112. Of Missing Persons オブ・ミッシング・パーソンズ

Of Missing Persons オブ・ミッシング・パーソンズ Jackson Browne ジャクソン・ブラウン


Hold Out
Alubm : Hold Out
Hold Out
  ホールド・アウト
ホールド・アウト
 (試聴可)
Released: 1980
Written by: Jackson Browne (ジャクソン・ブラウン)
Produced by: Jackson Browne, Greg Ladanyi (グレッグ・ラダニーイ)

  ジャクソン・ブラウンについて:
 Jackson Browne
 フリー百科事典『ウィキペディア』  

 ジャクソン・ブラウンにとって通算6枚目のアルバムからの選曲ですが、この曲はシングル・カットされていませんし、ベスト版にも収録されていないものです。 6分34秒と長い曲でシングル・レコードに収まりきれないということもあったでしょうが、とても好きな曲なので取り上げてみました。

 この曲が入っているアルバム「ホールド・アウト」は賛否が分かれていて、貶(けな)す人もいますが私は大好きで、特にあの頃はこのレコードのB面ばかり聴いておりました。 ジャクソン・ブラウンにとっては唯一アルバム・チャートで1位になったレコードでもあります。
 このアルバムには David Lindley (デヴィッド・リンドレー)がギターで参加していて、私はこの人のギター聴きたさにジャクソン・ブラウンを聴いていたこともあったくらいです。 「Mr.Dave」 (デイヴさん)も自分のアルバムなどで忙しくなってしまったのか、このアルバム以降では参加していませんが・・・

 この曲はジャクソン・ブラウンより三つ年上の友人で、曲作りでも協力してきた リトル・フィート の中心的メンバー Lowell George (ローウェル・ジョージ:1979年死去・享年34歳)のことを歌っていて、その後に残された幼い娘 Inara George (当時まだ5歳)のために書かれました。
 ローウェル・ジョージの死から一月後、残された家族のためのベネフィット(慈善)コンサートが8月4日に行われ、リトル・フィートを始めジャクソン・ブラウン、リンダ・ロンスタッド、ボニー・レイットらが集まりました。 そしてこの曲の印税は、まだ幼かった娘の Inara George のものになるようにしたとか・・・(美談)。 成長した彼女はその後、「The Bird and the Bee」というバンドのメンバーとして音楽活動をしているようです。
 彼の死後には、同じく息子の Luke George (ルーク・ジョージ)が遺(のこ)されました。

 ローウェル・ジョージはソロとしてのツアー中にワシントンD.C. (首都)のホテルで亡くなりました。 長年にわたる麻薬中毒であったことから警察による捜査が行われますが薬物や器具は発見されず、死因は心臓発作ということになっています。 彼の遺体はワシントンD.C. で荼毘(だび:火葬)に付され、遺灰は飛行機でロサンゼルスに戻り、それから彼の釣り船で太平洋上にまかれました。
 この曲のタイトルは、リトル・フィートの Long Distance Love という歌の一節から採られています。

 この歌詞のコーラスの部分は、一行の終りの単語が「fourth」、「south」、「north」、「birth」、「worth」―と語尾が「th」の発音で韻を踏んでいます。 意味を知らずに聴いていても、何となくリズミカルに聴こえる曲には、歌詞にそうした工夫が隠されているものです。


Jackson Browne –Piano, Electric guitar, Vocals
David Lindley – Electric guitar, Lap steel guitar
Bill Payne – Organ
Russ Kunkel – Drums
Bob Glaub – Bass
  Backing vocals – Doug Haywood, Rosemary Butler

Of Missing Persons 『オブ・ミッシング・パーソンズ』を聴く:

  ●歌詞と訳詞●

Your father was a rounder   きみの父さんは 一つのことしかできない人で ※
He played that rock and roll   ロックンロールをプレイ(演奏)していた
A leaper and a bounder   向こう見ずで 元気なやつで ※
Down to his gypsy soul   (心の)底まで ジプシー・ソウル(魂)のかたまりだった
The music was his angel   音楽は 彼のエンジェル(天使)であり
And sorrow was his star   悲しみは 彼の(導きの)星だった
And those of us who follow   ぼくらの中で 彼の後に続く者は
Might hope to reach as far   それと同じくらい遠くへ行こうと 望むかもしれない

(They're) walking slow in Houston  彼ら(のバンド)は ヒューストンではゆっくり歩き
Speechless in D.C.   (首都ワシントン)D.C. では 言葉も無かった ※
(There's) no way I could tell you   きみに語る言葉が 見つからないくらいだ
What he meant to me   彼がぼくにとって どれくらい(重要な)意味を持っていたかを

Your mother's a survivor   きみの母さんは (一人)生き残った
She'll do what must be done   彼女は しなければならないことを するだろう
Her children will revive her   その子供たちは 彼女をよみがえらせて
And help her see the sun   太陽を仰ぎ見る 手助けをした (寝込んでいたのかも)   
She almost knew that unison   彼女は ユニゾン(※)をほとんど知っていたけど
But the singing stopped too soon   でもその歌は あまりにも早く やんでしまった
Now she shares the silence   いま彼女は 静けさを分け合っている
With a man up in the moon   月の中にいる 一人の男と共に ※

To speak of missing persons   いなくなった人々のことを 語ろう
Tonight there's only one   今宵 その中の ただ一人のことを
And we all carry with us   そしてぼくらは 一緒に携(たずさ)えて行こう
What the man's begun   その人が 始めたことを

