スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

211. Imitation of Life イミテイション・オブ・ライフ

Imitation of Life イミテイション・オブ・ライフ : R.E.M. アール・イー・エム

 R.E.M.の曲は 「Losing My Religion」(ルージング・マイ・レリジョン)以来二度目となりますが、これはあれから10年経って三人となった2000年代のR.E.M.です。

Alubm : Reveal
  ベスト・オブ・R.E.M.
(試聴可)
Released: 2001
Written by: Peter Buck,Mike Mills,Michael Stipe (R.E.M.)
Produced by: Pat McCarthy and R.E.M.

  R.E.M.について:
Mike(B) , Michael(Vo) , Peter(G)
 フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』  

 R.E.M.は「1997年にドラムのビル・ベリーが健康上の理由により脱退」(「ウィキペディア」より)してから、残りの三人のメンバーで活動しています。 彼らの後から’90年代になって登場したグランジとかオルタナティブと言われた人たちのほとんど消えてしまった中で、2000年代になっても変らずに活動を続けています。

 この曲は相変わらずのR.E.M.節(ぶし)で特に目新しいことをやっている訳ではありませんが、こうしたきれいなメロディは古くなることもあまりないので安心して聴いていられます。 本国アメリカではビルボードのヒットチャートで最高83位と彼らのシングルとしては最も低かったようですが、英国のシングル・チャートでは6位となり、スペインと日本では1位を獲得しています。 特に日本では初の1位ということで、日本人好みのメロディなのかもしれません。 歌詞の内容を分かって聴いている人はあまりいないと思うのですが・・・

 ところでその歌詞ですが、Thats sugarcane that tasted good. 「それはいい味のするサトウキビ」
―の「sugarcane」(シュガーケーン:砂糖きび)は何かの隠語かと思って調べてみたのですが、特にこれといった意味は出てきませんでした。
 ローリング・ストーンズの「ブラウン・シュガー」の歌詞に、
Brown Sugar, how come you taste so good 「ブラウン・シュガー、お前は何て美味(うま)いんだ」
―という似たような歌詞があって、(「ブラウンシュガー」は精製していないヘロインの隠語)、この歌詞にも何か意味があるのかと思ったのですが、特に深い意味はなさそうです。 もしご存知の方がおられましたらお知らせ下さい。 "sugarcane"と"hurricane"、"try"と"cry"、"wood"と"good"といった具合に韻を踏んで歌っているから、あまり難しく考える必要はないのかもしれませんが・・・ 


Imitation of Life 『イミテイション・オブ・ライフ』を聴く:

  ●歌詞と対訳●

Charades, pop skill   ジェスチャー・ゲーム(言葉当てゲーム)、 ポップ(通俗的)な技能 ※
Water hyacinth, named by a poet   (水草の)ホテイアオイ、 詩人によって付けられた名前 ※
Imitation of life.    人生の模倣(コピー) ※

Like a koi in a frozen pond.   凍った池の中の (錦)鯉のように
Like a goldfish in a bowl.   (金魚)鉢の中の 金魚のように
I don't want to hear you cry.   ぼくは きみが泣くのなんか聞きたくない

Thats sugarcane that tasted good.   それはいい味のする サトウキビ ※
Thats cinnamon, thats Hollywood.   それはシナモン、それはハリウッド
C'mon, c'mon no one can see you try.  カモン、よせよ 誰にもきみの努力なんて見えないさ ※

You want the greatest thing   きみは 最も素晴らしいものを欲しがる
The greatest thing since bread came sliced.  パンが薄くスライスされて以来 最上のものを 
You've got it all, you've got it sized.  きみは全てを手に入れた、そのサイズのものを手に入れた

Like a Friday fashion show teenager   金曜日のファッション・ショーの 十代の若者みたいに
Freezing in the corner   片隅で フリーズして(凍りついて/固まって)いる
Trying to look like you don't try.   きみが努力していないように見えるよう、努力してみる

Thats sugarcane that tasted good.   それはいい味のする サトウキビ
Thats cinnamon, thats Hollywood.   それはシナモン、それはハリウッド
C'mon, c'mon no one can see you try.  カモン、やめろよ 誰もきみの努力なんて見てやしない

(間奏)  (No one can see you cry...)  (誰にも きみの泣くのなんて見えやしない・・・)

That sugar cane that tasted good.   そのいい味のする サトウキビ
That freezing rain, that's what you could.   その氷晶雨(※)、 それがきみにできること
C'mon, c'mon no one can see you cry.  カモン、よせよ 誰にもきみの泣くのなんか見えやしない

This sugarcane   この サトウキビ
This lemonade   この レモネード
This hurricane, I'm not afraid.   こんなハリケーン(※)、ぼくは怖くなんかない
C'mon, c'mon no one can see me cry.  カモン、やめろよ 誰もぼくの泣くのなんか見てやしない

This lightning storm   この 稲妻を伴った暴風雨
This tidal wave   こんな 大津波
This avalanche, I'm not afraid.   こんな 大雪崩(なだれ)、ぼくは怖くなんかない
C'mon, c'mon no one can see me cry.  カモン、よせよ 誰にもぼくの泣くのなんて見えやしない

