スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

150. You're Beautiful ユア・ビューティフル

You're Beautiful ユア・ビューティフル : James Blunt ジェームス・ブラント


Alubm : Back to Bedlam
  バック・トゥ・ベッドラム

Released: 2005
Written by: James Blunt, Sacha Skarbek, Amanda Ghost
Produced by: Tom Rothrock

  ジェームス・ブラントについて:
James Blunt
 フリー百科事典『ウィキペディア』  

 この曲は本国イギリスで1位になったのを始めとして、アメリカやカナダなど世界11カ国でNo.1となり、ジェームス・ブラントの名を一躍有名にしました。 イギリスのあるFM局ではあまりにもリクエストが殺到したため、放送を自粛する騒ぎまで起こったそうです。

 そのためか、「The Sun」という英国タブロイド紙の「the most irritating song of all time」(史上最もイライラさせる曲)で堂々の第1位に選出されたり、「Rolling Stone」の「the 10 most annoying songs」(10の最もムカつく歌)で7位にランクされたり、ジェームス・ブラント本人もイギリスの 「ウザい物トップ100」 というランキングで4位になるなど反発も強まりました。 パロディで有名なアル・ヤンコビックには「You're Pitiful」(哀れな、情けない)というパロディ・ソングまで作られています。 あまりに売れすぎるのも考えものですね・・・

 そうしたことはともかくとして、この歌詞は 「You're beautiful」 というフレーズが何度も繰り返され、日本人でも判りやすいものになっていますが、地下鉄で出会った女性のことを歌っています。 そしてその女性は初対面ではなく元彼女で、既に別の彼氏を連れていました。
 ジェームス・ブラントによるとその女性は Dixie Chassay (映画「ハリー・ポッター」のキャスティング・ディレクター)という実在する人物のようです。 彼女とはロンドンの地下鉄で出会い、それだけのことで何も起こらず、その後も会っていないということでした。

 理解に苦しむのはこの曲のミュージック・ヴィデオで、主人公が崖から海に飛び込む設定になっています。 雪の降る中を歌いながら何枚もシャツを脱ぎ、靴や遺品をキチンと揃えてから海に飛び込むというのはかなり奇妙な設定であり、そうしたこともパロディにされたり嫌われる要因となっているのかもしれません。 個人的には普通にギター抱えて歌ってくれる方が良いのですけどね・・・
 私がYouTube をあまり利用しないのは、歌詞を読むのに動画が妨げになるというだけでなく、動画を観てガッカリすることの方が多いからです。 このPV(プロモーション・ヴィデオ)もその類(たぐい)でした。
 あまりお勧めしませんが、そのPVを観たい方はこちら→ James Blunt - "You're Beautiful"

 この曲には幾つかのヴァージョンがあって、歌詞や長さも違うようです。
短いラジオ・ヴァージョンはこちら: 3:22 (Single Version) 

  You're Beautiful 『ユア・ビューティフル』を聴く: 3:34 (Album Version)
(※自動的に再生が始まらない時は、上にある「PLAY」をクリックして下さい)

  ●歌詞と訳詞●

My life is brilliant.   ぼくの人生は 輝いている

My life is brilliant.   ぼくの人生は 輝いている
My love is pure.   ぼくの愛は 純粋だ
I saw an angel   ぼくは 一人の天使を見た
Of that I'm sure.   それは確かなことだ
She smiled at me on the subway.   彼女はぼくに微笑んだ 地下鉄の中で
She was with another man.   彼女は 別の男と一緒だったけど
But I won't lose no sleep on that night   ぼくは今夜眠れなくても 構わない ※
'Cause I've got a plan.   なぜってぼくには あるプラン(計画)があるから ※

You're beautiful,   きみは美しい
You're beautiful,   きみはきれいだ
You're beautiful, it's true.   きみは美しい、それは本当さ
I saw your face in a crowded place,   ぼくはきみの顔を見た 混雑した場所で
And I don't know what to do   でもぼくは どうしていいのか判らない
'Cause I'll never be with you.   だって ぼくはきみと一緒には なれないから

Yes, she caught my eye   そう、彼女はぼくの目を惹きつけた
As I walked on by.   ぼくが行き過ぎる時に
She could see from my face   彼女は ぼくの顔つきから判ったはず
that I was flying high,   ぼくが 舞い上がっていたことを
And I don't think   でも ぼくには思えなかった
that I'll see her again,   また彼女に逢えることは
But we shared a moment   でも ぼくらはその瞬間を分け合ったんだ
that will last 'til the end.   終りまで続いた その時を ※

You're beautiful,   きみは美しい
You're beautiful,   きみはきれいだ
You're beautiful, it's true.   きみは美しい、それは本当さ
I saw your face in a crowded place,   ぼくはあなたの顔を見た 混雑した場所で
And I don't know what to do   でもぼくは どうしていいのか判らない
'Cause I'll never be with you.   だって ぼくはきみと一緒にはなれないから

Dalalalala Dalalalala Dalalalala Dalalalala Daha...

You're beautiful,   きみは美しい
You're beautiful,   きみはきれいだ
You're beautiful, it's true.   きみは美しい、それは本当さ
There must be an angel   天使がいるに違いない
With a smile on her face   彼女の 微笑みの中に
When she thought up    彼女が こう考えた時に ※
that I should be with you,   ぼくが きみと一緒になるべきだって

But it's time to face the truth.   でも 現実と向き合う時が来たようだ
I will never be with you.   ぼくは決して きみと一緒には なれないだろうから・・・


※ last :この場合は「続く」や「継続する」
※ I won't lose :直訳すると「負けたくない」
※ a plan :歌詞には書かれていませんが、ミュージック・ヴィデオではこの男、これから海に飛び込み自殺する計画(プラン)があるようです。
※ thought up :「think up」の過去形で、「考案する」、「考え出す」
※ face the truth :直訳すると「真実と向き合う」 
記事編集

テーマ : 洋楽歌詞対訳
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Sumi Haruo

Author:Sumi Haruo
昨年まで老母の介護をしていました。 古い記事へのコメントも大歓迎です。
※記事へのリンクは自由ですが、対訳はあくまでも私個人の解釈なので、訳詞の転載はお断りいたします。
訳詞を掲載したい場合は、記事へのリンクを貼るという形にして下さい。

全記事タイトル表示リンク

全記事タイトルを表示

カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
FC2カウンター
フリーエリア


累計: 検索エンジン登録
本日: SEO対策
昨日: メール配信

アクセスアップ

Mail Form:メールフォーム

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
電子書籍
Amazonから電子書籍を出版しました
QRコード
QR
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。