スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

228. She シー

She シー : Elvis Costello エルヴィス・コステロ

 この曲は「ノッティングヒルの恋人」という映画の挿入歌として使われたことでヒットしました。 この映画、私はまだ観ていないのですが・・・


Alubm : Notting Hill
  ノッティングヒルの恋人 (試聴可)

Released: 1999 (Original : 1974)
Written by: Charles Aznavour , Herbert Kretzmer
Produced by: Trevor Jones (トレヴァー・ジョーンズ)

  エルヴィス・コステロについて:
Elvis Costello
 フリー百科事典『ウィキペディア』  

 この曲は1974年に Charles Aznavour(シャルル・アズナブール)が作って歌ったことで、当時の英国のシングル・チャートで1位となりました。 アズナヴールはフランスの有名なシャンソン歌手で五ヶ国語で歌えることでも知られていて、この曲も英語とフランス語の他に、イタリア語、スペイン語、ドイツ語でレコーディングされたようです。 でもなぜか本国のフランスやアメリカではヒットしなかったようで、イギリス人好みなのかもしれません。

 これはアズナブールらしく甘い恋の歌で、私は普段こうした曲は聴かないのですが、こんな機会でもないとエルヴィス・コステロをやることもないだろうということで採り上げてみました。 コステロの歌だって充分に甘すぎるくらいですが・・・ (甘いのが苦手な男)

 この曲はサウンド・トラックの他に、「Very Best of [Double CD]」/「ベスト・オブ・エルヴィス・コステロ」―というコステロのベスト版にも収録されていました。 どちらも現在は廃盤になっていて、中古でしか手に入らないようですが・・・

 映画のサウンド・トラックは Trevor Jones(トレヴァー・ジョーンズ)のプロデュースによるものですが、この人のスコアによるきれいな曲が二曲収められています。 オマケで一曲聴けるようにしておきますので、映画を思い出したい方は併せて聴いてみて下さい。→ Notting Hill (Score 4:45)


* She 『シー』を聴く: (3:08)
(※開くまでに時間がかかりますが、のんびりお待ち下さい。 しばらくすると、自動的に再生が始まります)

  Charles Aznavour(シャルル・アズナブール)の歌う「She」(English)はこちら。

  ●歌詞と対訳●

She    彼女の
May be the face I can't forget.   その顔を ぼくは忘れられないだろう
A trace of pleasure or regret   歓びの跡を残すか それとも後悔だろうか ※
May be my treasure     ぼくの宝物かもしれないし
or the price I have to pay.   ぼくが支払わなければならない 代価かもしれない

She    彼女は
May be the song that summer sings.   夏がうたう 歌かもしれないし
May be the chill that autumn brings.  秋が運んでくる 冷たさかもしれないし
May be a hundred different things   数多くの 様々な物ごとかもしれない
Within the measure of a day.    一日という 時間の中で起こる

She   彼女は
May be the beauty or the beast.   美女か それとも野獣だろうか ※
May be the famine or the feast.   飢えか はたまたご馳走か
May turn each day into a heaven   毎日を 天国に変えてしまうかも、
or a hell.     あるいは地獄にも

She    彼女は
May be the mirror of my dreams.   ぼくの夢を映し出す 鏡かもしれない
A smile reflected in a stream   流れの中に 微笑みを映し出す 
She   彼女は
May not be what she may seem   思っているような人じゃ ないかもしれない
Inside her shell   彼女の(美しい)外観の その内側の心は ※

(間奏:コステロ・ヴァージョン)

She    彼女は
Who always seems so happy in a crowd.   いつも大勢の中で とても楽しそうに見える
Whose eyes can be so private and so proud  その瞳は引っ込み思案にも 得意げにも見え ※
No one's allowed to see them when they cry.   誰にも 泣くところを見せてはくれない ※

She    彼女は
May be the love that cannot hope to last   その愛が続くことを 望めないかもしれない ※
May come to me from shadows of the past.  過去の面影が やってくるかもしれないから ※
That I'll remember till the day I die   ぼくが死ぬ時まで 覚えているであろう思い出の

She   彼女は
May be the reason I survive   ぼくが生き続ける 理由かもしれない
The why and wherefore I'm alive   なぜ どうしてぼくが生きているかの
The one   その人は
I'll care for through the rough   ぼくに 苦労することを大切に思わせる ※ 
in many years  (※ and ready years)    多くの歳月を (※アズナブール・ヴァージョン)

Me    ぼくは
I'll take her laughter and her tears   彼女の 笑いと涙とを受け取って
And make them all my souvenirs   そして その全てを ぼくの記念品にしよう ※
For where she goes I've got to be   彼女の行くところには ぼくも行かなければ ※
The meaning of my life is    それが ぼくの人生の意義なんだ ※

She, she, she   彼女は、彼女は、彼女は



※ a trace of:1.~の形跡(痕跡)。 2.かすかな、わずかな、微量の。
※ beauty & beast で「美女と野獣」の決まり文句。 beast と feast でも韻を踏んでいる。
※ shell:(中身のない)外観、見せかけ。 (人間の)抜け殻。
※ in a crowd:人ごみの中、群集の中、大勢の中で。
※ private:引っ込み思案の、人前に出たがらない。
※ proud:高慢な、得意げな、気位が高い、鼻が高い、鼻にかける、自慢する。
※ allow:許す、許可する。 この部分、「when they cry」となっているので分りにくいですが、この「they」は「she」と理解しています。

※ last:続く、継続する。
※ shadow:影、面影。 幽霊、亡霊。
※ care for:~を大事に思う、~に気を使う、~を愛している、~を憎からず思う。
※ through the rough:「荒れた道を通り抜ける」とか、「苦労をくぐり抜ける」といった感じでしょうか。
※ souvenir:(旅行などの)記念品、(自分のための)土産(みやげ)。
※ have got to be:~でなければならない、~しなければならない。I've got to be going.(もう行かなければ)。I've got to be running.(もう行かないと)
※ meaning of:~の意味、~の意義。
 記事の編集

テーマ : 洋楽歌詞対訳
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

No title

私はこの曲はエルビス・コステロのバージョンで知りました。
声がいいですね。
私も映画は見たことないですが、英語以外の言葉でも歌われていたんですね。
今、コステロのバージョンではありませんが、CMで流れていますね。

saya さん、こんにちは

この曲の元歌はイギリスでのみヒットしたようで、エルビス・コステロのカヴァーにより人気が出たようです。

私もこの映画は観ていないのですが、映画の始めの方ではアズナブール自身の歌も流れるようです。 一応両方聴けるようにしておきましたが、やっぱりコステロの方がいいかも・・・ 
プロフィール

Sumi Haruo

Author:Sumi Haruo
昨年まで老母の介護をしていました。 古い記事へのコメントも大歓迎です。
※記事へのリンクは自由ですが、対訳はあくまでも私個人の解釈なので、訳詞の転載はお断りいたします。
訳詞を掲載したい場合は、記事へのリンクを貼るという形にして下さい。

全記事タイトル表示リンク

全記事タイトルを表示

カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
FC2カウンター
フリーエリア


累計: 検索エンジン登録
本日: SEO対策
昨日: メール配信

アクセスアップ

Mail Form:メールフォーム

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
電子書籍
Amazonから電子書籍を出版しました
QRコード
QR
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。