120. Owner of a Lonely Heart ロンリー・ハート

Owner of a Lonely Heart ロンリー・ハート : Yes イエス

 「イエス」にとって最初で最後の全米No.1 ヒットとなった曲で、イエスやプログレッシブ・ロックを知らない人でもこの曲は聴いたことがあるでしょう。


Alubm : 90125 [Import]
90125
  ロンリー・ハート
ロンリー・ハート
(試聴可)
Released: 1983
Written by: J. Anderson / T. Horn / T. Rabin / C. Squire
Produced by: Trevor Horn (トレヴァー・ホーン)

  イエス (バンド) について:
White, Howe, Wakeman, Squire , Anderson
※70年代後半のメンバー (流動的)
 フリー百科事典『ウィキペディア』  

 70年代前半にプログレッシブ・ロックの雄としてClose to the Edge
(邦題:危機:1972年)のようなアルバム(LP1枚に3曲しか入っていない)を作っていたイエスですが、70年代後半になるとパンク・ロックやニュー・ウェイヴといった新しい音楽が台頭してきて変革を余儀なくされ、70年代の終わり頃には中心人物のジョン・アンダーソン(ヴォーカル)とリック・ウェイクマン(キーボード)が脱退してしまいます。
 80年代に入りほぼ解散状態にあった中で、スティーヴ・ハウとジェフリー・ダウンズの二人は新しいバンド「エイジア」を結成し、1982年にリリースしたファースト・アルバムはイエスを上回る大成功を収めました。

 イエスの方はその後様々な紆余曲折を経て1983年にリリースされたアルバム 90125
90125
(ただのレコードの品番)は、残りのメンバーに新しく加わったメンバーが「シネマ」という新グループ名でレコーディングしていたところへ、要請を受けたヴォーカルのジョン・アンダーソンが復帰して完成されたというややこしい経緯(いきさつ)があります。

 このポップとも言えるサウンドは70年代のイエスとは大きく異なり、古くからのファンの中には否定する人たちもいるのですが、少なくとも商業的な成功は収め、80年代でも充分通用するところを証明してみせました。 現在でもラジオから流れるのはこの曲くらいですし、この曲がキッカケとなってイエスを聴く人が増えるとすれば、そのまま時代に埋もれてしまうよりはずっと良いことかもしれません。

●再結成メンバー:
Jon Anderson: vocals
Tony Kaye: keyboards
Trevor Rabin: guitars, keyboards
Chris Squire: bass guitars
Alan White: drums, percussion

Grooveshark で Owner of a Lonely Heart 『ロンリー・ハート』を聴く: (4:31)
●歌詞と訳詞●

Move yourself   自分自身で 動こう
You always live your life   人はいつでも 自分の人生を生きるべきだ
Never thinking of the future   将来のことなど 考えていないで
Prove yourself   自分自身を 証明しよう
You are the move you make   人の行動は その人自身が作り出すべきだ
Take your chances    チャンスをつかむんだ
win or lose her   勝つにせよ、彼女(勝利の女神)を逃(のが)すにせよ

See yourself   自分自身(の目)で 見よう
You are the steps you take   人の歩みは その人(自身)が踏み出すもの
You and you - and that's the only way   きみも きみも、それが唯一の方法だ

Shake, shake yourself   シェイクしろ、自分自身を揺り動かせ
You're every move you make   人の全ての行動は その人(自身)が作り出すもの
So the story goes   そうすれば (人生の)物語は(自ずと)作られて行くだろう

(Chorus)
Owner of a lonely heart   さびしい心の持ち主は
Owner of a lonely heart    孤独な心の持ち主は
(Much better than - a)   (~よりは ずっといい)
Owner of a broken heart   傷ついた心の持ち主よりも(ずっといい)
Owner of a lonely heart   さびしい心の持ち主は

Say you don't want to chance it   きみは もうチャンスなんか要らない って言う
You've been hurt so before   きみはこれまで それほど傷ついてきたから

Watch it now   今 それを見つめるんだ
The eagle in the sky   空に浮かんでいる 鷲を
How he dancin' one and only   唯一の存在として (悠然と)舞っている姿を   
You lose yourself   きみは 自分自身を見失っている
No, not for pity's sake   「後生だから」、 なんて言わないで ※   
There's no real reason to be lonely   孤独でいることに 理由なんてないんだ
Be yourself   きみ自身であれ
Give your free will a chance   きみの自由(な心)に チャンスを与えて
You've got to want to succeed   きみは 成功したいと望むんだ

