113. Against the Wind アゲインスト・ザ・ウィンド 

Against the Wind アゲインスト・ザ・ウィンド : 
        Bob Seger & The Silver Bullet Band ボブ・シーガー&ザ・シルバー・バレット・バンド


(German cover)
Alubm : Against the Wind
Against the Wind
  Greatest Hits
Greatest Hits

Released: 1980
Written by: Bob Seger
Produced by: Punch Andrews, Steve Melton,
Muscle Shoals Rhythm Section, Bob Seger, Bill Szymczyk
     Bob Seger :
Bob Seger
 From Wikipedia, the free encyclopedia 

 ボブ・シーガー1980年のヒット曲(アメリカ5位、カナダ6位)にして、今でも一番人気のあるのがこの曲です。 この曲が収められている同名アルバムはアメリカのアルバム・チャートで初めて1位に輝き、翌年のグラミー賞では「Best Rock Performance」と「Best Recording Package」(要するにジャケット賞)を獲得しています。

 ボブ・シーガーは'60年代から音楽活動をしていますがパッとせず、1971年からはソロとしてレコードを出していて、1974年からはシルバー・バレット(銀の銃弾)・バンド名義で活動しています。 骨太なロックンロールをやっていますが悪く言えば新しさは無く、髭(ひげ)に長髪と悪く言えばホームレスみたいなルックスだったので(過去形)、日本では知名度も人気もありません。 国内版CDの少なさが、如実にそれを物語っています。
 でも、歳をとっても走り続けている男の歌として同世代の人は共感できるでしょうし、大好きな曲なので紹介することにしました。

 1976年に発表したアルバム Night Moves
からタイトル・チューンの 「Night Moves」 (邦題:「ナイト・ムーヴス」)が全米4位、カナダで5位のヒットを記録し、アルバムもアメリカのチャートで8位になり、やっとブレイクしました。

 1978年のアルバム Stranger in Town
からは 「Still the Same」(邦題:「裏切りのゲーム」)がアメリカとカナダで4位のヒットとなり、バラードの 「We've Got Tonight」(邦題:「愛・ひととき」)もヒットして、アルバムもチャートで4位になりました。

 そして1980年にこの曲と、同名タイトルのアルバムが大ヒットして、それ以降も時々アルバムを発表してヒット曲も生まれています。
 他にも1979年イーグルス末期のヒット曲 「Heartache Tonight」 でもソング・ライティングに 「Don Henley, Glenn Frey, Bob Seger , J. D. Souther」 ―とボブ・シーガーの名前がクレジットされていますし、どちらもプロデューサーに Bill Szymczyk (ビル・シムジク)が絡んでいます。
 1987年には 「Beverly Hills Cop II」(ビバリーヒルズ・コップ2)という映画のサウンドトラックに 「Shakedown」(シェイクダウン)が使われて、アメリカとイギリスとカナダでそれぞれ1位のヒットを記録しています。 全然ボブ・シーガーらしくないですけどね・・・

The Silver Bullet Band● (ザ・シルバー・バレット・バンド)

* Bob Seger - guitar, vocals, background vocals
* Drew Abbott - guitar
* Alto Reed - horn, saxophone
* Chris Campbell - bass
* David Teegarden - percussion, drums

※Grooveshark では現在ボブ・シーガーが聴けなくなっているので、YouTube から探してきました。

   ●歌詞と訳詞●

It seems like yesterday   それはまるで 昨日のことのようで
But it was long ago   でも (実際には)ずっと以前のことだけれど
Janie was lovely   ジェニーは 美しく
She was the queen of my nights   彼女は俺の 夜の女王だった
There in the darkness   暗闇の中
With the radio playing low   ラジオが 静かに流れる中で

And the secrets that we shared   俺たちが分かち合った 幾つもの秘密
The mountains that we moved   俺たちは 山でも動かせるほどの (情熱で愛し合い)
Caught like a wildfire out of control   ちょうど手に負えない山火事に 包まれたように
Till there was nothing left to burn   後には何も残らないほど (激しく)燃えて   
And nothing left to prove   後にはそれを 証明するものさえ残らないほどだった

