スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

155. Beautiful Day ビューティフル・デイ

Beautiful Day ビューティフル・デイ : U2 U2(ユーツー)


Alubm : All That You Can't Leave Behind
  
               オール・ザット・ユー・キャント・リーヴ・ビハインド

Released: 2000
Written by: lyrics by Bono & The Edge, composed by U2
Produced by: Daniel Lanois and Brian Eno
  U2 について:
 U2
 フリー百科事典『ウィキペディア』  

 2000年にリリースされたアルバム All That You Can't Leave Behind
(きみが置き去りに出来ない全てのもの)からのファースト・シングルです。 この曲は本国のアイルランドや英国で1位になったのを始め、カナダ、オーストラリア、オランダなどでも1位となり、翌年のグラミーで3部門を受賞しました。

 80年代はMTV(ミュージック・テレビ)の登場で映像やルックス優先の音楽が氾濫する中で、真っ直ぐに現実を見つめ、矛盾だらけの世の中にストレートな音楽をぶつけていたのがU2でした。 ほとんど唯一の存在だったと言ってよいでしょう。
 90年代に入るとその音楽性も生き方もガラッと変わってしまい、私は段々と聴かなくなってしまったのですが、この曲をラジオで聴いた時には久々にU2らしさが戻ったような気がしました。 アルバムの方も原点回帰や新たなスタートといった評価をされているようです。

 この曲の歌詞は80年代の怒れる若者たちのU2ではなく、大人になったボノによれば 「a man who has lost everything, but finds joy in what he still has」(すべてを失って、それでも彼がまだ持っているものに歓びを見出せる男)の歌ということです。 最近のインタビューによれば、「近代的なクリスマス・ソングと見ることもできる」―とも。
 
 世の中はつらいことや不満だらけで、それで「今日はいい天気だ」―と言われても金も仕事も無い人達の励ましにはならないでしょうが、それでも曲や演奏がいいから聴けてしまいます。 終りの方に入るジ・エッジのギターもカッコいいですしね。 歌詞が判らない人には音が全てですし、そこが音楽の魔力でもあるのでしょう。

 このアルバムからはStuck in a Moment You Can't Get Out Of (スタック・イン・ア・モーメント)がセカンド・シングルとしてリリースされ、アイルランドとオーストラリアで1位となっていますが、この曲は'97年に自殺した友人のマイケル・ハッチェンス(INXSのヴォーカリスト)に捧げられました。 この曲も、今という「瞬間にとらわれて身動きできないでいる」人に対する励ましの歌になっています。
 アルバムではこの2曲が、1曲目・2曲目と続いて始まります。


Beautiful Day 『ビューティフル・デイ』を聴く:
(※自動的に再生が始まらない時は、上にある「PLAY」をクリックして下さい)

  ●歌詞と訳詞●

The heart is a bloom,   心は花で
shoots up through stony ground   石のような地面を突き抜けて芽を出す ※
But there's no room,   でも そこには部屋が無い
no space to rent in this town   この町に 借りられるスペースは無い
You're out of luck   きみは 運にも見放され
and the reason that you had to care,   でも それを気にする分別さえ失くし

The traffic is stuck   交通は渋滞して
and you're not moving anywhere.   きみは どこにも進めない
You thought you'd found a friend   きみは 友だちを見つけたいと思っていた
to take you out of this place   きみを この場所から連れ出してくれる人を
Someone you could lend a hand   誰か きみの手を貸してあげられる人に
in return for grace   善意の お返しをしたいと

It's a beautiful day,   今日は きれいな日だ
the sky falls And you feel like   空が降ってくるような気分だろう
it's a beautiful day,   何て 美しい日だろう
Don't let it get away   それを 逃(のが)さないで ※

You're on the road   きみは 旅の途上にあって ※
but you've got no destination   でも 目的地は見つかっていない
You're in the mud,   きみは ぬかるみの中で(脚をとられる) ※
in the maze of her imagination   彼女の想像力という 迷路の中で ※

