13. 2000 Miles (2000マイルズ)

2000 Miles 2000マイルズ : The Pretenders プリテンダーズ


2000 Miles
Alubm :Learning to Crawl
Learning to Crawl
  ラーニング・トゥ・クロール
ラーニング・トゥ・クロール

Released: 1984
Written by: Chrissie Hynde
Produced by: Chris Thomas

  プリテンダーズについて:
The Pretenders
 フリー百科事典『ウィキペディア』 

 プリテンダーズはクリッシー・ハインド(ヴォーカル&ギター&ソング・ライティング)を中心としたバンドですが、メンバー・チェンジの激しいグループでもありました。 この曲を収録した3作目のアルバムが制作される前に二人のメンバーがドラッグにより急死して、最初のメンバー・チェンジを余儀なくされます。

 クリッシーは元々アメリカのオハイオ出身の女性ミュージシャンですが、23歳の頃イギリスに渡って音楽関係の仕事をしながらミュージシャンとしても活動していました。 そしてクリス・トーマスの紹介で知り合った三人組とプリテンダーズを結成します。 デビューする頃には28歳になっていますから遅咲きですね。
 クリッシーはその前にニック・ロウのプロデュースでキンクスの「ストップ・ユア・ソビン」のカヴァー曲をレコーディングしていて、ニック・ロウからはバンドのギタリストにならないかと誘いを受けたようです。 クリッシーはあくまでも自分のバンドにこだわっていたのでその誘いは断っているし、のちにキンクスのリーダーであるレイ・デイヴィスとの間に子供をもうけています。

 バンドは一作目・二作目のアルバムが共にヒットして人気グループになりますが、ベーシストのピートはドラッグでステージでの演奏をぶち壊すようになり、更にかつてはクリッシーとは恋人同士だった関係もあって、互いに顔も見たくないという状態になり、結局ピートはバンドをクビになります。 けれどもその二日後にメンバーのジェイムスがヘロインのオーヴァー・ドーズ(過剰摂取)で急死してしまいました。 その後クリッシーはレイ・デイヴィスとの子どもを出産、クビになったピートもドラッグが原因で死亡、そしてクリッシーはレイ・デイヴィスと離婚と、正に波乱に満ちたドラマのような人生を駆け抜けて行きます。

 ―そんな中で新しいメンバーの加入で作り上げた3作目のアルバムは、そうした困難など微塵も感じさせない内容となっていますが、それだけにかえって胸に迫るものがありました。 アルバムのラストに収められていて、今ではクリスマス・ソングの一つとなっている 「2000マイルズ」 は、亡くなったメンバーのピートとジェイムスに捧げられたレクイエム(鎮魂歌)なのかもしれません。


Grooveshark で ● 2000 Miles 「2000(トゥ・サウザンド)マイルズ」を聴く:

  ●歌詞と対訳:

He's gone 2000 miles   彼は いってしまった 2000マイルもの
It's very far   はるか遠い彼方(かなた)へと
The snow is falling down   雪は降りしきり
Gets colder day by day   日ごとに 寒くなる
I miss you   あなたが恋しい

The children will sing   子供たちが歌い始める
He'll be back at christmastime   クリスマスの頃には 彼も戻ってくるでしょう

In these frozen and silent nights   凍(い)てついて 静かな夜々
Sometimes in a dream you appear   時々夢の中に あなたは現れる
Outside under the purple sky   外では 紫色をした空の下で
Diamonds in the snow sparkle   雪の中のダイヤモンドが きらめく
Our hearts were singing   私たちの心は 歌っていたわね
It felt like christmastime   まるで クリスマスの頃のように

2000 miles   2000マイルもの
Is very far through the snow   はるか雪の中を超えて
I'll think of you   あなたを想うでしょう
Wherever you go   あなたが どこへ行こうとも

He's gone 2000 miles   彼は 行ってしまった 2000マイルもの
It's very far   はるか遠い彼方へと
The snow is falling down   雪は降りしきり
Gets colder day by day   日ごとに 寒くなる
I miss you   あなたが恋しい

I can hear people singing   私は 人々が歌うのを聴く
It must be christmastime   クリスマスの頃には きっと
I hear people singing   私は 人々が歌うのを聴く
It must be christmastime   クリスマスの頃には きっと
記事編集

テーマ : 洋楽歌詞対訳
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Sumi Haruo

Author:Sumi Haruo
昨年まで老母の介護をしていました。 古い記事へのコメントも大歓迎です。
※記事へのリンクは自由ですが、対訳はあくまでも私個人の解釈なので、訳詞の転載はお断りいたします。
訳詞を掲載したい場合は、記事へのリンクを貼るという形にして下さい。

全記事タイトル表示リンク

全記事タイトルを表示

カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
FC2カウンター
フリーエリア


累計: 検索エンジン登録
本日: SEO対策
昨日: メール配信

アクセスアップ

Mail Form:メールフォーム

リンク
電子書籍
Amazonから電子書籍を出版しました
QRコード
QR
RSSリンクの表示