And I remember   そして 俺は思い出す
What she said to me   彼女が 俺に言ったことを
How she swore   彼女が どんな風に誓ったか ※
What it never would end   それ(この愛)が決して 終わることはないと   
I remember how she held me   彼女がどれほど 俺を抱きしめたかを 覚えている
Oh, so tight   あぁ、とても強く
Wish I didn't know now  できれば今知ってることを 知らずにいたら良かったのに
What I didn't know then   俺がそれまで 知らずにいたことを

Against the wind   風に向かい
We were running   俺たちは 駆けてきた
Against the wind   向かい風に 逆らいながら
We were young and strong   俺たちは 若くて力強かった
We were running   俺たちは 駆け続けてきたんだ
Against the wind   逆風に 向かいながら


And the years rolled slowly past   そして年月(としつき)は ゆっくりと流れ
And I found myself alone   俺は自分が 一人きりなのに気付き
Surrounded by strangers   (いつしか)見知らぬ人たちに囲まれていた
I thought were my friends   (それは) 俺が今まで友だちだと思っていたもの
I found myself further   更に俺は 自分自身に気付く
And further from my home   家からは はるか遠く離れ

And I guess I lost my way   どうやら俺は 自分の道を見失ってしまったようだ
There were (oh) so many roads   あぁ、そこには何て 多くの道があることだろう
I was living to run   俺は 走るために生きてきたのに
And running to live   (今では)生きるために 走っているんだ
Never worried about paying   支払いのことなどで 思い悩んだことはなく
Or even how much I owed   自分の持ち物が どれほどあるかも 気にしなかった

Moving eight miles a minute   8マイル(の距離)を 1分間で走破する ※
For months at a time   何ヶ月も 同じペースで
Breaking all of the rules   あらゆるルール(規則)を破ってきた
That would bend   従うべき(ルールの)中で
I began to find myself searchin'   俺は自分自身を探していることに 気付き始めた
Searching for shelter   シェルター(隠れ家)を探していたんだ
Again and again   何度も 繰り返し

Against the wind   風に 向かいながら
A little something   小さな 何かを
Against the wind   風に 逆らいながら
I found myself seeking shelter   俺は自分のシェルターを 探しているのに気が付いた
Against the wind   風に 向かいながら

(間奏) [Paul Harris : Organ and Piano]

Well, those drifters' days   さすらいの日々は ※   
Are past me now   今では 過ぎ去ったものとなり
I've got so much more to think about   俺は多くのことについて 考えるようになった
Deadlines and commitments   越えてはならないことや (社会との)約束事などについて
What to leave in   何を残しておくべきか
What to leave out   そして 何を捨て去るべきかを

Against the wind   風に向かって
I'm still runnin'    俺はまだ 走り続けている
Against the wind   風に逆らって

I'm older now    俺は 歳をとってしまったけれど
But still running   でもまだ 駆け続けている
Against the wind   風に向かいながら

Well, I'm older now   そう、俺は今では 年をとってしまったけれど
And I'm still running   でも俺は まだ走り続けているんだ

Against the wind   風に向かいながら
Against the wind   風に逆らいながら
Against the wind   風に向かいながら

I'm still runnin'    俺はまだ 走り続けている
Against the wind   風に向かいながら

I'm still runnin'    俺はまだ 走り続けている
Against the wind   風に向かいながら

Against the wind   風に向かいながら
I'm still runnin'    俺はまだ 走り続けている
Against the wind...   風に向かいながら・・・ (以下、繰り返し)


※ swore :swear (誓う)の過去形。
※ drifter :ドリフターは「放浪者」や「さすらう人」
※ eight miles a minute :1マイルは約1.6km.だから、時速に直すと768km/h ということになる。 かなり大袈裟な表現。
記事編集

テーマ : 洋楽歌詞対訳
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

はじめまして!
感激です!
古いCDは国内盤が廃盤になってたりするので対訳がなくて困ります(-o-;)
新しい発見ができて嬉しいです◎
これからも宜しくお願いします!!