You love this town   きみは この町を愛している
even if that doesn't ring true   たとえ 真実と思えないとしても ※
You've been all over   きみはこれまで 至るところに行ったけど
and it's been all over you   でも ずっときみのことを思っていた 

It's a beautiful day,   今日は きれいな日だ
Don't let it get away   それを 逃(のが)さないで
It's a beautiful day,   何て 美しい日だろう

Touch me,    ぼくに触れて
take me to that other place   別の場所へ ぼくを連れて行って
Teach me love,   ぼくに 愛を教えて
I know I'm not a hopeless case   ぼくは 絶望的な状況じゃないことは知ってるさ
    

See the world in green and blue   ごらん 緑と青色の世界を ※
See China right in front of you   見てごらん きみの目の前にある中国を
See the canyons broken by cloud   ごらん 雲の切れ間からのぞく峡谷を
See the tuna fleets clearing the sea out   ごらん マグロ艦隊が海へ出港して行くのを ※

See the bedouin fires at night   ごらん 流浪の民(ジプシー)の焚く 夜のかがり火を ※
See the oil fields at first light   見てごらん 夜明けの油田地帯を ※
See the bird with a leaf in her mouth   ごらん 鳥がクチバシに木の葉をくわえている
After the flood all the colours came out   洪水の後 (虹の)全ての色が現れた時のように ※

It was a beautiful day   それは 美しい日だった
Don't let it get away   それを 逃(のが)さないで
A beautiful day   きれいな日を

Touch me,    ぼくに触れて
take me to that other place   別の場所へ ぼくを連れて行って
Reach me,   ぼくに手を差し延べて
I know I'm not a hopeless case   ぼくは 絶望的な状況じゃないことは知ってるさ

What you don't have, you don't need it now  きみが持ってない物は、今きみが必要としない物
What you don't know, you can feel it somehow  きみが知らないことも、なぜか感じられるもの
What you don't have, you don't need it now  きみが持ってない物は、今きみが必要としない物
You don't need it now   それはきみが今 必要ではないものさ

It was a beautiful day   それは 美しい日だった・・・


※ shoot up :「芽を出す」、「育つ」、「突出する」
※ get away :「~から離れる」、「立ち去る」、「逃げる」
※ on the road :「途上で」、「巡業中で」
※ mud :「泥」、「ぬかるみ」。stick in the mud 「抜き差しならなくなる」
※ maze :「迷路」、「紛糾」、「困惑」
※ ring true :昔は硬貨(金貨や銀貨)を弾いた音で真偽を判断したことから、「本当に思える」
※ all over :(米)「至る所」、「全て終わって」
※ it's (it has) been you :「きみのことを思っていた」
※ See :普通は「~が見える」ですが、この場合は「Look」(見て!)と同じように命令形で「~を見よ」とか「~を参照せよ」という使い方と解釈しました。 そうでないと次の「See China right in front of you」がうまく訳せなくなるのです。 単純な言葉ほど解釈が難しいですね。
※ tuna :ツナ(マグロ)
※ fleet :艦隊
※ clear :「出港する」、「出(入)港許可を得る」、「去る」
※ bedouin :遊牧のアラビア人、流浪の民、ジプシー
※ at first light :夜明けの
※ After the flood :「洪水の後」。この行は創世記の「ノアの洪水」と洪水の後の虹を思わせるし、前の行も洪水の後に飛んだという枝をくわえた鳩(水が引いた証拠)を連想させる。

記事編集

テーマ : 洋楽歌詞対訳
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Sumi Haruo

Author:Sumi Haruo
昨年まで老母の介護をしていました。 古い記事へのコメントも大歓迎です。
※記事へのリンクは自由ですが、対訳はあくまでも私個人の解釈なので、訳詞の転載はお断りいたします。
訳詞を掲載したい場合は、記事へのリンクを貼るという形にして下さい。

全記事タイトル表示リンク

全記事タイトルを表示

カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
FC2カウンター
フリーエリア


累計: 検索エンジン登録
本日: SEO対策
昨日: メール配信

アクセスアップ

Mail Form:メールフォーム

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
電子書籍
Amazonから電子書籍を出版しました
QRコード
QR
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。