるって


※ all you gotta do is call:(gotta = got to) ここは "All you have to do is call" となっている歌詞もあります。 直訳すると、「きみがすべきことは、(私を)呼ぶことだけ」といったところでしょうか。
※ keep one's head:~の冷静さを保つ。 Keep your head : あわてるな、うろたえるな。
※ good to know:良いこと。 結構なこと。 耳寄りな(話)。"ain't it" は "isn't it" などのくだけた言い方で、「~でしょ」といったニュアンス。 


 記事の編集

テーマ : 洋楽歌詞対訳
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

いい歌ですね

友達っていいな..ってしみじみ思える曲ですね。
でも、じゃあ私は友達にとって、どうだったんだろうって
ちょっと反省したりもしましたが...。

大変、ご無沙汰しております。
お母上様にも、お変わりなく、お過ごしでしたでしょうか。

師匠であったsumiblogさんが、エキサイトをやめられたことに
大変なショックを受けましたけれど、新しい場所を教えていただいたり、
様々な情報を提供していただいたおかげで、他に、居心地のいいところを
知ることができ、なんだか、ブログをやっていく事に余裕が生まれました。
たいへん力強い気持ちになれた事を、心から感謝申し上げます。
この一年も、またすごくお世話になり、本当に、ありがとうございました。

間もなく年越しですが、お変わりなく、どうぞ良いお年をお迎えになられますように。
また、来年も、よろしくお願い致します。

yukikot23 さん、こんにちは

年末なので昼は部屋の掃除などをやって、今頃になってPCを開いたりしております。

私が色々なブログサービスを試した中でエキサイトブログを気に入って使っていた一番の理由は、広告の入らないシンプルなところでした。
FC2ブログも一月更新しないと広告が入るし、管理画面などは広告がうるさいくらいであまり快適とも言えません。
昨年Blogger(ブロガー)で新しいブログを始めましたが、どこにも広告が入らずシンプルなところが気に入っています。 もしこれからブログを始めるならブロガーでしょう。

段々と母の手間がかかるようになってきたので大したことはできませんが、来年はまた少し絵の方に戻ってみようかなと考えています。
来年もどうぞよろしく。
プロフィール

Sumi Haruo

Author:Sumi Haruo
昨年まで老母の介護をしていました。 古い記事へのコメントも大歓迎です。
※記事へのリンクは自由ですが、対訳はあくまでも私個人の解釈なので、訳詞の転載はお断りいたします。
訳詞を掲載したい場合は、記事へのリンクを貼るという形にして下さい。

全記事タイトル表示リンク

全記事タイトルを表示

カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
FC2カウンター
フリーエリア


累計: 検索エンジン登録
本日: SEO対策
昨日: メール配信

アクセスアップ

Mail Form:メールフォーム

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
電子書籍
Amazonから電子書籍を出版しました
QRコード
QR
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。