PET J さん、こんにちは。 初めまして。
この歌を知っているということは、ある程度歳を重ねられた方ということでしょうか。
今日久々に自分でも聴いてみましたが、やはり良い曲ですね。

このブログは立ち読みばかりで全然コメントが付かないので、そろそろ止めようかなと思っていたのですが、反応があるともう少し続けてみようという気にもなってきます。
コメントありがとうございました。
もしブログをやっているのであれば、次回はURLも記載していただければこちらからも訪問いたします。

そうでしたか~
本当良い曲ばかりで内容も詳しく親切なので そのうちコメントも増えるのではないでしょうか!
(*^_^*)
楽しみにしてます
↑って勝手ですよね(笑)
ちなみに僕は若くないです~
でもボブはリアルタイムでは聴いてないですね
シェイクダウン~の頃にやっと子供でした
そんな年齢です(笑)
一応アメブロはやってますが適当な感じです
PET Jで検索すると出てきます
それでは また来ます~
(^O^)/

そうですね。 その内コメントが増えてくれることを期待しましょう。
 
洋楽が好きでこうしたブログを始めましたが、やはり反応があるのと無いのとではやる気が違うので、読んでくれる人がいるならのんびり続けてみようと思います。

なるべく幅広く色んな洋楽を取り上げてきたつもりでしたが、「タグ」を見るとあまり好きではなかったはずの80年代の洋楽が一番多いという結果になってしまいました。
この曲も1980年のヒットですね・・・

ありがとうございます。

はじめておうかがいしました。
素晴らしいブログですね。
事後でもうしわけありませんが、
自分も洋楽が大好きで、
ブログに歌詞を転載させていただきました。
ありがとうございます。
今後ともよろしくお願いします。

sarno さん、こんにちは

ブログで歌詞を紹介されるのは構いませんが、対訳の方は私が勝手に訳したものなので、リンク程度にしておく方が無難かと思います。
中には誤訳している箇所があるかも知れませんので、転載される場合はご自分の責任において掲載して下さい。
―というのも、時々訳した歌詞にケチが付くことがあるからです。

270曲もあると全部を読み返す訳にも行きませんが、この歌詞の訳も今読んでみたら少し手直ししたくなってきました。

心と波動です。

素晴らしい訳だと思います。
心と波動のようなものが伝わってきます。
ありがとうございました、
今後ともよろしくお願いします。
リンクもさせていただいています。
あしからず、重ねてありがとうございます。

No title

はじめまして。
この曲いいですよね。
なつかしかったです。
ありがとうございました。
 
 このほかオールドタイムロックンロールも好きです。
確かアメリカのジュークボックスで一番たくさんかかった曲の記録を持っているはずです。

淀川ウィンターさん、こんにちは

はじめまして。
この曲は今でも好きな曲の一つですが、ボブ・シーガーはなぜか日本では人気が無いので採り上げてみました。

ところで今調べたら、Grooveshark ではボブ・シーガーが聴けなくなっていましたね。 代わりにYouTube から探してきました。 時々チェックしないとリンク切れになっている曲があるので困ります。

"Old Time Rock'n Roll" へのリンクはこちら。
http://www.youtube.com/watch?v=w70McARIKuw&feature=related

コメントありがとうございました。

No title

曲の翻訳をさがしたらこちらに来ました。

なんとなく思ってたような内容で安心しました。

コーラスがイーグルスっぽいですね。

逆にあちらにはボブシーガーっぽいハートエイクトナイトがあります。

参考になりました。

bariwha さん、こんにちは

最近この曲に対するコメントがありますが、TVか何かで使われているのでしょうか?

イーグルスの「Heartache Tonight」は作曲にボブ・シーガーの名前もクレジットされていますから、当然似たところはあると思います。

対訳が参考になったのでしたら何よりでした。
コメントありがとうございます。

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
プロフィール

Sumi Haruo

Author:Sumi Haruo
昨年まで老母の介護をしていました。 古い記事へのコメントも大歓迎です。
※記事へのリンクは自由ですが、対訳はあくまでも私個人の解釈なので、訳詞の転載はお断りいたします。
訳詞を掲載したい場合は、記事へのリンクを貼るという形にして下さい。

全記事タイトル表示リンク

全記事タイトルを表示

カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
FC2カウンター
フリーエリア


累計: 検索エンジン登録
本日: SEO対策
昨日: メール配信

アクセスアップ

Mail Form:メールフォーム

リンク
電子書籍
Amazonから電子書籍を出版しました
QRコード
QR
RSSリンクの表示