スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

194. Goodbye グッドバイ

Goodbye グッドバイ : Mary Hopkin メリー・ホプキン

 メリー・ホプキンは17歳でビートルズのポール・マッカートニーに見出されて彗星のごとくデビューし、ファースト・シングルがいきなり1位に輝いたシンデレラ・ガールです。 その後もヒットを重ねますが本人はそうしたポップな曲は歌いたくなかったようで、わずか3年ほどでヒット曲の世界からは姿を消してしまいました。


Alubm : Those Were the Days
  ベスト・オブ・メリー・ホプキン

Released: 1969
Written by: Paul McCartney
Produced by: Paul McCartney (ポール・マッカートニー)

  メリー・ホプキンについて:
Mary Hopkin
 フリー百科事典『ウィキペディア』  

 デビュー・シングルの Those Were the Days(邦題:「悲しき天使」)は当時1位だったビートルズの「ヘイ・ジュード」を抜き、イギリスで1位となりました(アメリカでは「ヘイ・ジュード」に続く2位)。
 この曲はロシアのジプシー・ソング「Dorogoi dlinnoyu」に Gene Raskin(ジーン・ラスキン)が英語の歌詞を付けたもので、およそ若い娘が歌うにはふさわしくなかった気がします。 18歳の娘が「あの頃は良かったわ」―と昔をしのんでも、どうもピンときませんでしたから・・・

 この曲はそれに続くセカンド・シングルとしてポール・マッカートニーが彼女のイメージで書き下ろし、バックのギターもポール自身が弾いています。(当時の取り決めで「レノン・マッカートニー作」となっていますが、ジョンは参加していません) この曲もイギリスで2位となり、その時の1位はビートルズの「ゲット・バック」でした。 どちらもポールの曲ですね・・・

 歌詞のコーラスにある goodbye, my love, goodbye ―くらいは当時高校生だった私にも何とか判り、てっきり恋にサヨナラを言ってると思っていましたが、どうも歌詞を良く読んでみると違うようです。
 18歳のメリーは家族と離れてウェールズからロンドンに出てきた訳ですが、この曲の主人公も遠くにいる恋人の元に向かうので「my love」に対しグッバイと言っているようです。 そうするとこの「my love」は「恋人」ではなく、おそらく愛する母親であり、後に残して行くのはまだ寝ている父親ということでしょうか。 少なくとも両親に祝福されて結婚式を挙げるカップルではなさそうです。
 メリー・ホプキンは母親と一緒にロンドンへ行ってアップル・レコードと契約を交わしますが、父親は未成年の娘が一人でそうした世界に飛び込むことが不安だったようで、そうした彼女の旅立ちを歌にしたのでしょう。

 その後も Temma Harbour(夢みる港)や Knock Knock Who's There(しあわせの扉)と快調にヒットを飛ばし、1970年の大阪万国博覧会の時には来日して、その万博会場で行ったコンサートはNHKのTVで放送されました。 まだ家庭用ビデオ・デッキなど影も形もなかった時代ですが(やっと我が家もカラー・テレビになった頃)、記憶の片隅には何となく残っています。

 1971年にはそれまでのポップス路線から離れたセカンド・アルバム Earth Song, Ocean Song(邦題:「大地の歌」)をトニー・ヴィスコンティのプロデュースで制作します。 トニー・ヴィスコンティはバッドフィンガーやT・レックスのプロデュースを手がけた人で、メリー・ホプキンが本当にやりたかったことをやらせてあげることで、本人も納得の行く仕上がりになったとか。 その年に二人は結婚しメリーはアップル・レコードから離れて結婚生活に入り、音楽業界からその名前が聞かれることはなくなりました。
 
 1982年にハリソン・フォード主演のブレードランナーというSF映画がありましたが、ヴァンゲリスが担当した映画音楽の中にメリー・ホプキンの名前が出てきます。 レプリカント(アンドロイド)にレイチェルという女性が登場しますが、そのテーマの Rachael's Song をメリー・ホプキンが歌っていました。 アップル時代の面影はまったく無く歌詞も無い曲ですが、メァリーのその後の声が聴ける貴重なものとなっています。

