スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

223. Shine シャイン

Shine シャイン : Joni Mitchell ジョニ・ミッチェル

 ジョニ・ミッチェルは'60年代後半から活動している人でこのブログでも何度か採り上げていますが、これは2007年にリリースしたアルバムからのタイトル・チューン(曲)です。


Shine
Alubm : Shine [Import]
  シャイン

Released: 2007
Written by: Joni Mitchell (ジョニ・ミッチェル)
Produced by: Joni Mitchell

ジョニ・ミッチェルについて:
Joni Mitchell
 フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』  

 2002年にミュージシャンとして引退宣言をしたジョニ・ミッチェルでしたが、5年ぶりに復帰してリリースされたのがこの曲を含むアルバムでした。 絵画の方面でも活躍しているとはいえ、あれだけの才能を持っている人ですから表現したいものを伝えずにはいられなかったのでしょう。
 この曲はシングル・カットはされていませんし、およそヒット曲とも無縁のものですが、こうした音楽もあるということを知ってもらいたくて採り上げてみました。

 歌詞は環境問題やイラク戦争などをやんわりと皮肉ったものですが、彼女の場合声高(こわだか)にそれを叫ぶのではなく、穏やかなメロディにのせてゆったりと歌っているところは "Cool Water"(クール・ウォーター)と同じ手法です。 トロントの英字新聞"The Globe and Mail" はこの曲を "a lush lullaby for the soul"(魂のためのぜいたくな子守唄)と評しました。
 楽観的な明るい未来ではなく、厳しい現実を見つめながらも決して悲観したり冷たくなることなく、そうした世界の上に明るい月が照り輝いている―私にはこの歌がそんな風に聴こえます。

 この曲にはジェームス・テイラーがアコースティック・ギターで参加している他に、元夫のラリー・クレインがベースで参加しているのがうれしいニュースでしょうか。 今回は彼女のペインティングは見られませんが、ジャケット写真を撮っているのはジョニ自身のようで、Alberta Ballet(アルバータ・バレエ)のダンサーたちがモデルとなっています。

 このアルバムのオープニングには "One Week Last Summer" (ワン・ウィーク・ラスト・サマー)という曲が収められていますが、この曲は翌年のグラミーで "Best Pop Instrumental Performance" (ベスト・ポップ・インストゥルメンタル・パフォーマンス)を受賞しました。 どちらもシングルにはなっていないので、リンクを通して聴いてみて下さい。

アルバム参加ミュージシャン:
* Joni Mitchell - vocals, guitar, piano, keyboards
* Larry Klein - bass
* Greg Leisz - pedal steel guitar
* Brian Blade - drums
* Bob Sheppard - saxophone
* James Taylor - acoustic guitar on "Shine"

Shine 『シャイン』を聴く:
(※開くまでに時間がかかりますが、のんびりお待ち下さい。 しばらくすると、自動的に再生が始まります)

  ●歌詞と訳詞●

Oh, let your little light shine   小さな灯りを 輝かせよう
Let your little light shine   小さな灯りを 輝かせよう
Shine on Vegas and Wall Street   (ラス)ヴェガスと ウォール街の上に 輝きを
Place your bets    人々の賭け事に ※
Shine on the fishermen   漁師たちの上にも 輝きを
With nothing in their nets   彼らの網の中に 何も入っていなくても
Shine on rising oceans and evaporating seas  海面の上昇と、蒸発する海の上に 輝きを ※ 
Shine on our Frankenstein technologies  我々のフランケンシュタイン技術の上にも 輝け ※
Shine on science   科学の上に 輝きを
With its tunnel vision   その(トンネルのように)狭い視野の上にも 輝け ※
(tunnel vision)
Shine on fertile farmland   肥沃な農地の上に 輝きを
Buried under subdivisions    分譲地の下に 埋められてしまったものに ※

