スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

253. Closer クローサー

Closer クローサー : Travis トラヴィス

 トラヴィス5作目となるアルバムからのファースト・シングルで、英国シングル・チャートで10位となっています。


Alubm : Boy With No Name
  ザ・ボーイ・ウィズ・ノー・ネーム

Released: 2007
Written by: Francis Healy (フラン・ヒーリィ)
Produced by: Nigel Godrich (ナイジェル・ゴッドリッチ)

  トラヴィスについて:
 Fran Healy (手前)
 フリー百科事典『ウィキペディア』  

 トラヴィスを採り上げるのはこれで三度目になりますが、相変わらず美しいメロディであることは変わりません。 アルバムを通して聴いてみてもきれいな曲が並んでおり、以前からのファンにも好評だったようですが、なぜか輸入版・国内版共に現在は販売されていないようです。

 アルバムの最後に収められている "12. New Amsterdam"(ニュー・アムステルダム) という13分くらいある曲の中には"Hidden Track"(ヒドゥン・トラック)が隠されていて、途中で長いブランクが入るので終わったと思っているとまた音楽が流れるという面倒な作りになっています。 このヴァージョンでは、13. "Sailing Away"(セイリング・アウェイ) 、14. "Perfect Heaven Space"(パーフェクト・ヘヴン・スペース)が入っていました。

 9曲目の"Under The Moonlight" (アンダー・ザ・ムーンライト)という曲には、同じスコットランド出身の女性シンガー・ソング・ライター KT Tunstall (KTタンストール)の名前がクレジットされていますが、バック・ヴォーカル程度で書かれていなければ分からないくらいのものでした。 デュエットしようとしたけど、うまく行かなかったというところでしょうか・・・ 

 このアルバムからは三曲がシングル・カットされていますが、"Selfish Jean" が英国で最高30位、"My Eyes" が60位となっています。 

Travis(トラヴィス):メンバー
* Francis Healy(フラン・ヒーリィ) – vocals, guitar, harmonica
* Andy Dunlop(アンディ・ダンロップ) – guitar
* Dougie Payne(ダギー・ペイン) – bass guitar, backing vocals
* Neil Primrose(ニール・プリムローズ) – drums

Closer 『クローサー』を聴く:
(※開くまでに時間がかかりますが、のんびりお待ち下さい。 しばらくすると、自動的に再生が始まります)

  ●歌詞と対訳● 

I've had enough of this parade   ぼくは このパレードにはもうウンザリだ ※
I'm thinking of the words to say   ぼくは 話す言葉について考える
We open up unfinished parts   ぼくらは 未完成の部分を切りひらき
Broken up its so mellow   完成されたものを ぶち壊した ※

And when I see you   そして ぼくがきみと会う時
then I know it will be next to me   その時 きみはぼくの隣にいるだろう ※
And when I need you   そして ぼくがきみを必要とする時
then I know you will be there with me   きみは ぼくと一緒にいるだろう
I'll never leave you   ぼくは決して きみから離れたりしないから

(Chorus)
Just need to get closer, closer   もっと近づく必要があるんだ、もっと近づいて
Lean on me now   ぼくにもたれて、いま ※
Lean on me now   いま、ぼくを頼りにして
closer, closer   もっと近くに、もっと近づいて
Lean on me now   ぼくに寄り添って、いま
Lean on me now   いま、ぼくを頼りにして


Keep waking up without you here   きみ無しでも ここでずっと起きているから
Another day, another year   普段の何でもない日、いつもの年を
I seek the truth   ぼくは 真実を探す
We set apart   ぼくらは 個々にとりかかる
Sinking of a second chance   やり直すチャンスの減ることに

And when I see you   ぼくがきみと会う時
then I know it will be next to me   その時は ぼくの隣にいるだろう
And when I need you   ぼくがきみを必要とする時
then I know you will be there with me   きみはぼくと 一緒にいるだろう
I'll never leave you   ぼくは決してきみを置き去りにしないから

(Chorus)
Just need to get closer, closer   もっと近づく必要があるんだ、もっと近づいて
Lean on me now   ぼくにもたれて、いま ※
Lean on me now   いま、ぼくを頼りにして
closer, closer   もっと近くに、もっと近づいて
Lean on me now   ぼくに寄り添って、いま
Lean on me now   いま、ぼくを頼りにして
(Lean on me now)

(間奏)

And when I see you   ぼくがきみと会う時
then I know it will be next to me   その時は ぼくの隣にいるだろう
And when I need you   ぼくがきみを必要とする時
then I know you will be there with me   きみはぼくと 一緒にいるだろう
I'll never leave you   ぼくは決してきみを置き去りにしないから

(Chorus)
Just need to get closer, closer   もっと近づく必要があるんだ、もっと近づいて
Lean on me now   ぼくにもたれて、いま ※
Lean on me now   いま、ぼくを頼りにして
closer, closer   もっと近くに、もっと近づいて
Lean on me now   ぼくに寄り添って、いま
Lean on me now   いま、ぼくを頼りにして
(Lean on me now)

closer, closer...   もっと近くに、もっと近づいて・・・


※ have had enough of:~にはもうウンザリだ、~はもう沢山だ、~はもうこりごりだ。
※ Lean on:~にもたれる、~を頼りにする。
※ mellow:熟した、円熟した、熟成した、落着いた。
※ next to me:ぼく(私)の隣。


 記事の編集

テーマ : 洋楽歌詞対訳
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Sumi Haruo

Author:Sumi Haruo
昨年まで老母の介護をしていました。 古い記事へのコメントも大歓迎です。
※記事へのリンクは自由ですが、対訳はあくまでも私個人の解釈なので、訳詞の転載はお断りいたします。
訳詞を掲載したい場合は、記事へのリンクを貼るという形にして下さい。

全記事タイトル表示リンク

全記事タイトルを表示

カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
FC2カウンター
フリーエリア


累計: 検索エンジン登録
本日: SEO対策
昨日: メール配信

アクセスアップ

Mail Form:メールフォーム

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
電子書籍
Amazonから電子書籍を出版しました
QRコード
QR
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。