スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

252. Don't Panic ドント・パニック

Don't Panic ドント・パニック : Coldplay コールドプレイ

コールドプレイの記念すべきファースト・アルバムから、これはオープニングに収められていた曲です。


Alubm : Parachutes (Import)
  パラシューツ
(試聴可)
Released: 2001 ( Alubm Released: 2000 )
Written by: Coldplay
Produced by: Ken Nelson, Coldplay

 コールドプレイについて:
Coldplay
 フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

 タイトルの "Don't Panic" は「あわてるな」とか「落ち着け」といった意味ですが(直訳すると「パニックになるな」)、何の予備知識もないままこのアルバムを聴き始めて、この曲でいきなり引き込まれました。 この曲の特徴は何といってもそのギター・プレイでしょう。 クリス・マーティンのボソボソと聴き取りにくいヴォーカルに比べて、ジョニー・バックランドの流麗なギター・プレイが全てを代弁してくれているようです。

 この曲を含むファースト・アルバムからは、先行シングルとなった "Yellow" がヒットして幸先の良いスタートを切り、アルバムもトータルで1,000万枚近くを売り上げるビッグ・ヒットとなっています。
 この曲はその翌年に4枚目のシングルとしてヨーロッパの一部の地域でのみリリースされ、本国の英国ではプロモーション版が配布されたくらいだったので、チャートの順位は大したことありませんでした。 歌詞は暗い内容ですが、それを救っているのは美しいメロディと、伸びやかなギターの音色でしょう。

Member:メンバー
  Chris Martin(クリス・マーティン):vocals, guitar, piano
  Jonny Buckland(ジョニー・バックランド):guitar
  Guy Berryman(ガイ・ベリーマン): base
  Will Champion(ウィル・チャンピオン): drams

Don't Panic 『ドント・パニック』を聴く:
(※開くまでに時間がかかりますが、自動的に始まるのでしばらくお待ち下さい。)

  ●歌詞と対訳●

Bones sinking like stones   骸骨(がいこつ)が 石ころみたいに埋もれている ※
All that we fought for   ぼくらが戦った すべてのものの
All those places we've grown   ぼくらが育った すべての場所に
All of us are done for    ぼくらのした すべてのことの(残骸が)

(Chorus)
We live in a beautiful world,   ぼくらは 美しい世界に生きている
Yeah we do, Yeah we do   あぁ、そうさ、その通りさ
We live in a beautiful world,   ぼくらは 素晴らしい世界に生きているのさ

Bones sinking like stones   屍(しかばね)が 石のように横たわっている
All that we fought for   ぼくらが戦った すべてのものの
Homes, places we've grown   生まれた場所、ぼくらが育ったところで ※
All of us are done for    ぼくらのした すべてのことの(抜け殻が)

(Chorus)
We live in a beautiful world,   ぼくらは 美しい世界に生きている
Yeah we do, Yeah we do   あぁ、そうさ、その通りさ
We live in a beautiful world,   ぼくらは 素晴らしい世界に生きているのさ

(間奏)

(Chorus)
We live in a beautiful world,   ぼくらは 美しい世界に生きている
Yeah we do, Yeah we do   あぁ、そうさ、その通りさ
We live in a beautiful world,   ぼくらは 素晴らしい世界に生きているのさ

(間奏)

Oh, all that I know,   あぁ、ぼくの知っているすべてのことも、
There's nothing here to run from,   ここから逃れる 役には立たない ※
And there, everybody here's got somebody to lean on.   だけど、誰もがこの世界で 頼れる誰かがいてくれるんだ ※


※ bones:(人の)体。 (人や動物の)死体、死骸、骸骨。
※ sink:(重いものが雪や泥などに)沈む。 落ちる。 滅入る。 くじける。 (眠り、忘却、絶望などに)陥る。 (思いや悲しみなどに)耽(ふけ)る、沈む。 (水が)溜まる。 身を滅ぼす。
※ "home" には「故郷」や「生まれた場所」の他に、「墓場」や「死に場所」といった表現もあります。
※ run from:~から逃れる。
※ lean on:~に寄りかかる、もたれる。 ~に頼る。


 記事の編集

テーマ : 洋楽歌詞対訳
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Sumi Haruo

Author:Sumi Haruo
昨年まで老母の介護をしていました。 古い記事へのコメントも大歓迎です。
※記事へのリンクは自由ですが、対訳はあくまでも私個人の解釈なので、訳詞の転載はお断りいたします。
訳詞を掲載したい場合は、記事へのリンクを貼るという形にして下さい。

全記事タイトル表示リンク

全記事タイトルを表示

カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
FC2カウンター
フリーエリア


累計: 検索エンジン登録
本日: SEO対策
昨日: メール配信

アクセスアップ

Mail Form:メールフォーム

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
電子書籍
Amazonから電子書籍を出版しました
QRコード
QR
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。