Oh, let your little light shine   小さな灯りを 輝かせよう
Oh, let your little light shine    小さな灯りを 輝かせよう
Shine on the dazzling darkness   目がくらむほどの暗闇の上に 輝きを ※
That restores us in deep sleep   それは深い眠りで 我々を回復させてくれるから ※
Shine on what we throw away   我々が 投げ棄てたものの上に 輝きを ※
And what we keep    そして 我々が保持しているものにも

Shine on Reverend Pearson   師ピアソン(Carlton Pearson)の上に 輝きを ※
Who threw away    彼が 投げ棄てたものにも
The vain old God   うぬぼれの強い 年寄りの神にも ※
kept Dickens and Rembrandt and Beethoven ディッケンズとレンブラントとベートーベンを守り
And fresh plowed sod   そして 新鮮な 耕された芝土にも ※
Shine on good earth, good air, good water  素晴らしい大地、良い空気、きれいな水の上にも
And a safe place   そして 安全な場所にも
For kids to play   子供たちが あそぶための
Shine on bombs exploding   爆発する爆弾の上に 輝け
Half a mile away    半マイル(800m)離れたところで

Oh, let your little light shine   小さな灯りを 輝かせよう
Let your little light shine   小さな灯りを 輝かせよう
(shine, shine)
Shine on world-wide traffic jams   世界中の 交通渋滞の上にも 輝きを ※
Honking day and night   昼も夜も クラクションを鳴らし続けて ※
Shine on another asshole  他の嫌な奴にも 輝きを ※
Passing on the right!   信号無視で! ※
Shine on the red light runners  赤信号を無視するドライバーたちに 輝きを ※
Busy talking on their cell phones   携帯電話の おしゃべりで忙しい人たちにも ※
Shine on the Catholic Church   カトリック教会の上にも 輝きを
And the prisons that it owns   そして そこが所有している刑務所にも
Shine on all the Churches   すべての教会の上に 輝き渡れ
They all love, less and less   彼らのすべての愛は 次第に減少しているから ※
Shine on a hopeful girl   希望にあふれた 少女の上にも 輝け
In a dreamy dress   夢のようなドレスを着ているものに

Oh, let your little light shine   小さな灯りを 輝かせよう
(shine, shine ..)
Let your little light shine   小さな灯りを 輝かせよう
Shine on good humor   上手なユーモアに 輝きを ※
Shine on good will   善意の上にも 輝け ※
Shine on lousy leadership   見下げ果てたリーダー・シップ(指導者たち)の上に 輝け ※
Licensed to kill   殺しのライセンス(許可証)にも
Shine on dying soldiers   死に瀕した 兵士たちの上に 輝き渡れ
In patriotic pain   愛国心の 痛みの中で ※
Shine on mass destruction   大量破壊(殺戮)の上に 輝け ※
In some God's name!   ある神の御名(みな)において!
Shine on the pioneers   パイオニア(開拓者)たちの上に 輝きを
Those seekers of mental health  メンタル・ヘルス(心の健康)の探求者たちに ※
Craving simplicity   単純さを渇望し ※
They traveled inward   彼らの内なる世界を旅して
Past themselves...   彼ら自身を 越える・・・
(let your little light shine)   (小さな灯りを 輝かせよう)
May all their little lights shine   すべての彼らの小さな灯りが 輝きますように



※ place a bet:「賭けをする」。"place bet"だと「複勝式勝馬投票」ですが、前にラス・ヴェガスが出てきますから賭け事としておきます。 株(ウォール街)も賭けみたいなものですし・・・
※ rising ocean:海面上昇。 (地球の温暖化でしょう)
※ evaporate:蒸発する、消える、消滅する。 (こちらは干ばつによるものでしょう)
※ Frankenstein:フランケンシュタイン。 死体からモンスターを作り出した博士であるが、英国で"Frankenstein food" というと「遺伝子組み換え食品の軽蔑と批判を込めた俗称」。 "Frankenstein veto" で、「フランケンシュタイン拒否権」(法案の文言を元の意味とは全く異なるものに書き換える拒否権)と、あまり良い意味では使われません。
※ tunnel vision:視野狭窄(しや・きょうさく)、つまり視野が非常に狭いということ。

