スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

192. If イフ

If イフ : Bread ブレッド

 ブレッドの数あるヒット曲の中で、現在日本で最もポピュラーなのはこの曲でしょう。 今でも時々ラジオから流れてきますし、ブレッドを知らない人でもどこかで聴いたことがあるのではないでしょうか。 シンプルなグループ名ですが、曲のタイトルはもっと簡単ですね・・・


Alubm : Best of Bread
  ベスト・オブ・ブレッド
(試聴可)
Released: 1971
Written by: David Gates (デヴィッド・ゲイツ)
Produced by: Bread

  ブレッド(バンド) について:
Bread
 フリー百科事典『ウィキペディア』  

 ブレッドは David Gates (デヴィッド・ゲイツ)と James Griffin (ジェイムス・グリフィン)が中心となって結成されたグループです。 1969年のファースト・アルバムはパッとしませんでしたが、1970年のセカンド・アルバムからシングル・カットされた 「Make It With You」(邦題:「二人の架け橋」)が全米1位となりブレイクしました。

 この曲は1971年のサード・アルバム Manna
(邦題:「神の糧」)に収められていたもので、全米4位のヒットを記録しています。 ブレッドは当時「ソフト・ロック」というレッテルを貼られていましたが、この曲も含め非常に良質なポップスを作り出していました。 そうした名称は、現在ではどうでも良いことです。

 1971年の4作目からは Baby I'm-a Want You(愛の別れ道)と Everything I Own(涙の想い出)が全米3位と5位になっているし、5作目の 「Guitar Man」からはタイトル曲の The Guitar Man が全米11位のヒットを記録しています。 現在 last fm で一番人気があるのは 「The Guitar Man」 です。

 日本ではこうした人気を受けて1972年にファースト・アルバムから Dismal Day がシングル・カットされ、「灰色の朝」という邦題でヒットしていました。 当時は英語のタイトルをそのまま読んで理解できる人はまれでしたから、それぞれの曲にこうした邦題が付いているのは仕方の無いことです・・・

 これだけヒット曲に恵まれていた「ブレッド」でしたが、1973年に突然解散してしまいます。 ヒット・シングルとなったのはほとんどがデヴィッド・ゲイツの作品であり、それに対するジェイムス・グリフィンの不満と二人の不仲が主な原因だったようです。 こうしたグループにはありがちなことでしたが・・・
 1976年に一時的に再結成してアルバムを発表し、ツアーも行っていますから、そんなにひどい別れ方というのでもなかったのでしょう。 その20年後にも同じメンバーでワールド・ツアーも行っているようです。

●当時のメンバー:
* David Gates - vocals, guitar, bass, keyboards
* James Griffin - vocals, guitar, keyboards
* Robb Royer - guitar, bass, keyboards
* Mike Botts - drums

Bread の If 『イフ』を聴く:
(※自動的に再生が始まらない時は、上にある「PLAY」をクリックして下さい)

  ●歌詞と訳詞●

If a picture paints a thousand words,   もし一枚の絵を 千の言葉で描くとしたら
Then why can't I paint you?   それならなぜ ぼくはきみを描けないのか?
The words will never show   言葉では 決して言い表せないから
the you I've come to know.   ぼくがこれまでに知っている きみのことを 

If a face could launch a thousand ships,   もし(美しい)顔のために 千の船が船出するなら ※
Then where am I to go?   そのとき ぼくはどこへ行くだろう?
There's no one home but you,   きみ以外に 戻れるところはどこにも無いのに ※
You're all that's left me too.   きみは ぼくに残された すべてのもの

And when my love for life is running dry,   そしてぼくの人生の愛が 渇ききっている時に
You come and pour yourself on me.   きみがやってきて ぼくにきみ(の愛)を降り注いでくれる

If a man could be two places at one time,   もし人が二つの場所で 同時に過ごせるとしても
I'd be with you.   ぼくはきみとだけ 一緒にいたいんだ
Tomorrow and today,   明日も そして今日も
beside you all the way.   きみのそばで ずっと ※ 

If the world should stop   もし 世界が停止するとしたら
revolving spinning slowly down to die,   (地球が)自転をゆっくりと止め 静止してしまったら
I'd spend the end with you.   ぼくはその最後の時を きみと一緒に過ごそう
And when the world was through,   そして 世界が終焉へと向かい始め
Then one by one the stars would all go out,  星々が次々と すべて消え去って行く時 ※   
Then you and I would simply fly away   その時きみとぼくは(共に) ただ飛び去って行くだろう


※ a face :どう考えても「顔」ですが、これは世界を変えたクレオパトラやヘレーナなど伝説の美女の顔にたとえているのでしょう。 トロイのハンサム王子パリスは世界一の美女ヘレーナと駆け落ちしてトロイに逃げ帰ったので、ギリシャ軍は王妃ヘレーナを奪い返すべくトロイに向かって大船団を組んで船出し、9年間にも及ぶトロイ戦争が始まりました。 ホメロスの「イーリアス」はそのことを歌った叙事詩です。
※ home :この場合は単なる「家」というより、「(帰れる)故国」や「(鳥が)巣に帰る」のような「安息の場所」といったニュアンスでしょう。
※ all the way :1.「ずっと」。2.「わざわざ」、「はるばる」
※ one by one :「一つずつ」、「次々に」、「一人一人が」
※ simply :「ただ」、「単に」、「単純に」

記事編集

テーマ : 洋楽歌詞対訳
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとう

北海道の旭川というところに住んでるふぅと申します(^-^;


サンタナのアルバムを初めて買ってブラックマジックウーマンの詩を知りたくなり検索したら貴方に辿り着きました(*^_^*)


ブラックマジックウーマンに限らず他の曲も是非聞いてみたくなりました♪


詳しいですね♪
英語もよく知って居ますね貴方に興味を持ちました♪


ありがとう(*^_^*)
プロフィール

Sumi Haruo

Author:Sumi Haruo
昨年まで老母の介護をしていました。 古い記事へのコメントも大歓迎です。
※記事へのリンクは自由ですが、対訳はあくまでも私個人の解釈なので、訳詞の転載はお断りいたします。
訳詞を掲載したい場合は、記事へのリンクを貼るという形にして下さい。

全記事タイトル表示リンク

全記事タイトルを表示

カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
FC2カウンター
フリーエリア


累計: 検索エンジン登録
本日: SEO対策
昨日: メール配信

アクセスアップ

Mail Form:メールフォーム

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
電子書籍
Amazonから電子書籍を出版しました
QRコード
QR
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。