208. In My Life イン・マイ・ライフ

In My Life イン・マイ・ライフ : Bette Midler ベット・ミドラー

 これはビートルズの曲―というより、ジョン・レノンの曲と言って良いでしょう。 ジョン・レノンのカヴァー・ソングは Across the Universe(アクロス・ザ・ユニバース)以来二度目となります。


Alubm : For The Boys
フォー・ザ・ボーイズ)  グレイテスト・ヒッツ

Released: 1991
Written by: John Lennon, Paul McCartney
Produced by: Arif Mardin
Strings arranged by Arif Mardin
  ベット・ミドラーについて:
Bette Midler
 フリー百科事典『ウィキペディア』  

 この曲はベット・ミドラー主演の映画、For The Boys」(フォー・ザ・ボーイズ)の中で歌われ、サウンド・トラック・アルバムにも収められています。 映画の中では他の俳優のセリフが入ったり、バックの演奏がキーボードだけなので、サウンド・トラックの方は後からスタジオで改めて録音されたもののようです。
 ●映画で歌われていたシーンはこちら(YouTube)

 同じビートルズの楽曲でも、ポール・マッカートニーは先にメロディが浮かんで後から歌詞を当てはめて行くタイプなのに対し、ジョン・レノンは大切に歌詞を書いてからそれに合うようにメロディを付けて行くというやり方が多かったようです。 この曲もゆっくり歌われると歌詞が対比によって書かれているのが良く分かりますし、改めて名曲だったことにも気付かされました。 ビートルズのようにあれだけ多くのヒット曲があると、つい聞き流してしまうことが多いものですから・・・
 ● そのビートルズの元歌はこちら

 元歌とは少しアレンジを変えて聴かせながら、それでいてそのニュアンスを損なわないカヴァーというのは稀ですが、結局はそれを歌う歌手の力量次第であり、こうしたカヴァーならば大好きです。 下手なカラオケみたいに、かえって歌を駄目にしてしまうカヴァーの方が多いのには困ったものですが・・・

In My Life 『イン・マイ・ライフ』を聴く:
(※開くまでに時間がかかりますが、のんびりお待ち下さい。 しばらくすると、自動的に再生が始まります)

  ●歌詞と訳詞●

There are places I remember   忘れられない 場所がある
All my life,    わたしの 生涯の中で
though some have changed.   その中の幾らかは 変ってしまった
Some forever, not for better.   そのままの場所もあれば、 そうでないところもある ※
Some have gone, and some remain.   消えてしまった場所も、 まだ残っているところも

All these places have their moments   それら全ての場所は その時と共に
With lovers and friends   恋人たちや 友だちと結びついていて
I still can recall.    わたしは まだ思い出すことができる
Some are dead and some are living.   ある者は死んでしまい、ある人はまだ生きているけど
In my life I love them all.   わたしの人生の中で 彼らすべてを愛している


But of all these friends and lovers,   でも それら全ての 友だちや恋人たちも
There is no one compares with you.   あなたと比べられる人は 誰もいない
And these memories lose their meaning   そして それらの思い出も 意味を失ってしまう
When I think of love as something new.   わたしが 新しい愛について考える時には

Though I know     わたしは わかっている
I'll never ever lose affection   自分は決して 愛情を失わなうことは無いだろうと ※
For people and things that went before,   過ぎて行った人たちや ものごとについて、
I know I'll often stop   わたしはしばしば 立ち止まって
and think about them.   彼らについて 考えるけど
In my life I love you more.   わたしの人生の中で あなたを最も愛している

(間奏)

Though I know     わたしは わかっている
I'll never ever lose affection   自分は決して 愛情を失わなうことは無いだろうと
For people and things that went before,   過ぎて行った人たちや ものごとについて
I know I'll often stop   わたしはしばしば 立ち止まって
and think about them.   彼らについて 考えるけど
But in my life I loved you more.   でも わたしの人生の中で あなたを最も愛していた

I love you more.    あなたを最も愛している
I love you more.     あなたを最も愛している


※ for better :ここはたぶん意味としては「Some forever, not forever」ということで、ただ重複を避けて韻を踏むために「not for better」としたのではないかというのが私の解釈です。意味としては「そうでないもの」としておきました。
※ affection :「愛情」、「感情」

記事編集

テーマ : 洋楽歌詞対訳
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

映画「ローズ」でも使われてましたね。私の大好きな1曲です

mayugeee3 さん、こんにちは。

この曲は解説にもありますが映画 「For The Boys」(フォー・ザ・ボーイズ)の中で使われていました。
「The Rose」(ローズ)も同じベット・ミドラー主演の映画ですが、あちらの主題歌は「ローズ」の方で、このブログの3回目でも採り上げています。

どちらもいい曲で、どちらも好きですが・・・
それはともかくとして、コメントありがとうございました。

あーーローズはそうでした~コメント返しありがとう御座います!
プロフィール

Sumi Haruo

Author:Sumi Haruo
昨年まで老母の介護をしていました。 古い記事へのコメントも大歓迎です。
※記事へのリンクは自由ですが、対訳はあくまでも私個人の解釈なので、訳詞の転載はお断りいたします。
訳詞を掲載したい場合は、記事へのリンクを貼るという形にして下さい。

全記事タイトル表示リンク

全記事タイトルを表示

カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
FC2カウンター
フリーエリア


累計: 検索エンジン登録
本日: SEO対策
昨日: メール配信

アクセスアップ

Mail Form:メールフォーム

リンク
電子書籍
Amazonから電子書籍を出版しました
QRコード
QR
RSSリンクの表示