スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

9. You Needed Me 辛(つら)い別れ

You Needed Me 辛(つら)い別れ: Anne Murray アン・マレー


国内版シングル
Alubm : Let's Keep It That Way  The Best...So Far
The Best...So Far

Released: 1978
Written by: Randy Goodrum (ランディ・グッドラム)
Produced by: Jim Ed Norman (ジム・エド・ノーマン)

アン・マレーについて:
Anne Murray
 フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

 アン・マレーはカナダの国民的歌手で、1970年の初ヒット「スノーバード」はどなたも聴いたことがあるのではないでしょうか。 
この曲はカナダ人としては初めて全米No.1 となり、1978年度グラミー賞の最優秀ポップ女性歌手賞にも選ばれました。 日本では1980年にTVドラマの主題歌にもなっています。 邦題のタイトルにわざわざ読み仮名を付けたのは、「からい別れ」―と読む人がいるからです。 辛いですね・・・

 カナダの歌姫といえば今でこそセリーヌ・ディオンでしょうが、この人は40年も前から活躍していました。 しっとりとした歌ですが、タイトルが 「You Needed Me」 ―と過去形になっているところが辛(つら)いですね・・・

 出産と子育てで2年間のブランクから音楽に戻ったアン・マレーは 「Let's Keep It That Way」(アルバムの邦題:「愛の香り」)の制作に入り、プロデューサーにはジム・エド・ノーマンを招きます。
 当時のアンは自分が本当に歌いたい曲を探していたようですが、この曲が収められていたデモ・テープには「Randy Goodrum」の名前が貼られていただけで曲のタイトルさえ判らず、プロデューサーのジムは電話帳を開いてランディの電話番号を探したとか・・・

 ランディ・グッドラムはこの曲のヒットで注目されるようになり、自分で歌ったり、他の人に曲を提供したりしています。 アン・マレーは同じくランディ作の 「Broken Hearted Me」 という曲も歌っていて、ビッグ・ヒットにこそなりませんでしたが、これも美しい曲でした。


● You Needed Me 「辛(つら)い別れ」を聴く:
(※自動的に再生が始まらない時は、上にある「PLAY」をクリックしてみて下さい)


I cried a tear,    私が泣いて 涙を流した時
you wiped it dry   あなたはそれを拭って 乾かしてくれた
I was confused,    私が混乱していた時には
you cleared my mind   あなたは私の心を 静めてくれた
I sold my soul,   私が 自分の魂を売ろうとした時は
you bought it back for me   あなたが買い取って 私に戻してくれた
And held me up -   そして私を支持して
and gave me dignity   私に尊厳を与えてくれた
Somehow you needed me   どういう訳か あなたは私を必要としていた

You gave me strength -   あなたは私に強さを与え、
to stand alone again   再び 独りで立てるようにしてくれた
To face the world -   世界と向き合い、
out on my own again   再び 自分の力で外へと向かわせた
You put me high upon a pedestal   あなたは私を高い台座の上に置いた (崇拝した)
So high that I could almost see eternity   まるで私が「永遠」を見渡せるほど高く
You needed me,    あなたは私を必要としていた
you needed me   あなたは私を必要としていた

And I can't believe it's you   私には それがあなただと信じられない
I can't believe it's true   私には それが本当だと信じられない
I needed you -   私は あなたを必要としていた
and you were there   そして (いつも)あなたはそこにいた
And I'll never leave,   私は決して(あなたから)離れない
why should I leave   なぜ私が去らなければならないの
I'd be a fool   (そんなことをすれば)私は愚か者になるでしょう
'Cause I finally found someone -   なぜって 私はついにその人を見つけたから
who really cares   本当に(私を) 気にかけてくれる人を

You held my hand -   あなたは 私の手を握ってくれた
when it was cold   それが冷たかった時に
When I was lost -   私が道に迷った時、
you took me home   あなたは私を 家まで連れて行ってくれた
You gave me hope -   あなたは私に 希望を与えてくれた、
when I was at the end   私がもう最後だと思った時に
And turned my lies -   そして 私の嘘がすぎた時、
back into truth again   また正しい方へと戻してくれた
You even called me "friend"   あなたはそんな私を「友だち」とさえ呼んでくれた

You gave me strength -   あなたは私に強さを与え、
to stand alone again   再び 独りで立てるようにしてくれた
To face the world -   世界と向き合い、
out on my own again   再び 自分の力で外へと向かわせた
You put me high upon a pedestal   あなたは私を高い台座の上に置いた (崇拝した)
So high that I could almost see eternity   まるで私が「永遠」を見渡せるほど高く
You needed me,    あなたは私を必要としていた
you needed me   あなたは私を必要としていた

You needed me,   あなたは私を必要としていた
you needed me   あなたは私を必要としていた
記事編集

テーマ : 洋楽歌詞対訳
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

とってもまろやかで優しい声の持ち主ですね。
この曲は聴いたことがなかったです。
これって結局別れた人への感謝の歌なんでしょうか?
ぼーっと聴いてるとすごく癒されるのですが・・・

解説?の上から4行目。吹き出してしまいました。
クールなギャグに、やられてしまいました。
あー、つらくて、からい。

これもかなり古い歌ですが、昔の曲の方が穏やかで聴いていて落ち着きますね。

私が歌詞を書いた訳ではないので詳しいことは分かりませんが、「You Needed Me」 ―と過去形になっているところが切ない曲です。

アン・マレーはカナダの国民的歌手で、この曲はアメリカでもNo.1 になっていますが、日本での知名度はあまり高くないみたいですね。 それで紹介することにしました。
プロフィール

Sumi Haruo

Author:Sumi Haruo
昨年まで老母の介護をしていました。 古い記事へのコメントも大歓迎です。
※記事へのリンクは自由ですが、対訳はあくまでも私個人の解釈なので、訳詞の転載はお断りいたします。
訳詞を掲載したい場合は、記事へのリンクを貼るという形にして下さい。

全記事タイトル表示リンク

全記事タイトルを表示

カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
FC2カウンター
フリーエリア


累計: 検索エンジン登録
本日: SEO対策
昨日: メール配信

アクセスアップ

Mail Form:メールフォーム

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
電子書籍
Amazonから電子書籍を出版しました
QRコード
QR
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。