And you can sing this song   きみはこの歌を 歌うことができる
On July the Fourth   7月4日という(特別の)日に (アメリカの独立記念日)※
In the sunny south   太陽の輝く 南の地でも
And the frozen north   そして 凍てつく北の地であっても
It's a day of loss   それは (彼を)失くした日であり
It's your day of birth   きみの (新たな)誕生日でもありえる
Does it take a death to learn  それを学ぶには 「死」というものが必要なのか?
what a life is worth ?   「人生にどれだけの価値があるか」ということを

Your brothers are all older   きみの兄さんたちは みんな大きくなったけど
And they'll take it in their stride  彼らは困難を (自分で)切り抜けて行けるだろう
The world's a little colder   この世界は 少し冷たくなっているけれど
But manhood's on their side   でも彼らは 人間らしさを失わずにいる
Now you're the little girl child   きみはまだ ほんの小さな(5歳の)女の子だけど ※
And you look so much like him   きみはとても 彼(父親)に似ているね
And he's right there inside you   彼はいつも きみの心の中にいるんだ
Each time you want to sing   きみが 歌いたい時にはいつでも

Sing of missing persons   いなくなった人たちのことを 歌おう
Tonight there's only one   今宵 その中の ただ一人のことを
But he's where you can find him   彼はいつでも すぐ見つかるところにいるのだから
when it's said and done   それ(彼のこと)を語ったり 行なったりする時には(いつも)

And we will sing this song   そしてぼくたちは この歌を歌おう
On July the Fourth   7月4日という(特別の)日に
From the sunny south   太陽の輝く 南の地でも
And the frozen north   そして 凍てつく北の地でも
This will always be   それが いつであっても
Your day of birth   きみの(新しい)誕生日なんだ
May you always see   きみがいつでも それが判るようになると良いけど
What your life is worth   きみの人生に どれだけの価値があるかということを

(間奏) [Guitar Solo : David Lindley (デヴィッド・リンドレー)]

And you can sing this song   そして きみはこの歌を 歌うことができる
On July the Fourth   7月4日という(特別の)日に
On the sunny south   太陽の輝く 南の地でも
And the frozen north   凍てつく北の地であっても
It's a day of loss   それは(彼を) 失くした日であると同時に
It's your day of birth   きみが(新しく) 生まれる日でもあり得るんだ


※ a rounder : 「all rounder」なら「万能選手」だが、ここではその反対の単細胞人間としておいた。 米語では「ごろつき」、「のんだくれ」、「道楽者」ともっと悪い意味もある。 ローウェル・ジョージは麻薬中毒者でもあった。
※ A leaper and a bounder :「a leap in the dark」 というと「向こう見ずの行動」という意味になり、「by leaps and bounds」 で「とんとん拍子に」とか「急速に」という意味にもなるので、そうした言葉から来ているものと思われる。
※ Speechless in D.C. :ローウェル・ジョージは1979年にリトル・フィートを離れてソロ・ツアーを開始し、ワシントンD.C.のホテルで亡くなっている。 D.C.は首都のことですが、西にあるワシントン州と区別するために付けています。
※ unison:(音楽)「斉奏」、「調和」、「同調」
※ a man up in the moon :欧米では、月の中に男の顔があると見えるらしい。 イバラを持ち、犬を連れた男とか・・・
※ July the Fourth :7月4日はアメリカの独立記念日で、アメリカ人にとって最大のお祭でもある。
※ the little girl child :亡くなったローウェル・ジョージの娘「Inara George」は、当時まだ5歳だった。

記事編集

テーマ : 洋楽歌詞対訳
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

こんばんは。
ジャクソン・ブラウンの『Hold Out』は彼にとって新しいファンを獲得した1枚と言えそうです。そして、たぶん「I Love You」という歌詞が出て来るのも始めと言っていいくらい珍しいことでした。
この「Of Missing Persons」を歌詞を眺めながら聴いていると、ローウェル・ジョージのことを一番理解していたアーティストはジャクソン・ブラウンに他ならないような気がします。

Backstreets さん、こんにちは。

「Hold Out」は従来のファンからは否定的な意見も出ていたみたいですが、私は良く聴いていました。
その後ブルース・スプリングスティーンの影響もあってどんどんロック寄りになって行きましたが、ボブ・ディラン同様変化して行く人は旧来のファンが離れる代わりに新しいファン層を獲得するものです。
私は変化を恐れない人の方が好きですけど。

この曲はシングルにはならかなったし、ヒットもしていませんけど、大好きな曲なので取り上げてみました。 こうしたマイナーな曲の記事にコメントが付いてくれるとうれしいです。

No title

 はじめまして こんばんわ。
 ひょいなことから 2~3日前からファンに・・・・ブラウンのことがもっと知りたくて来ました。

 よろしくお願いします。
 
 介護たいへんですね。がんばってください。

Re: No title

初めまして。

介護は昨年終りましたが最近は仕事の方が忙しくてブログの方はサボっておりますので、記事にコメントが付くとは思いませんでした。
このジャクソン・ブラウンの古い記事は6年くらい前に書いたものですが、今でも7月の独立記念日が近づくと聴きたくなります。
今日は記事を開いたついでに久しぶりに聴いてみましたが、やっぱり良いですね。

コメント、どうもありがとうございました。
プロフィール

Sumi Haruo

Author:Sumi Haruo
昨年まで老母の介護をしていました。 古い記事へのコメントも大歓迎です。
※記事へのリンクは自由ですが、対訳はあくまでも私個人の解釈なので、訳詞の転載はお断りいたします。
訳詞を掲載したい場合は、記事へのリンクを貼るという形にして下さい。

全記事タイトル表示リンク

全記事タイトルを表示

カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
FC2カウンター
フリーエリア


累計: 検索エンジン登録
本日: SEO対策
昨日: メール配信

アクセスアップ

Mail Form:メールフォーム

リンク
電子書籍
Amazonから電子書籍を出版しました
QRコード
QR
RSSリンクの表示