※ subdivision:分譲地。
※ dazzle:目がくらむ、幻惑する、キラキラと輝く。
※ restore:回復させる、元気を取り戻させる。
※ throw away:~を投げ捨てる。 浪費する、無駄に費やす。

※ Reverend Pearson:師ピアソン。 "Carlton Pearson" (カールトン・ピアソン)のこと。2000年にジョージ・W・ブッシュのための運動をしてホワイト・ハウスに招かれたりTVの高視聴率番組に出演したりしていたが、2004年に異端者宣告を受けてから急速に人気が衰える。 ゴスペル・シンガーでもある。
※ vain:「空しい」の他にも、「虚栄心の強い」や「うぬぼれが強い」という意味にもなります。 この歌詞はかなり皮肉が込められていますから、後の方にしておきました。
※ sod:「芝」や「芝生」。 英俗で、「嫌な奴」とか「男色者」という意味もありますが・・・

※ world-wide:世界中、全世界。
※ traffic jam:交通渋滞。
※ Honking:クラクションを鳴らす。(ホンクはクラクションの音で、前の交通渋滞から来ている)
※ asshole:"ass" は「尻」とか「ケツ」の意味になりますが、それに"hole" が付いて「(卑)ケツの穴」の意味。 他にも「嫌な奴」、「ろくでなし」、「クソッタレ」などの意味があります。 学校では教えませんので、良い子の皆さんは真似しないで下さい。
※ passing on the right:信号無視。
※ red light runner:赤信号を無視するドライバー。
※ cell phone:(セル方式の)携帯電話。 日本だと "mobile phone" ですが。
※ less and less:次第に少なく(減少して)。

※ good humor:1.上手なユーモア。2.上機嫌。
※ goodwill:親切、善意、誠意、友好。
※ lousy:(「シラミだらけ」の意)劣っている、質の悪い。卑劣な、見下げ果てた。気に食わない。
※ patriotic:愛国的な、愛国心の強い。
※ mass destruction:大量破壊(殺戮:さつりく)
※ mental health:メンタル・ヘルス。心の健康。精神的健康。
※ simplicity:単純、簡潔、簡素、質素、簡単。(単純な単語ほど、訳すのが難しいです)
 記事編集

テーマ : 洋楽歌詞対訳
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

No title

何とも言えない不思議な気持ちになる曲ですね。

目を閉じて聴いていると、自分が泡になって水中から木漏れ日を見上げている、光のプリズムに吸い込まれていくような・・・
そんなふわふわした不思議な光景に包まれていきます。

で、歌詞と和訳、解説(有難いです)を読ませてもらうと、
あぁ、そういうことだったの、と納得です。
声高に叫ばれると、逆に少し冷めた目で見てしまうことがあるのですが、さすが!ですね。

一筋の光が見えました。

ミオさん、こんにちは

ジョニ・ミッチェルはヒット曲の世界からはどんどん離れて自由にやっているようですが、ジャズやロックといったジャンルの垣根を越えて多くのミュージシャンたちからリスペクトされています。

この曲もヒット曲ではないのでラジオから流れることはほとんど無いでしょうが、こうした曲もあるということを知ってもらいたくて採り上げてみました。
私は静かな夜などに、時々この曲を聴きたくなります。
プロフィール

Sumi Haruo

Author:Sumi Haruo
昨年まで老母の介護をしていました。 古い記事へのコメントも大歓迎です。
※記事へのリンクは自由ですが、対訳はあくまでも私個人の解釈なので、訳詞の転載はお断りいたします。
訳詞を掲載したい場合は、記事へのリンクを貼るという形にして下さい。

全記事タイトル表示リンク

全記事タイトルを表示

カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
FC2カウンター
フリーエリア


累計: 検索エンジン登録
本日: SEO対策
昨日: メール配信

アクセスアップ

Mail Form:メールフォーム

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
電子書籍
Amazonから電子書籍を出版しました
QRコード
QR
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。