Goodbye 『グッドバイ』を聴く:
(※自動的に再生が始まらない時は、上にある「PLAY」をクリックして下さい)

  ●歌詞と訳詞●

Please don't wake me up too late   どうか わたしを起こすのが 遅くならないで ※
tomorrow comes and I will not be late.   明日が来たら わたしは遅れる訳に行かないから
Late today when it becomes tomorrow,   今日はもう遅いけど 明日がやってきたら
I will leave to go away.   わたしは 去って行くの

(Chorus)
Goodbye, goodbye, goodbye,   さよなら、さよなら、さよなら
goodbye, my love, goodbye.   さよなら、わたしの愛する人、さようなら ※


Songs that lingered on my lips,   わたしが いつも口ずさんでいた歌たちは ※
excite me    わたしを励まして ※
now and linger on my mind.   今もわたしの心の中に 残っているの
Leave your flowers at my door   あなたからの花束は わたしのドア(の前)に置いておいて ※
I'll leave them   わたしは それを残していくから
for the one who waits behind.   後に残された その人のために ※

(Chorus)
Goodbye, goodbye, goodbye,   さよなら、さよなら、さよなら
goodbye, my love, goodbye.   さよなら、わたしの愛する人、さようなら

Doo, doo, doo, doo, doo, doo, doo, doo, doo,
Doo, doo, doo, doo, doo, doo, doo, doo, doo,
Doo, doo, doo, doo, doo, doo, doo, doo, doo,
Doo, doo, doo, doo, doo, doo, doo, doo, doo,

(Chorus)
Goodbye, goodbye, goodbye,   さよなら、さよなら、さよなら
goodbye, my love, goodbye.   さよなら、わたしの愛する人、さようなら

Far away my lover sings a lonely song   遠く離れた私の恋人が さびしい歌を歌っている
And calls me to his side.   そして わたしを彼の元へと呼び寄せるの
When the song of lonely love,   さびしい恋の歌が
invites me on    わたしを 招いているの
I must go to his side.   彼の元へと 行かなければ

(Chorus)
Goodbye, goodbye, goodbye,   さよなら、さよなら、さよなら
goodbye, my love, goodbye.   さよなら、わたしの愛する人、さようなら


※ wake me up :これは娘が母親に「起こして」と頼んでいるのでしょう。 前の「don't」はその後の「too late」(とても遅く)にかかるようで、そうでないと「私を起こさないで」となってしまいます。
※ my love :普通なら「わたしの恋人」ですが、これから恋人のところへ向かう訳ですから、おそらく若い娘が母親に対して言っているのでしょう。 どう訳すかで意味が違ってきます。
※ linger :「あとまで残る」、「容易に去らない」 
※ excite :「激励する」、「刺激する」、「興奮させる」
※ your flowers :これは母親から娘への花束ということでしょうか。 要するに結婚式をせず、父親には知らせずに家を出るという状況のようです。 父親は娘の結婚を認めていないのでしょう。
※ the one who waits behind :おそらくこの娘は一人っ子で、母親からの花束を父親に残していくということでしょうか。 私の勝手な解釈ですが・・・

記事編集

テーマ : 洋楽歌詞対訳
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Sumi Haruo

Author:Sumi Haruo
昨年まで老母の介護をしていました。 古い記事へのコメントも大歓迎です。
※記事へのリンクは自由ですが、対訳はあくまでも私個人の解釈なので、訳詞の転載はお断りいたします。
訳詞を掲載したい場合は、記事へのリンクを貼るという形にして下さい。

全記事タイトル表示リンク

全記事タイトルを表示

カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
FC2カウンター
フリーエリア


累計: 検索エンジン登録
本日: SEO対策
昨日: メール配信

アクセスアップ

Mail Form:メールフォーム

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
電子書籍
Amazonから電子書籍を出版しました
QRコード
QR
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。