168. Cool Water クール・ウォーター

Cool Water クール・ウォーター : Joni Mitchell ジョニ・ミッチェル (&ウィリー・ネルソン)


Alubm : Chalk Mark in a Rain Storm
レインストームとチョークの痕

Released: 1988
Written by: Bob Nolan (1936), Revised lyrics by Joni Mitchell
Produced by: Joni Mitchell, Larry Klein

  ジョニ・ミッチェルについて:
Joni Mitchell
 フリー百科事典『ウィキペディア』  

 ジョニ・ミッチェル1988年のアルバム Chalk Mark in a Rain Storm
(邦題:「レインストームとチョークの痕」)からの選曲です。 この人もワン・アンド・オンリーと言える人で、ヒット・チャートとはあまり関係なくマイ・ペースで良質な音楽を作り続けています。

 この曲は1936年に Bob Nolan(ボブ・ノーラン)によって書かれ、1947年にThe Sons of the Pioneers がレコーディングした古いカントリー・ソングが元になっています。→  その元歌はこちら。
 砂漠地帯の蜃気楼の中を、年老いた騾馬(らば)と共に一人の男が水を求めてさまよい歩くという歌で、ジョニ・ミッチェルはそれを近年の水飢饉や水質汚染の問題を踏まえ歌詞を変えて歌っています。 アレンジもガラリと変えてほとんど自分の歌にしており、この曲にはウィリー・ネルソンがゲスト・ヴォーカルで参加しています。

 この曲を含むアルバムは多彩なゲストが参加していて、1曲目のMy Secret Place(マイ・シークレット・プレイス)では Peter Gabriel (ピーター・ゲイブリエル)とのデュエットが楽しめます。 この曲も素晴らしい出来なので、リンクを貼っておきますので興味があれば聴いてみて下さい。 カナダ出身のジョニ・ミッチェルが、「私は生まれも育ちもニューヨーク・シティ」―と歌っていますが、この辺りはいつ聴いてもゾクッとします。

●参加ミュージシャン:
 * Joni Mitchell - vocals, guitar, keyboards, programming
 * Willie Nelson - guest vocalist
 * Manu Katch - drums, percussion
 * Steven Lindsey - organ
 * Larry Klein - keyboards, bass, congas, programming
 * Michael Landau - guitar


Cool Water 『クール・ウォーター』を聴く:
(※自動的に再生が始まらない時は、上にある「PLAY」をクリックして下さい)

  ●歌詞と訳詞●

All day I face   一日中 わたしが対峙するのは
the barren waste   荒れて 不毛の土地だけ ※
Without a taste of water   水を口にすること無しで
Cool water   冷たい水を
Old Dan and I   老いぼれ(ラバの)ダンと わたし
Our throats slate dry   わたしたちの喉は スレート(石板)みたいに乾いて ※
Our spirits cry out for water   私たちの心は 水を求めて叫び声をあげる
Cool clear water   冷たい きれいな 水

Keep on movin' Dan   立ち止まらないで ダン
Some devils had a plan   悪魔たちの プラン(計画)だから
Buried poison in the sand   砂の中に 毒を埋めてある ※
Don't drink it, man   それを飲んじゃ駄目
It's in the water   それ(毒)は水の中にも入っているから
Cool clear water   冷たい きれいな 水・・・

In my mind I see   わたしの心に 見えている
A big green tree   大きな 緑の木と
And a river flowin' free   あふれ出る 河の流れが
Waitin' up ahead   この先で 待っている
For you and me   あなたと わたしを
Cool clear water   冷たい きれいな 水が・・・


The nights are cool   夜は 涼しく
and I'm a fool   わたしは バカね
Each star is a pool of water   どの星にも 水が宿っているのに
Cool water   冷たい水が
But come the dawn   でも 夜明けが来れば
We carry on   わたしたちは (また)歩き続ける
We won't last long without water   水無しで 長くはもたない
Cool clear water   冷たい きれいな 水を・・・

Keep on movin' Dan   立ち止まらないで ダン
We're still in no-man's land   わたしたちはまだ 人のいない不毛地帯にいる ※
Dry bones and sand   乾いた骨と 砂だけの
People never planned here for water   人々はここに 水を引く計画は立てなかった
Cool clear water   冷たい きれいな 水を・・・

In my mind I see   わたしの心に 見えている
A big green tree   大きな 緑の木と
And a river flowin' free   あふれ出る 河の流れが
Waitin' up ahead   この先で 待っている
For you and me   あなたと わたしを
Cool clear water   冷たい きれいな 水が・・・


The shadows sway   まぼろしは 揺れ動き
They seem to say   それが 話しかけるように思えてくる
Tonight we pray for water   今夜は 水のためにお祈りをしよう
Cool water   冷たい水を
And way up there   そして 天上におられる・・・
If you care   もし あなたが 気にかけておられるなら
Please show us where   どうか わたしたちに どこにあるか お示し下さい
There's good water   良質の水が あるところを
Cool clear water   冷たい きれいな 水を・・・

Cool clear water   冷たく 澄んだ 水
Cool clear water   冷たい きれいな 水を・・・


※ barren :「やせ地」、「不毛地帯」 
※ waste :「荒れた」、「不毛の」
※ slate :「スレート(石板)」。原詞は「burned dry」である。
※ Buried :「bury」の過去形で、「埋める」、「埋葬する」、「葬る」
※ no-man's land :「不毛の土地」、戦場で敵と味方の「中間地帯」

※ Sons Of The Pioneers の歌う原曲の歌詞はこちら。
記事編集

テーマ : 洋楽歌詞対訳
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Sumi Haruo

Author:Sumi Haruo
昨年まで老母の介護をしていました。 古い記事へのコメントも大歓迎です。
※記事へのリンクは自由ですが、対訳はあくまでも私個人の解釈なので、訳詞の転載はお断りいたします。
訳詞を掲載したい場合は、記事へのリンクを貼るという形にして下さい。

全記事タイトル表示リンク

全記事タイトルを表示

カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
FC2カウンター
フリーエリア


累計: 検索エンジン登録
本日: SEO対策
昨日: メール配信

アクセスアップ

Mail Form:メールフォーム

リンク
電子書籍
Amazonから電子書籍を出版しました
QRコード
QR
RSSリンクの表示