(Chorus)
Owner of a lonely heart   さびしい心の持ち主は
Owner of a lonely heart    孤独な心の持ち主は
(Much better than - a)   (~よりは ずっといい)
Owner of a broken heart   傷ついた心の持ち主よりも(ずっといい)
Owner of a lonely heart   さびしい心の持ち主は

(Owner of a lonely heart)    (孤独な心の持ち主は)

After my own indecision   自分自身の 優柔不断さに従うことは ※
They confused me so   とても ぼくを混乱させた
My love said   ぼくの 恋人は言った
never question your will at all   あなたの意思を 決して疑わないで、と ※
In the end you've got to go   結局 人は進まなければならない ※
Look before you leap   「転ばぬ先の杖」を(携えて) ※
And don't you hesitate at all   そして ためらったりしないで ※
- no no   ノー、ノー

(間奏)

(Chorus)
Owner of a lonely heart   さびしい心の持ち主は
Owner of a lonely heart    孤独な心の持ち主は
(Much better than - a)   (~よりは ずっといい)
Owner of a broken heart   傷ついた心の持ち主よりも(ずっといい)
Owner of a lonely heart   さびしい心の持ち主は

Owner of a lonely heart   さびしい心の持ち主は
Owner of a lonely heart    孤独な心の持ち主は
(Much better than - a)   (~よりは ずっといい)
Owner of a broken heart   傷ついた心の持ち主よりも(ずっといい)
Owner of a lonely heart   さびしい心の持ち主は

(Owner of a lonely heart)    (孤独な心の持ち主は)

Sooner or later each conclusion   遅かれ早かれ いずれかの結果が ※
Will decide the lonely heart   ロンリー・ハート(孤独な心)を 決定するだろう

It will excite   それはエキサイト(気持ちが高揚)するものかもしれないし
It will delight   それはディライト(歓ばせる)ものかもしれないし
It will give a better start   より良いスタートを させるものかもしれない

Don't deceive your free will at all   きみの自由(な心)を だまさないで ※
Don't deceive your free will at all   きみの自由(な心)を 惑(まど)わさないで
Don't deceive your free will at all   きみの自由(な心)を だまさないで
Just receive it...   ただそれを 受け止めるんだ・・・


※ for pity's sake :「後生だから」
※ indecision :「優柔不断」(はっきりと決められない態度)
※ at all :(否定文に使う場合)「少しも(…でない)」
※ Look before you leap :「転ばぬ先の杖」(ことわざ)
※ In the end :「結局」、「ついに」
※ hesitate :「ためらう」、「躊躇(ちゅうちょ)する」
※ conclusion :「結果」、「結論」
※ deceive :「だます」、「惑わす」

記事編集

テーマ : 洋楽歌詞対訳
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

ラジオ日本、全米トップ40を思い出しますね☆

こんにちは。サビの部分のハモりが完全無比なサウンドに渋いアクセントをつけてますね。シングルヒットよりもアルバム、ライブ志向(のような印象)のイエスが大衆ファンもガッチリ掴んだ‘ロンリー・ハート’は80年代屈指の名曲なのは言わずもがなでしょう。

Re: ラジオ日本、全米トップ40を思い出しますね☆

久しぶりにこの曲を聴いて随分と懐かしい気がしましたが、もう32年も経つのですね。
歳をとるはずで、私は当時の事を思い出しました。
プロフィール

Sumi Haruo

Author:Sumi Haruo
昨年まで老母の介護をしていました。 古い記事へのコメントも大歓迎です。
※記事へのリンクは自由ですが、対訳はあくまでも私個人の解釈なので、訳詞の転載はお断りいたします。
訳詞を掲載したい場合は、記事へのリンクを貼るという形にして下さい。

全記事タイトル表示リンク

全記事タイトルを表示

カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
FC2カウンター
フリーエリア


累計: 検索エンジン登録
本日: SEO対策
昨日: メール配信

アクセスアップ

Mail Form:メールフォーム

リンク
電子書籍
Amazonから電子書籍を出版しました
QRコード
QR
RSSリンクの表示