That sugar cane that tasted good.   そのいい味のする サトウキビ
That's who you are, that's what you could.   それがきみの人柄、 それがきみにできること
C'mon, c'mon no one can see you cry.  カモン、やめろよ 誰もきみの泣くのなんて見えやしない

That sugar cane that tasted good.   そのいい味のする サトウキビ
That's who you are, that's what you could.   それがきみという人、 それがきみにできること
C'mon, c'mon no one can see you cry.  カモン、よせよ 誰もきみの泣くのなんて見てやしない


Charades:(ジェスチャー・ゲーム)身振り手振りで言葉を言い当てるあそび。
Water hyacinth:(ウォーター・ヒヤシンス)金魚鉢に浮かんでいる水草の「ホテイアオイ」のこと。
imitation of: ~の模倣(コピー)、物まね。
life:「人生」の他にも「生活」や「生命(いのち)」など色々な意味があります。

sugarcane:シュガー・ケーン。砂糖きび。
C'mon:"come on" の詰めた形。普通に「来なさい」という意味の他に、「さあ」とか「早く」といった命令形や、「頑張れ」、「元気を出せ」という励ましや、冗談が過ぎる時に反語として「よせよ」とか「やめてくれ」とか「いい加減にしてくれ」といった使い方まで色々あります。 日本語に変換するのは難しいですが、どちらかというと反語的に使っているみたいです。

freezing rain:氷晶雨。(雲の中で作られた氷の結晶が落下中に解けて雨粒となったもの)
hurricane:ハリケーン。 前の"sugarcane"(シュガーケーン:砂糖きび)と並べて韻を踏んでいる。
記事編集

テーマ : 洋楽歌詞対訳
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

聞いたことはある曲だったのですが、歌詞を見たのは初めてです。
韻を一杯踏んでいておもしろいですね。
だから耳にのこるんでしょうね。

ブログの更新、嬉しいです!!

先月で小説の対訳が完了し、その間に訳した洋楽の歌詞がたまっていたのでスポット的に更新してみました。 小説の方はこれから図解や地図などを付けてブログにする作業が残っていますが、それは残りの半年くらいをかけてのんびりやるつもりでいます。

このブログを本格的に再開するのはまだ先のことになりますが、とりあえず2000年代の比較的新しい曲を中心に何曲かやってみたいと思っています。 最近の曲は知らないものが多いのですが、とりあえず耳に残っている曲を集めてみました。

新規更新ありがとうございます。

しかも更新日時にも洒落っ気あふれて。

ゆっくりじっくり拝見させていただきます。

サファイアさん、こんにちは。

このブログは30曲ずつインデックスを並べる都合上、日付を揃えているだけのことです。 その方がリアル・タイムの日付より並べやすいものですから。

今月は2000年代の曲を少しやってから、またしばらくお休みする予定です。 スポット的にやることはありますが、こちらを本格的に再開するのは今やっていることがすっかり片付いてからになるでしょう。

久しぶりの更新、嬉しいです。
小説の訳をやっていたのですね。それが完了したのですか、すごいです。実は私もそのうち、好きな小説の訳をやって、できたらそれをブログにのせてみたいな~なんて漠然と思っているのですが、いやはや、実現は遠い遠い先のことになりそうです。着実に毎日積み上げなくちゃ実現できないとわかりつつ、逃げ水のようにいつも遠くに見えているだけ。その点MusicBlogさんは、時間を有効に使ってらっしゃるのですよね。素晴らしいです。私も頑張らなくちゃ。
ところでImitation of Life、大好きな曲です。R.E.Mの(きっと)ファンなので彼らの曲で好きなものは多いのですが、これもいい曲だな~と思います。ぴりぴりとしたアイロニーを効かせつつも、個人の抱える心の痛みというか弱さみたいものをじんわりと伝えて来るところが泣かせる、R.E.Mらしいなと思います。
そうですか、日本で初登場1位だったのですか。

puru-suto さん、こんにちは。

私は老母の介護をしているので、ほとんど身動きできないし自分の時間もあまり取れません。 でも母が寝ている間にPCに向かうことくらいならできるので、その間に自分でもできることをやっています。

小説の対訳にしても一日に1~2ページ訳すのが精一杯ですが、それでも半年続けていたら300ページくらいの小説が翻訳できました。毎日の積み重ねの大切さは歳をとるほど分ってきます。

これからその訳文を読み返して修正を加えてから、図解や挿絵などを入れてブログにまとめる作業が残っていますが、それはこれから残りの半年をかけてゆっくりやるつもりでいます。

歌詞の対訳も相変わらずやっていて、それが少したまったので久々に更新してみました。 たまにやる方が楽しいので、こちらはしばらく不定期更新で続けることにいたします。

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
プロフィール

Sumi Haruo

Author:Sumi Haruo
昨年まで老母の介護をしていました。 古い記事へのコメントも大歓迎です。
※記事へのリンクは自由ですが、対訳はあくまでも私個人の解釈なので、訳詞の転載はお断りいたします。
訳詞を掲載したい場合は、記事へのリンクを貼るという形にして下さい。

全記事タイトル表示リンク

全記事タイトルを表示

カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
FC2カウンター
フリーエリア


累計: 検索エンジン登録
本日: SEO対策
昨日: メール配信

アクセスアップ

Mail Form:メールフォーム

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
電子書籍
Amazonから電子書籍を出版しました
QRコード
QR
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。